りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

恵那 寿や

あらら。
4月に頂いたのUPしてなかった…

友人と滋賀で食事した際に頂いた、栗納豆

実はこの日まで、早出・残業が続き3週休みなしでお仕事。
愉しかった食事の後も3週休みなしで相変わらずの貧乏暇なし(笑

疲れ切った身体に、甘~ぃお菓子が癒してくれました。
栗納豆 (2)
甘納豆の栗バージョンって栗の産地ならではですね。

栗に蜜を漬け込んだ手間のかかるお菓子だそうで。
栗納豆
しっとり蜜の甘さが浸かり、和栗のホクホクした食感はそのまま。
自然な甘さって身体が喜ぶのよね。

日本茶でと言いたいところでしたが、苦い珈琲のお供に。

御馳走さま!


スポンサーサイト

PageTop

華なり

去年の9月にお邪魔してからなので3ヵ月ぶりの再訪問。

前回同様この日も岐阜の瑞浪で囲炉裏を囲んで食事することになり
モーニングを戴きにやってきました。
電車に揺られること1時間半で珈琲茶房 華なりさんへ到着。
外観 P1180302.jpg
素敵な笑顔でママさんが迎えてくれました。
この日は右側のカウンター席に落ち着くことに。
目の前にはずらりと並ぶ素敵なCapを選んで、この日も限定モーニングを注文。
モーニング
荻原さんの炭火焙煎が戴けるので愉しみにしていました。
所作を眺めると豆を蒸らし膨らませた後は一気に淹れる感じ。
この日はブレンドを戴きましたが、澄んだ芳ばしい香りが印象的。
20101014234720641.jpg 201010142355356fb.jpg 20101014235536539.jpg
上の写真は、10月にお邪魔した時に注文したスペシャルブレンド、マンデリン、季節限定の究極のアイスコーヒー。
カップが選べるのって嬉しい。

途中、友人達も合流してママさんを交えて和気藹々。
何気に小窓を眺めると僕以外にもお腹を空かせた方が外でモーニングにやってきました。
2011 1月 朝食へ
田園風景に馴染んでまるで絵を眺めるかのよう。
僕同様、満足げに食事したあとは寒空へ飛び立ちました。
2011 1月 行儀よく 2011 1月 お腹一杯
馴染みの友人の言葉を借りますが、美味しい珈琲、美味しいカレーに注目を浴びがちですが
温かいママさんの人柄が店の雰囲気にも表れ、魅了されるお客さんが多いと思います。
僕もその一人になりました。


店名     珈琲茶房 華なり
TEL     0574-62-7101
営業時間 9:00~19:00(LO:18:00)
定休日 毎木曜日
席数 17席 (カウンター11席、別室6席)
駐車場 有
ホームページ http://hannari1212.com

PageTop

華なり

岐阜の瑞浪で囲炉裏を囲むことになり何処かでモーニング出来ないか下調べ。
名古屋で済ませるのが無難なのですが…
いつも美味しい情報を提供してくれる友人達の伺ったCafeを思い出し、
御迷惑なの解っていながらも、お誘いすると行きましょうとノリの良い嬉しいお返事。
P1170446.jpg P1170445.jpg
朝7時30分の電車に、おっさん2人で待ち合わせをしまして…
電車に揺られること1時間30分で可児駅に到着。
今考えると、いい年こいたおっさん2人が珈琲飲む為に朝早くから肩並べて…
それも先頭の車両、一番前(笑
20101014234721764.jpg
駅を降り立ち、歩くこと5分ほど。
周りはのどかな住宅街と田んぼが田舎情緒を醸し出し、青々とした稲が風に揺られなんとも絵になる
華なりさんへ訪問。
お店は大きな道路から一本入ってるので、気が付く方は少ないかな。

和モダンな建物に入ると細長いエントランスがあり右手に個室、
左手にゆとりあるカウンターのみのCafeスペース。
奥の席に座り、目の前にはずらりと並ぶ素敵なCap、左を見ると田園風景とで癒されます。

明るく素敵な雰囲気のオーナーさんに、モーニングセット(限定20)をお願いしました。
通常は、コーヒーの種類は選べないようですが我儘を言って僕はスペシャルブレンド、友人はサントス・ニブラを。
20101014234720641.jpg 2010101423472017b.jpg
丁度いい塩梅に、小腹も空いて初めて戴く、荻原さんの炭火焙煎を体験です。
濃くどっしりと苦味の強い珈琲が好きなのですが、
炭火焙煎の美味しいものに当たったことが無く楽しみにしていました。
好きなCapを選んだ後に18gの豆を挽き、丁寧にハンドドリップされ運ばれてきました。
スペシャルブレンドは芳ばしい香りの割に、口当たりは優しくゆっくりと口の中に苦味が広がり、いい感じ。
苦味しか感じ取れない炭火焙煎しか飲んだこと無いので、なんだか得した気分。
ただ、カップ一杯に注いだせいか、水っぽく感じたのは御愛嬌。

飲んでる間に続々と御近所の馴染みさんが来店して、地元に愛されてるお店と実感。
価格設定も一口チョコ・スィーツ付きの値段なのでお得感もありますね。
20101014235536539.jpg 20101014235537c9d.jpg  
続いて友人は季節限定の究極のアイスコーヒー。
ドリップした熱々を珈琲氷に注ぐ贅沢なアイスコーヒーで見るからに美味しそう。
真似っ子したら良かったかも!
201010142355356fb.jpg 20101014235533a7a.jpg
僕は悩みつつマンデリンをオーダー。
明るい色のCapを選ぶと、柄に似合わずハートの形で赤面(笑
でもデザインCapの割に飲みやすいんですよ、これ!
  
途中、友人夫婦も合流(巻添えともいいます…)して4人並んで珈琲を啜ってお店を後に。
珈琲の味は勿論、オーナーの人柄がとても印象にのこる素敵なCafeでした。

店名 珈琲茶房 華なり
TEL 0574-62-7101
住所 岐阜県可児市下恵土5338
時間 9:00~19:00(LO:18:00)
定休日 毎木曜日


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。