りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小多福

何かと、お土産にと利用することが多い、
祇園にある小多福さんのおはぎ。
P1130645.jpg
勿論、購入時は店内でお茶、または珈琲を頂きながら
その日のお勧め、追加で梅か青梅を注文する事が多いかな。

定番は八種ですが、伺った日によっては普段は作って無い物があったり…(ムフフ

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

茶房 いせはん

ふたばで豆餅を買いにきたつもりが想像以上の大行列。
諦めてみたもの甘い物を欲した身体は、拒否反応を示す(笑

ふたばの店先から、道路迎えを眺めると行列も無かったので茶房いせはんへ。
P1130523.jpg
外観
いつのまにか改装され小奇麗になったこじんまりした店内。
観光客さん、地元の方で全卓満席で賑わっていましたが、タイミング良かったおかげで
入れ替わりで席に着くことに。

PageTop

INODA COFFEE(イノダコーヒ本店)

少しだけ早起きして鴨川散策。
観光客も少ない凛とした空気がとっても綺麗。
朝の鴨川
京都で仕事していた頃は、よくこの橋を渡り市役所まで抜け烏丸御池まで歩いたのよね。。。
それも早朝6時30分頃に(笑

そんなことと思い浮かべて10年以上ぶりにINODA COFFEE(イノダコーヒ本店)へ。
外観
店内は京都老舗らしく、レトロな風合い。
全国展開されてはいますが、京都らしさを愉しむならやはり本店です。

PageTop

Midi Apres-midi

友人宅で何度となく頂いたMidi Apres-midiのタルトですが、
店舗に自ら出向き、買ったこと無かったんですよね。
看板
そして去年の12月から店内で、以前は幻と言われたフロールがサロンで愉しめることになり
ドリンクは珈琲ハンターで話題の川島良彰氏が代表を務める
Grand Cru Cafe・COFFEE HUNTERSの珈琲が頂けると聞いて、伺いました。

PageTop

出町ふたば

前日に呑みすぎも、意外や目覚めの良い朝。
身支度を済ませ、出町柳に到着。

予定時間より早めに着いたので鴨川を渡り、久々の出町ふたばへ。
看板
クリスマスでも行列は途切れません(笑
お昼前の時間でしたが10組ほどの待ち時間なので5分ほどで注文を。


PageTop

grains de vanille(2011 11月)

昼食の後は、テクテクと歩いてgrains de vanilleさんへ。
日曜だったこともあり席は満席、品揃えは僅かな状態でした
外観 (2)
今まで、簡単に店には入れたのは平日だったからね…



PageTop

SALON DE THE AU GRENIE

錦市場で用事を済ませ、立ち呑み珈琲店に足を向けると珍しく
珍しく混み合っていたこともあり、この近辺を一周。

並んでいるお客さんも居なかったので、SALON DE THE AU GRENIEさんへお邪魔。
店のカラーが前回が青だったけど、赤に変わったのね?!
外観
以前の店舗でも、ピラミッド以外のショコラ、ガトー系を食べていなかったので
ポワブルショコラを注文。
ドリンクはアイスティーをお願いしました。

大粒アーモンドとヘーゼルナッツのトッピングが乗せられ、
濃厚なショコラのシャンティーは絶妙な口解け。
土台もショコラ風味で、ねっとりと甘い生地にガナッシュと松の実と胡桃の食感。
ポワブルショコラ
ナッツの薫りとミルキーなショコラの風味で口の中はまろみやかになって、
アクセントに使われたピンクペッパーが口の中で弾けるとスパイシーさが味を引きしめます。
知っていたら、もっと早く食べていたかも…(笑
トリヤングル うまっ!
翌月はトリヤングルと紅茶を。
ポワブルショコラの土台の生地を利用したものと説明を受け、注文です。
程良い口解けのガナッシュはとっても濃厚で、ナッツの芳ばしさがいい感じ。
ストレートな味わいで、めちゃ好みでした。

並ばずに入店出来る時は、つい立ち寄ってしまうお店です。

店名 サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール (Salon de The AU GRENIER D'OR)
TEL 075-468-8625
住所 京都府京都市中京区堺町通錦小路上ル菊屋町519-1
時間 11:00~19:00
定休日 水曜


PageTop

grains de vanille (グラン・ヴァニーユ)

9月は光安さん、10月は岩さきさんでお昼を頂いた後、
テクテクとお目当ての場所へと移動。
オープン当初から行こうと機会を見つけては逃し、ようやく訪問になったgrains de vanilleさん。
写真は残暑の残る9月の訪問時のです。
外観
暑さにうなだれながら、笑顔の素敵なスタッフに向かい入れて貰いました(笑
開放感ある真っ白な店内には先客もおらず、イートインを告げショーケースを拝見。
店内2 店内
もちろん目移りしまくり…
そんな時は、ガトー系を選ぶ自分はアラビカ、ドリンクはアイスカフェオレを注文です。

艶々にグラサージュされたアラビカはチョコムースとキャラメルムースの間に
エスプレッソのジュレの三層仕立て。
底の生地にはピスタチオでアクセント。
濃厚の中にも品の良い甘さが舌に絡みエスプレッソのジュレが効いてますね。
アイスカフェオレ・アラビカ アラビカ1
友人はクレームヴァーニュと、たっぷりの無花果に目を奪われカプリスを。
こちらはシェフのきまぐれだとか。
タルト生地の中にはたっぷりのラムレーズンと胡桃。
異なる食感が癖になり小さなタルトですが食べ応え有りますね。
季節物の無花果ってどうしても手が伸びてしまいがち(笑
クレームヴァーニュとカプリス カプリス
口融けが滑らかで上質なクリームの存在感が味わえるクレームヴァーニュはシンプルな物ですが、
相当、美味しかったのか無口なまま笑みを浮かべ食べ進めてます(笑

10月にはショコラ系のマジェスティックを。
しっとりとしたエスプレッソの生地の上にチョコクッキー。
香ばしいアーモンドとカラメルの風味のプラリネクリームとチョコムースの絶妙なバランスで
重量感あるけど軽やかな口当たりでペロリと(笑

平日も人気があり混みあてるようえすが、お客さんが居ない状態で、のんびりと寛ぐことができ、
スタッフさんの対応も素晴らしく伺うのが楽しみなスィーツ店でした。
次は焼き菓子を購入しなくちゃ。

店名 grains de vanille (グラン・ヴァニーユ)
TEL 075-241-7726
住所 京都府京都市中京区鍵屋町間之町通486
時間 11:00~18:00
定休日 第2, 4火曜・水曜定休


PageTop

VEGETERIA JR京都伊勢丹店

伊勢丹に立ち寄るとお弁当以外に立ち寄るのがフレッシュジュースを呑むこと。
京都に居ると、つい呑みすぎることも多く…
翌日に飲むと効果的なんです…
って気の持ちようかもしれませんが(笑

そんな訳でVEGETERIA JR京都伊勢丹店さんへ
P1200100.jpg
定番であるVEGETERIAの野菜とフルーツの30品目ジュース、巨峰&カシスを頂くことが多いですが、
今回は、秋のビタミンACE(エース?)ジュースを。
P1200099.jpg
ミキシングされているのでその場で、カップに移して出来上がり。
中身は苺・アプリコット・マンゴー・ピンクグアバ・オレンジ・クランベリーに豆乳。
生搾りの特徴のツブツブの口当たりで柑橘系の甘味にグランベリーの酸味がすっきりと飲みやすいです。
秋のビタミンACEジュース

牛乳や豆乳、野菜ブイヨンなども入ってるけど、気になる方も多いようですが
私的には美味しけりゃいいって感じなので気にしてません(笑

店名 ベジテリア JR京都伊勢丹店 (VEGETERIA)
TEL 075-352-1111
住所 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹 B2F
時間 10:00~20:00
定休日 無休


PageTop

Salon de The AU GRENIER D'OR(サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール)

昼食を食べ終え、錦市場に移動。
宮崎の友人と札幌の実家に漬物と梅干を送る手配を済ませ、
休憩しましょうと、店を移転してからも行列が絶えることの無いSalon de The AU GRENIER D'ORさんへ。
外観
以前は急な階段を上り鰻の寝床の縦長の店内で客層は女性が9割といった感じでしたが、
2010年9月にお隣に(イタリアンがあった店舗)移ってから座席数も増え、
京都らしく中庭の演出もあったりで、でも相変わらず女子率は高いまま(笑

平日だったので、並ぶことなく店内へ。
イートイン目当てなのでケーキを選んでから中庭の見える一番奥の席へ移動。

名物ピラミッドに目が行きましたが、口直しにさっぱりしたものが食べたくて
選んだのは赤い実のタルト。
ドリンクはアッサムティーをオーダーしました。
タルトアッサム
やや硬めのタルト生地の上にラズベリー、ブルーベリーがたっぷりと埋め込まれ酸味と甘みが爽やかなタルト。
イメージ通りの味わいでしたが、ナイフとフォークでは食べ難い…
ってことで、周りにお客さんも少なかったので手でがぶりと。
この方が美味しく感じるのは何故でしょ~(笑

アッサムティーはストレートでそのまま飲んだ後はミルクで。
赤い実のタルト アッサムティー
友人はタルトシトロンにカモミールを。
甘いメレンゲがサクッとシュワーっと口解けよろしく、
中のクリームが夏らしく爽やかなレモンの酸味にバジルの風味が印象的。
イタリアンチックなスィーツでしたが、写真がないや(笑

休日の行列には恐れをなすけど空いていたら間違いなく入店しちゃうな…

店名 サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール (Salon de The AU GRENIER D'OR)
TEL 075-468-8625
住所 京都府京都市中京区堺町通錦小路上ル菊屋町519-1
時間 11:00~19:00
定休日 水曜

PageTop

宇治丸久小山園 西洞院店 茶房 元庵

お昼を釜座通にある和食店で済ませた後にテクテクと歩き向かった先は、
宇治丸久小山園 西洞院店 茶房 元庵さん。

宇治に通勤していた頃、工場の前をよく通っていて地元の同僚から帰郷の際には
土産に玉露、煎茶など手土産に戴き美味しさに驚き、
2008年8月オープンの当時、訪問すると混み合って入店を諦めたこともあり
久々の訪問に楽しみにしてました。
2011 7月 2011 7月 外観
創業300年と元禄年からある京都らしい老舗であり、抹茶の質の高さでは定評あるお店です。
直営店は趣ある外観に合わせ店内はこじんまりと落ち着いた雰囲気。
2011 7月 グラスも綺麗~
入口左手にお茶・茶菓子などの販売、奥にはテーブル席が2人掛け5卓、
さらに奥に茶房のスペースもあり抹茶や玉露をはじめとする煎茶、ほうじ茶の他に、
お茶を使ったスイーツなど戴くことが出来ます。
2011 7月 お庭 2011 店内
伺った時間が良かったせいかお客さんは一組。
大きな窓から風雅な庭を眺めれる席に着きメニューを拝見。

友人は、抹茶「長安」の濃茶と和菓子のセット(1500円)。
2011 7月 濃茶・和菓子のセット 2011 7月 和菓子
4種の和菓子を席で選んだ後に点てられた濃茶の登場。
夏らしく涼しげな和菓子を戴いたのちに濃茶を一服。
力強い抹茶本来の苦味をお手軽に体験できることに加え、2杯目を薄茶を点てて貰えます。
2011 7月 濃茶 2011 7月 薄茶
自分は抹茶のロールケーキセットを注文(1100円)。
グリーンティーを戴きました。
冷たくひんやりと上品なグリーンティーは飲み口が爽やか。
2011 7月 抹茶ロールセット 2011 7月 抹茶ロールケーキ
人気の抹茶のロールケーキは甘過ぎず、抹茶の風味はさほど強い訳では無く、
上品でさらりとしたクリームの口溶けに合わせたのか、生地はシフォンのやや硬めのような弾力感。

味わいは好きだけど生地を含めたバランスを考えると好みとは少々違いました。
この辺は人それぞれですね。
お茶に合わせてロールケーキを戴くなら、御室さのわが好みかな。
2011 7月 玉露 2011 7月 玉露 (2)
時間があったので、お茶好きの友人は玉露(1000円)、自分は玄米茶(550円)を追加。
最初の一杯目が特に美味しい玉露の味見をしたら、美味しくて飲み干してしまう失態(笑
一煎目~三煎目と温度を上げることで風味も変わり愉しめますね…

玄米茶は特有の芳ばしさに加え、茶葉のまろやかな味わい落ち着きました。
2011 7月 玄米茶
会計前にお手軽に戴けるティーバック式の煎茶とほうじ茶を自分用に買い上げ~
友人は実家用に雲鶴と長安の2種、20グラムを購入。

普段、珈琲ばかりの日常ですが(笑)たまに戴く、日本茶の美味しさに改めて感心しました。

店名 丸久小山園 西洞院店 (茶房 元庵)
TEL  075-223-0909
住所 京都府京都市中京区西洞院御池下ル西側
時間 [店舗]10:00~18:00 [茶房]10:30~16:30(L.O.)
定休日 水曜日(祝日は営業)・正月三ヶ日

PageTop

Dessert Bar Krepe

以前gion ghostのあった井澤5FにDessert Bar Krepeが3月にオープン。
店内もほぼそのまま、明かりが広がる空間にはダンディーな男性が
午後の一時をカウンターでお酒を愉しまれてます。
外観
11時オープンですが普通のバーと違いお酒を利かせたアシエット・デセールに、
珈琲・紅茶、アルコールが戴ける空間は変わらず。

以前、人気のghostのスィーツはありませんが、私的にはアシエット・デセールに合わせ、
アルコールを愉しめる空間が気に行ってたので嬉しい限りです。

久々の訪問でしたが、お店の田端さんも覚えてくれていたこともあり
早速、メニューを拝見してこの日もアルコールをお合わせて貰いました。
ですがメニューを見るとホント迷うのよね…

定番のアクレットを使いソテーされたオレンジの香るクレープクレープシュゼットにしようか、
シロップとマッカランをたっぷりと塗られたホットケーキもそそりますが、今回は新規メニューを。

待ってる間は、カウンター目の前にある棚に目をやると中にはたくさんの
オールドバカラやルネラリック、華奢なシルバーのカトラリーなどに目が奪われ飽きません。
2011 6月 水出しアイスコーヒー
6月訪問時は水出しコーヒーを。
時間を掛けゆっくりと抽出した水出しを提供の前にシェーカーで振り空気を含ませる辺りはバーならではの出し方です。
カフェヴェルディ―の豆も変わらずで泡だてられた泡から上品な珈琲の香り、
すっきりとした一杯で喫茶やCafeでは体験できない切れのある味わいで旨いです!
シュー・ア・ラ・クレーム
シューの中には生クリーム、そしてチョコと至って普通ですがアモンティリャードを数滴、落として香りづけ。
下に敷かれたバニラエッセンスにシェリーの香りがとっても魅力的。
2011 6月 アモンティリャード(1990) 2011 6月 シュ・ア・ラ・クレーム
7月訪問時はファンダンショコラを注文。
目の前でショコラに霧吹きが始まり何だろうと思ったらベルタ(グラッパ)を惜しげも無くシュシューっと。
ナイフを入れると押すだけで切れてしまうほど柔らかいショコラがとろりと。
2011 7月 ファンダンショコラ 2011 7月
そこにまたベルタを数滴落とすとショコラの香りにベルタの香りが重なり、猫にマタタビ状態(笑
綺麗な見た目に香りが重なり優雅なアシエット・デセールでした。

余韻が長く続くよう合わせてくれたお酒は、今回はluceente2008を薦めてくれました。
お酒に疎い僕には嬉しいマリアージュを進めてくれるのは有り難い。
2011 7月 luceente2008 (2) 2011 7月 ベルタ 
以前のgion ghostの頃はスィーツ目当てのお客さんも数多かったですが、
この日は夕方のしっとりした落ち着きある雰囲気で大人の空間。
こっちの方が断然好きだなぁ…(汗
夜の限定メニューや他のアシエット・デセールも試したいと思います。

人それぞれですが、デセールの注文のみでドリンクを頼まないのは、
ある意味、失礼な気がするのは自分だけかな?
何故ってここはBarですから…

店名 Dessert Bar Krepe(デザート&バー クレープ)
TEL 075-532-2828
住所 京都府京都市東山区四条花見小路西入ル北側 井澤ビル5F
時間 11:00~23:00 ※20:00からはバータイム。
定休日 月曜日


PageTop

小多福

7月の京都滞在時、2度訪問。

花見小路を抜けお目当ての小多福さんへ。
今月は2度の訪問。
P1080221.jpg
友人や知り合いに食べて欲しくて、予め予約しておいた八種詰め二箱を購入。
その方が、間違いなく購入できるのと無駄な作り置きも無くお店にも良いかなって。

翌日、名古屋に帰る前に立ち寄りました。
二種詰め、四種詰め八種詰めをお好みで。
前日にお願いしたこともあり、取り置きしてもらいました。
2011 7月  好きな四種を 2011 7月 小多福
祇園祭の前の週でしたが店内には鋒も飾られ、お母さんとのんびりお喋り。
あまりの暑さにクーラーの前で涼んでいたら団扇なんかも戴いたりして。
2011 7月 メニュー
色鮮やかで見た目も愉しい、おはぎはお土産、お持たせに喜ばれます。
梅の酸味に餡子が絶妙の、青梅・梅は勿論、青海苔、白餡の優しい味わいはほっこりします。

木箱に詰めての発送も可能で、遠くは九州、北海道などのお客さんも増え始めたようです。
そんな自分も札幌の実家に発送をお願いしようと思います。

丁寧に拵え真心こもった、お婆さんのおはぎ、一度は食べて欲しい逸品です。


店名 小多福
TEL 075-561-6502
住所 京都府京都市東山区小松町564-24
時間 10:00頃~20:00頃
定休日 木曜日・第4水曜日
席数 カウンター7席


PageTop

びーんず亭

実家に漬け物を送る為に錦市場へ。
連休中と言うこともあり激混み!

八百屋・漬物屋で発送を済ませた後はスィーツか珈琲って感じ。
飲み物だけで充分だったのでスタンド珈琲で気軽に味わえるびーんず亭さんへ。

目の前の、さか井さんは並んでいて昼時を外しても、祝祭日はいつも混み合って繁盛してる御様子。
アイス珈琲と、ブレンド(しっかり苦い)を注文。
2011 5月 しっかり苦い アイスコーヒー
いつも滞在は5~10分程度(笑
この気軽感とお手頃感が此処に来る理由でもあります。

飲んでる最中、御近所の飲食店の方の利用も多く、認知されてますね。
後で気がついたけど、クッキー出すの忘れたのかな(笑

それでもまた近くにきたら寄ってしまうお店の一つです。

店名 びーんず亭 (ビーンズテイ)
TEL 075-213-1445
住所 京都府京都市中京区高倉通錦小路下ル
時間 [月~土] 10:00~19:00  [日・祝] 11:00~18:30
定休日 無休



錦市場御中を歩いて気になったのが混み合った通りで地元の方でしょうか、
優雅にヨークシャをリードで引っ張り散歩?
犬が可愛そうに思ったのも束の間、観光客の足が犬に当たりキャンキャンと鳴き声が。

そんなん場所で散歩する方が間違ってるし、飲食店が多く並ぶとこで散歩するなよ。。。
災難を受けたのは犬と観光客であって、飼い主じゃないのにね。
人混みの中、吠えた飼い主が痛々しい現場でした(汗


PageTop

ELEPHANT FACTORY COFFEE

2011 5月

河原町で夕食の後に珈琲を求め、ELEPHANT FACTORY COFFEEへ。

路地を通り抜け急な階段を上ると、生憎の満席。
それでも飲みたいモードなので待つことに。
2011 5月
御主人に呼ばれ、入口そばの4人掛けテーブル席を案内されました。
壁側の長いカウンター席は本を読む方が多い様子。
混雑してても個々の時間を上手に利用されてる地元のお客さんが多い感じです。
2011 5月 2011 5月 (2)
この日もEF3とトラジャをお願いして、久々に濃厚なチョコケーキも注文。
2011 5月 久々食べたかも
御主人の淹れる珈琲にホッと一息ついた所で相席をお願いされ、席を譲ることに。
滞在時間は15分ほどと短い時間ですが、飲むために訪問なので問題なし。
最近、cafeでまったりって無いあぁ…(笑

京都でストロングなら此処が定番になり、上品で繊細な珈琲を身体が求める時はカフェ・ヴェルディを選択かな。

店名 ELEPHANT FACTORY COFFEE (エレファント ファクトリー コーヒー)
TEL 075-212-1808
住所 京都府京都市中京区蛸薬師通木屋町東入ル備前島町309-4 HKビル 2F
時間 13:00~翌1:00
定休日 木曜日


PageTop

マールブランシュ JR京都伊勢丹店

友人から手土産を貰い袋から取り出すとマールブランシュの人気商品、茶の菓を戴きました。
京都限定のキーワードが印象深く有名な菓子ですが、
自分用に購入して食べたことはありませんでした(汗
P1180720.jpg P1180725.jpg
大きな詰め合わせもあるけど、お試しや、気心しれた友人に手渡すなら5枚入りが手頃で良いかも。
抹茶をイメージさせる緑色が鮮やかで封を切ると香りが漂います。
パリッとサクッと抹茶を練り込んだ生地にホワイトチョコの甘さが重なり、小さいけどしっかした味わい。
厳選素材を使用してると聞くだけで美味しく感じてしまう(笑
P1180726.jpg
袋のデザインや焼き印の文字も可愛らしく抹茶好きにはちょっとした嬉しい土産になりそう。
お茶・珈琲のお供にも良いものでした。

店名 マールブランシュ JR京都伊勢丹店
TEL 075-343-2727
住所 京都府京都市下京区東塩小路町901 JR京都伊勢丹 6F
時間 10:00~19:30
定休日 不定休(JR京都伊勢丹に準ずる)


PageTop

Le Petit Mec2号店

お目当てのお店が連休休暇とは知らず、出鼻を挫かれ。。。
まぁしゃーないと心切り替え、美味しそうなパンが多いこの界隈、
Flip up! (フリップアップ)かワルダ―と悩んで向かったのは今出川の名店、赤メックの2号店、黒メックへ。
この日は何故だか、朝からサンドが食べたい病だったのです。
そんな訳でLe Petit Mec2号店へ。
外観
見過ごしてしまいそうな、小さなお店はマンションの1階に店舗を構え、黒で統一されスタイリッシュ。
美味しそうなパンを一通り眺めて店員さんに取って貰います。
試食できるパンも数多く、お気に入りをその場で購入するには良いかも。
店内 (2) 店内
で、テラスで一つ食べようと思っていた、パン・ア・ラ・クレーム
掌サイズの可愛らしいパンは表目がやや甘くしっとり。
中を割るとカスタードクリームの中にたっぷりバニラビーンズが混在。
こちらはしっかり甘く、とろりと口どけまろやか。
身体が甘い物を欲していたので、物凄く美味しく感じ幸せでした(笑
パン・ア・ラ・クレーム
翌朝食べよう購入したパン達は、トマトを練り込んだパン・ド・ミのツナサンド
かすかに薫るトマトの酸味にツナの相性はいい感じ。
レンズ豆・ソーセージのキッシュは温め直した方が、
断然美味しく戴けますね。
トマトを練り込んだパン・ド・ミのツナサンド
フォカッチャサンドの中身は北海道産のモツァレラチーズに生ハム&トマト

翌日食べてはいけませんね。
フォカッチャにトマトの水分が吸いまくり…(汗
キッシュ(レンズ豆・ソーセージ) フォカッチャサンド(北海道産モツァレラチーズ・生ハム・トマト)
リュスティック生地の胡桃パンは温め直すことで素朴ながら胡桃と一体感が増して好印象。
パテ・ド・カンパーニュ
分厚いパテが2切れ、中にどん!って見た目が嬉しい(笑
パン生地同様、あっさりめのパテで万人向けかな。
こちらも噛み締める度に旨さが増してきます。
リュスティック(胡桃) パテ・ド・カンパーニュ
可愛いプチサンドに目が行き、大人買いしたい気分でしたが流石に食べきれないな…
お土産に喜ばれそうな気がします。
イートイン目的でなければ場所柄、使い勝手良いかなって思いました。

店名 ル・プチメック 2号店 (Le Petit Mec)
TEL 075-212-7735
住所 京都府京都市中京区衣棚通御池上ル下妙覚寺186
時間 9:00~20:00
定休日 火曜

PageTop

Le Sucrier(ル・シュクリエ)

子供の日の翌日、一人、出町柳へ出向き散歩がてら食事へ。
帰り道に桜餅でも買いましょうと、商店街方面へ行くと、
あらら…
お目当ての ふたば さんは人影も無く、お休みの様子。
またまた、やっちまいました…
混雑避けて、翌日なんて甘い考えは許されないのね(汗
河原でぼんやり一人佇む予定も、手持無沙汰なわけで…

携帯でこの辺りを検索すると良さげなCafeがあったので出町商店街を抜けテクテクト。
付き当たりを右に曲がるとビル1階の店舗を構えるLe Sucrier(ル・シュクリエ)さんへお邪魔しました。
看板 外観
入口右手に、和ダンス?の上に切れに並べられた焼き菓子、
小物があちこちにあって賑やかそうな感じですが、煩くないシンプルな物を飾られています。
真正面にはガラスケースの中に美味しそうなケーキが配置され、その上には手作りジャムが並んでいます。
お持ち帰りの予定でしたが、急遽イートインに変更(笑

17時過ぎの訪問で店内は誰もおらずのんびりできるのも、そうないような気がして。

通りに面した窓際のカウンター席も良い感じでしたが、
せっかくなので奥にあるテーブル卓でのんびりすることに。
席間も広めに配置され、混み合っても気にならない感じがまた好印象。
店内
ケーキの甘い香りが漂う中、アイスコーヒーショコラグランマイエをオーダー。
酸味の無いキレあるアイスコーヒーは好印象。
温かいのが気になるところ。

ガトーの方は見た感じ至って何処にでもありそうなタイプ。
パサつき感は無くなく、ねっとりと濃厚な生地に微かにオレンジの風味。
上に添えられたクレームシャンティに合わせ戴くと一口二口と、自然に口に運んでしまう美味しさ。
地味な見た目ですが丁寧な作りで、こちらも好印象でした。
アイスコーヒー ガトーショコラ ガトーショコラ
ガラス越しに納められたスィーツは派手さはなくシンプルな物が多かったのですが
また再訪して、違う物を注文してみようかな。

誰も居ない店内で小一時間、本を読みながら、まったりした空間を満喫した午後でした。


店名 ル・シュクリエ (Le Sucrier)
TEL 075-252-5605
住所 京都府京都市上京区寺町通今出川上ル表町21 市川ビル 1F
時間 11:00~19:00(カフェは18:30まで)
定休日 日曜日、水曜日

PageTop

セカンドハウス 銀閣寺店

昼食を愉しんだ帰り道、休憩しましょうと立ち寄ったのが
大きな窓がから適度な日差しが射しこむ、セカンドハウス 銀閣寺店
外観 店内
洒落た大箱のCafeといった感じで、店内は広く開放的。
ソファー席もあり、まったりするカップルさんも…
昼酒を愉しんだ、おっさんは顔を赤らめ店内へ(笑
注文は珈琲だけのつもりがスィーツを勧められ
お店の人気商品?の苺とバナナのシブーストも注文。
休憩
珈琲は自家焙煎?炭火焙煎されたもので注文後に挽いて淹れてくれるようです。
やや酸がくっきりコクより苦味が押し出たタイプで好みは分かれそう。
珈琲 苺とバナナのシブースト
大きめにカットされたシブーストは口当たり滑らかでカスタードの風味がしっかりと。
甘いのは好きですが思ってた以上に後味が重いかな。
苺の比率が多いと印象が変わったかも知れません。

席間も広めなので友人や恋人同士でお喋りするには良いかな。

そんなこと考えながら、本を読みながら10分程で居眠りてしまい身体がビクって…
目を覚まし、今度は恥ずかしさで顔を赤くしてお店を後に…(汗

店名 セカンドハウス 銀閣寺店 (SECOND HOUSE)
TEL 075-752-9004
住所 京都府京都市左京区今出川東入ル南側浄土寺西田町100-25
営業時間 11:30~23:00
定休日 無休


PageTop

DELI & SANDWICHES KYOTOへ行ったけど…

毎年、予定を組んで連休を迎えていた訳ですが…

話題のお店は気になりつつも、好きな店に再訪問が無難と思ったり。
そんな訳で自ら予約をして伺ったお店は5件だけ。
後は気の向くまま、ふらりと食い飲み散らかしたり、友人の御誘いに乗ったり(笑

そんな中、友人宅で何度か戴いて気になっていた
DELI & SANDWICHES KYOTOまで散歩。
閉まってました… 
店内で作られる、オリジナルのサンドも美味しいのですが、
販売されてる手の込んだサラダや、マリネ、牛スジ赤ワイン煮込み・パテなどデリが美味しかったので
うきうきして店先に到着です。
あらら・・
んが…連休中で店、閉まってるやん…
久々やっちまった…
んじゃ、次の店と切り替え移動する辺り、強くなったなぁオレ(笑

次の京都入りの際は、記事にしなくては…

店名 DELI & SANDWICHES KYOTO (デリ&サンドイッチ キョウト)
TEL 075-254-0777
住所 京都府京都市中京区姉小路通衣棚西入ル突抜町140
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜日

PageTop

Espressamente illy 京都駅店

暫くの間は、5月の連休のお話を。

友人と待ち合わせや、時間調整または、カフェイン摂取(笑)に立ち寄る回数が
以外に多いのがEspressamente illy 京都駅店
新幹線、近鉄乗り場に近いので利用する機会が何かと多く重宝してます。
外観
待ち合わせにエスプレッソ1杯飲んで、そそくさとお店を後にしたり
甘い物が欲しくなりアイスカフェラテモンブランをオーダーしてみたり…
ドリンクは問題はないけど、スィーツの再食はないかな(汗
アイスカフェラテ モンブラン
そう思いつつ初めて此処でモーニング変わりにセットドリンク(700円)をオーダー。
席に着き5分掛からず、目の前にオーダーしたカプチーノアボガド&ツナのセサミ
表面を軽く温められ、セサミの持ち味の風味が豊でサイズともに味も価格相応か、それ以上に愉しめます。

他にサラダなどが付いたセットメニューもあります。
バリスタによる提供なのでドリンク類は、全く問題ありません。
カプチーノ アボガド・ツナのセサミ
ですが伺う度に気に掛かるのが接客かな。
がっかりする場面に出会うこともしばしば…(汗

スマートな接客する店員さんもいるのですが、
ほんの極一部ですが、従業員教育は改めて大事というか最低限の接客・応対して欲しい所。
特に年配者の対応には口あんぐりです。
観光のめっか京都だけに気になるところ。

エスプレッソ(300円)を飲むだけでも立ち寄り易い立地にあり、
使い勝手が良いので、頑張って欲しいなと思いました。

店名 Espressamente illy 京都駅店 (エスプレッサメンテ イリー)
TEL 075-693-4310
住所 京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3
時間 7:00~21:30
定休日 年中無休


PageTop

小多福

2011 3月

3月の連休も京都へ。
伏見で待ち合わせの予定でしたが時間に余裕があったので、手土産を購入しようと祇園四条駅まで移動。
夕方16時過ぎ、日も落ちしっとりした時間帯。
花見小路を抜け毘沙門町の一角にひっそりと佇む、おはぎの専門店へ向かいました。

京都駅付近だと、地下鉄五条にあるやき肉よし田さんのすぐそばにある今西軒
東寺西門前にある巴屋さんは午前中で売り切れる人気店で、
赤茶色した粒餡で大きなおはぎが名物の松屋など、京都には数多くおはぎの有名な店も多いですが
私的にはお勧めはオープン当初からお世話になっている此方、小多福さんです。
外観 看板
齢70歳を迎えてから、お店を開店されました。
場所的には安井金毘羅さんの裏辺り。(とある理由で有名な神社でもあります(笑)
店主の母さんが一人で製作、接客をこなす店内は、カウンター7席とこじんまり。
伺った日もせっせと注文を受けはった、おはぎを仕込んでいました。
店内 カラフルです!
手の込んだ餡は勿論手作りで母さん曰く毎日、味が変わると笑いますが
彩り艶やかな、おはぎは初めて見た方は皆、驚きます。
定番のおはぎには、小豆・白小豆・古代米・きな粉・梅・青梅・青海苔・黒胡麻の計八種類。
運が良ければ隠れメニューなんかあったり…

この日は友人に8種を箱詰めと、自分用のお土産に10種を購入。
時間に余裕があったのでカウンター席で、珈琲と共に青梅のおはぎのセット(400円)を戴きました。
青梅のおはぎ・珈琲 箱詰め
珈琲は作り置きではなくその場で丁寧に淹れてくれます。
少し苦味のある珈琲とおはぎの相性は意外と合うもので最初は抵抗ありましたが、僕はデザート感覚でアリです。
おはぎの餡の甘さと青梅の甘酸っぱさが程良く合いしつこくありません。
甘いのが苦手な方でも青梅と。梅はお勧めかな。
珈琲以外に、抹茶のセット(500円)もありますよ。

小豆のおはぎは、しっかり甘く上品という表現よりも何処か懐かしく優しい味わい。
独自の餡の作り方を、内緒だよと教えてくてたり、
黒胡麻や青海苔などはその日に使った素材で味わいがぐっと締まり、お勧めはこれだよって教えてくれることも。
お話し好きの母さんは御苦労されていますが、とても明るく元気で、きさくな方です。
お品書き 店頭では8種販売ですが、運が良ければ…
某雑誌に載った際、間違った値段表記をしてしまい、一つ130円、白小豆160円と2年の間、辛抱され
その値段のまま売られていましたが3年目を迎え(3月20日)、20円程の値上げをするとお話されました。
定番の小豆・白小豆・きな粉は勿論、カラフルなおはぎは、見た目も味も、納得いく味わいです。
日持ちはしませんが翌日食べても餡は硬まらず良い感じ。
5種詰め 5種詰め (2)
おまけを。分厚く切って戴きました。 お茶
予約をすると、おばんざい定食も戴けますが土日祝日は、忙しそうなので避けた方が良いかも。
個数を多く注文する場合は早めの電話予約を。
馴染み客も多く店主である母さんの人柄に、自然と足が向いてしまうお店です。

店名 小多福
TEL 0754-561-6502
住所 京都府京都市東山区小松町564-24
時間 10:00頃~20:00頃
定休日 木曜日・第4水曜日


PageTop

御室さのわ

2009年の過去記事です
仁和寺へ散策の後は楽しみにしていた、御室さのわさんで休憩。
当時、いや現在もかな?ミディ・アプレミディの津田 陽子さんが作る噂の幻のロールケーキがお目当。
20091226143636551.jpg 20091226180201261.jpg
1日10食限定の「おむろ」というセットがあると聞いて前もって電話予約済みです。
店内は白い壁、グレーの天井、コンクリートの床と小さなギャラリーもありモダンな造り。
カウンター10席程の空間ですが解放感あってゆっくり出来きますね。

丹波産の小豆を使ったフロールと煎茶のセット(1050円)
フロールのスポンジ生地は小豆をたっぷりと含み薄茶色のスポンジ生地は見た感じ、
弾力あるようでしたが、一口パクっと戴くと冷蔵保存され冷やされたものです。
20091226173457183.jpg 20091226173458865.jpg 2009122617345770e.jpg
口に含むと、小豆のまろやかな風味が広がり洋のロールケーキは和に変身。
クリームも生地同様に小豆をたっぷり含んで生地と溶け一層に風味が増しています。
ふわふわのロールと異なる食感で、しっとりした食感で楽しめるものでした。
煎茶とも相性良くこちらは薫り高い、まろみの中に程良い苦みが口の中をあっさりしてくれます。

カウンター内では若い男性の方が解りやすい説明で菓子やお茶の説明を。
使うお水は京都の名水である「京見峠の山水」を使用と言う拘り。
お茶に疎い僕は、ここで好みを伝えて「魁」木棚鉄観音茶を選んで貰いました。

台湾のお茶だそうで、作り手も説明してくれます。
100時間以上掛けて焙煎した茶葉ですが、物凄くフルーティーで非常にあっさりして
喉越しも良くてお茶の概念が簡単に崩れ落ちることに(笑
そして、適温に温度を下げるために湯呑に湯を入れ替える動作や時間をかけ蒸したりと、
丁寧に扱われる動作を眺めると雰囲気に引き込まれますね。
20091226231047e75.jpg 200912262310465b3.jpg
お供に適した「こいし」という名のチョコのお菓子を。
チョコパウダーがまぶされた求肥の中に包まれたチョコは物凄く濃厚でコクがあります。
これを濃い珈琲だよなぁ~なんて思ったけど、「魁」にも合います!
おろそかな知識で思い込むのは良くないと反省でした。

雲の峰(本玉露)
京都は宇治田原の茶作り名人である下岡 久五郎氏作の本玉露です。
「覆い香」と呼ばれる独特の香りが楽しめ、非常に濃厚な甘みと旨みが強く
まったりした味わいです。
今まで飲んでいた玉露とは一線を超えた物でありました!
20091226231047100.jpg 200912262310452b6.jpg
こちらのお供には、あられ3種を。
山椒・七味・ぶぶの3種のあられは、さっくりした食感でどれも特徴が解り易く
お茶の味を壊すことなく、上品なものでした。
この日は暑かったのと、食事に行く予定があったので日持ちする、あられをお土産にしました。

もう一つは、確か雲の峰を単品で戴き、そうしたら黒胡椒のあられ付いてくるような。。。
間違っていたらごめんなさい<(_ _)>
お茶に入れて楽しめますと聞いてやってみると、これもまた楽しい味わいですね。
20091226231048ae7.jpg 20091226231510b65.jpg
普段、珈琲を好んで飲むことが多いのでお茶なんてと浅さかな考えで伺った自分が
こちらのお店でいとも簡単に興味が湧いてきたのには驚きでした(笑
日本人に生まれて良かったと思える程、
奥深い飲み物を戴いて素敵な時間を過ごすことができました!

若い男性の接客も女性店主の受け答えも、大変満足いくものでした。

PageTop

GOSPEL(ゴスペル)

銀閣寺を散策した後は足を休め、お茶でもしましょうとGOSPEL(ゴスペル)へお邪魔しました。
煉瓦の塀に囲まれ白壁には蔦が巻きく雰囲気ある洋館。
外観1 P1040783.jpg 黒板メニュー
急勾配の階段をのぼると高い天井に大きな窓からの日差しが店内を照らし
白い壁が際立ちますね。
アンティーク調のテーブルと椅子にはお一人様がのんびり読書やカップルさん夫婦さんが寛いでいます。
案内された席へ付き、ケーキセットを注文しました。

初めて訪問したのは去年の5月の夜で暗闇に浮かぶ、各テーブルの小さな灯りが
印象的でしたが暗すぎて写真は断念。
でも夜Cafeには、素敵な空間でしたよ。
ただ珈琲は、好みとは違たものでしたので今回は紅茶にしてみました。
チーズケーキと紅茶セット チーズケーキ
チーズケーキと紅茶のセット(1100円)、ボンブレモンアマンドとハーブティーセット(1300円)
ハーブティーはカモミールをお願いしました。
普通にベイクドタイプのチーズケーキ、ボンブレマアマンドはしっとりしたタルト生地で
レモン風味のバターケーキといった感じ。
ボンブレモンアマンドとハーブティーセット ボンブレモンアマンド
紅茶の種類やドリンクは思った以上に豊富な品揃えで選択伎ありますね。
ポットサービスの紅茶で、のんびり過ごすには良いかな。
お値段は雰囲気と場所代と思えば納得。
カモミール
落ち着いたBGMが流れ静かな空気が流れていますが、これもやはりタイミングか
賑やかなお客さんが来てしまうと、どうしてもざわついた雰囲気になりますね…
私的には夜の方が、しっとりして愉しめた気がします。

水曜・木曜限定の津田陽子さんの作るフロールが戴けることで有名ですが僕は此方では食べる機会ないので
食べたい時は観光がてらに、仁和寺のそばにある、御室さのわで戴いてます。
それか伊右衛門サロンの一口フロールかな。

店名 ゴスペル (GOSPEL)
TEL  075-751-9380
住所 京都府京都市左京区浄土寺上南田町36
営業 12:00~24:00
定休日 火曜日(祝日の場合は営業)

PageTop

栖園

移転後の京都で人気の某スィーツ店へ何度となく伺ってみたもの、
長蛇の列を見て一度は並んでみたけれど、1時間以上街と聞きすぐ諦めて
琥珀流しを戴きに此方へ。

栖園
外観
明治18年創業の和菓子店「大極殿」が併設する甘味処です。
店舗は140年の歴史を持つ町家で立派な外観からは凛とした空気が流れ
知らないと入るのに勇気がいるかも(笑
店内2 店内 メニュー
ちょっと冷え込んだこの日は、混み合うことも無くすぐに入店できました。
暖簾をくぐると脇に本日の生菓子の見本が並び、迷ってしまいますが、
12月で琥珀流しは終了と言うことで、迷わずそちらを注文。
黒豆の琥珀流しとわらび餅のセット。
琥珀流し(黒豆) わらび餅
黒く輝く丹波の黒豆に透明感ある寒天の涼しげなこと。
派手さはなく地味ですが品ありますね。
底に堪った甘い蜜を絡ませると葛のもっちり、寒天のつるっと黒豆のホクホク感が楽しめ、
かなり甘い蜜ですがくどさは無いので思ったより軽く食べることができます。

蕨餅は友人とシェアして完食です。
たまたま、タイミングが良かったのか、10分程で満席になりのんびりは出来ませんでしたが
桜の季節まで当分、食べれない琥珀流しを〆に食べれてなんか嬉しかったり。
お土産に玉子ぼうろとそば松葉を購入。
これもまた、懐かしい味で寄ると買ってしまいます。

前年の5月の訪問時には琥珀流し(小豆抹茶)とミニわらび餅のセット、生菓子と抹茶を戴きました。
抹茶と生菓子 琥珀流し(小豆抹茶)
7種ある生菓子から、色艶やかな春色のきんとんを選びました。
今にも動き出しそうな生きてるような、「きんとん」には口あたりをよくするために
「つくね芋」を加えているということです。
中の大粒な餡は優しい味わいながら、さっぱりと上品な甘さ。

5月の琥珀流しは小豆抹茶でした。
一口、いただくと抹茶の甘苦さが強調されますが、小豆の甘さで調和されて寒天がスーッと喉を越していきます。
京都矢野園のお茶で、さっぱりもできるのも良い感じ。
柏餅 そばぼうろ・玉子ぼうろ
端午の節句ということで柏餅と自分の中の定番の素朴な味わいの玉子ぼうろ、そば松葉をお土産に。
そば松葉は、そばの香りは勿論、白胡麻も入っているので香ばしさもありサクッとした食感。
玉子ぼうろは、手作業で生地を捏ねているので、ひとつひとつ形も大きさも微妙に違い
ホロっとザクっとした歯応えで口の中でふわり溶けていきます。
玉子の味がしっかり目ながら甘さ控えめでつい買ってしまいます。

混み合ってる時はこの2つだけ購入しています。

店名    栖園
TEL    075-221-3311
営業時間 10:00~18:00(LO17:45)
定休日   水曜
座席   18席 個室なし

PageTop

びーんず亭

錦市場からほど近く屋台風店舗の気軽に立ち飲み&テイクアウトができて、
本格的な珈琲が味わえる、びーんず亭さん。
看板 外観
豆の種類も多く、小売販売もしてるのでとても使い勝手良いお店です。
何より嬉しいのがお値打ちの価格290円。
タイミング良く店主である田中さんがお店に立っておられました。
好みを伝えるとお勧めを数種用意して細かな説明。
そして選んだ豆を丁寧にハンドドリップ。
けしてスタンドCafeと侮ってはいけませんね。
店内 膨らんでます
好みもありますが街中の有名店と遜色もなくたっぷり注がれたカップ以外にクッキー付きですから。
お味の方も申し分なく、美味しい珈琲でしたよ。
ちなみにこの日は「しっかり苦い」を注文。
旨ぃ!
そして珈琲を淹れる時のちょっとしたポイント、掴みを解り易く楽しく教えてくれます。
特に豆の弾き方は参考になりました。
スタンディングで小さな店舗だから価格が抑えられていますが、
お得感以上に珈琲の美味しさは余所の店舗に勝ってると思います。
アイスコーヒー 紙コップ
肌寒い外で飲む珈琲は心底温まり、夏の暑い日に戴くアイスコーヒーを呑むのも楽しみなお店です。
紙コップだと50円引きですが口当たりが気になるので、店舗で飲むならカップが無難ですね。

しかし、イラストにそっくりな店主に驚きました(笑

店名     びーんず亭
TEL      075-213-1445
住所      京都府京都市中京区高倉通錦小路下ル
営業時間    [月~土] 10:00~19:00  [日・祝] 11:00~18:30
定休日 無休
ホームページ http://www.beanstei.com/

PageTop

池鶴果実

戦後間もなく現御主人のお爺さんが八百屋で修業した後、
昭和22年、錦市場に果物屋さんとして営業が始まった池鶴果実さん。
旬の果物が沢山陳列され5年ほど前から店頭でフレッシュジュースを販売しています。
看板 店内
ミキサーや絞り器など置かれ、店先に並ぶ新鮮な果物を使った定番のフレッシュジュース、
または、自分の好きな果物を選んでオリジナルも作ってくれるそうです。

コルクのボードにはお勧めメニューが沢山貼り付けてあったので、その中から
ブルーベリーのフレッシュジュースを注文。
余分な糖分が入っていないので口当たりさっぱりしていて喉の渇きが収まりますね。
ブルーベリー
珍しい果物も沢山あって、質問するとインパクトある御主人が丁寧に説明してくれます。
駅構内の中で見かける「ジューサーバー」も手頃でいいけど、錦市場で一息入れるのもいいもんです。

店名 池鶴果実
TEL 075-221-3368
住所 京都府京都市中京区錦小路通柳馬場東入東魚屋町191
営業時間  9時~19時  水曜日定休

PageTop

こんなもんじゃ

京都の台所と言われる錦市場。
実際は観光客で溢れるばかりの人混み。
でも、活気あって眺めるながら歩くのは楽しいですね。
錦市場
冬の京野菜、旬の漬物を見て回り一息入れましょうと近辺をうろちょろ。
この界隈、好きなお店が多く店選びも迷います(笑
昨日は、団子屋のみよしやさんを紹介したのでもっとお手軽な、こんなもんじゃ
こんなもんじゃ
豆腐の藤野が経営するお店ですがこちらの店舗は、
夕方になると立ち呑みできるお店ですが祝祭日は行列になる人気店。
夏の暑い時期なら、豆乳ソフトもお勧めですが、
名物なのは豆乳ドーナツ。
豆乳ドーナツ 揚げたて 
揚げたての豆乳ドーナツは可愛らしい一口サイズ10個(250円)。
つまみながら歩くには量が多いかなぁ?って感じですが、軽い食感でパクパクと…
後から甘さがじわりと口の中で広がり、揚げたてなのも嬉しいですね。

店名      こんなもんじゃ
TEL      075-255-3231
営業時間   10:00~18:00 無休
ホームページ http://www.kyotofu.co.jp

PageTop

みよしや

八坂神社方向に向う途中、四条通北側を歩いていくと南座の向かい辺りに人だかり。
みよしやの団子を買い求めるお客さんが…
17時ぐらいから開いてるようですがタイミング悪いと、なかなか買えないのよね。
みよしや
この時とばかりに、列に加わってつまみ食い。
2種ある団子は、みたらしと、そのみたらしの上にまぶされるきな粉のみ。

見た目は巷でよく売ってる、甘くどろりとしたみたらしと違い、
さらりと滑らかなとろみで京都らしい上品な甘さが特徴です。
焼きあげられた一口サイズの可愛らしい団子は香ばしく特製のみたらしをたっぷり絡ませ、お店の脇で戴きます。
みよしや(みたらし) みよしや(きなこ)
人混みの中で落ち着かないけど、ここではアリかな。
お持ち帰りだと、竹皮に包んでくれるのも情緒あります。

どっちが美味しいの?なんて野暮な質問と店内の写真撮影はやめましょ。
大女将に叱れてる方多いですよ…(汗

店名   みよしや
TEL    非公開
住所 京都府京都市東山区四条通大和大路西入ル廿一軒町226
営業時間 17:00~ 不定休


PageTop

たま木亭

京都で仕事をしていた頃、会社の人や知人に勧められた黄檗にある有名なパン屋さん
今や大人気となり全国でも有数の人気店。

たま木亭
看板
駐車場も普通車3台・軽自動車1台と狭く、いかにも見た目は町のパン屋。
小さな店内に所狭しとパンが並べられ、店内は活気に溢れています。
奥にある工房で職人さんたちが、焼きたてをどんどん追加されています。
   
焼きたてを中心に購入してみました。
ミニクロワッサン・チョコクロワッサン・クリームパン・クニャーネ・ベーコン&じゃがパン・丹豆フランス。
持ち帰ったパンは焼き立てのせいもあり車中は芳ばしい香りが漂います。

バニラビーンズたっぷりのカスタード、パン生地はしっとり。
ミニクロワッサンは外サックサク中はモッチモチでバターの風味は優しい感じ。
   
チョコクロワッサンには栗がみっしりと詰まってます。
パリッとした生地に、ほっこりした栗の食感。
とっても甘いですが、深煎りの珈琲には合いますね。
クニャーネ  丹豆フランス1
レジ横に無造作に積まれていて、注文を受けてからクリーム入れてくれるクニャーネ。
コルネと違ってサクサクの生地は焼き立てでその場で食べるのがベスト。
これはお勧めかな。

ハード系で買ってみた、丹豆フランス。
大粒な黒豆と練乳クリーム、バケットの3つが絶妙な程、合います。

ベーコンパン
ごろりと大きくカットされたブロック状のベーコンがたっぷり。
程良い塩っ気と黒コショウが良い感じで存在感たっぷり。
もっちりとしたパン生地相性いいです。

2010年に入ってから非常に混み始め店内の撮影は禁止になり取り置きも曜日によっては不可になりました。
人気が出ると仕方ないかな。

久々訪問するとメロンパンの甘い香りが漂ってました。
誘惑の匂いにやられ、購入することに。

運良く揚げたての状態をすぐ購入できた、カレーパンは生地はもっちりと食感も良く、
柔らかく煮込まれた牛すじがたっぷり入り味に深みがありました。
脂っぽさが気になるところですがその場で食べると問題なし。
カレーパン 長崎メロンパン
長崎メロンパンは表面の砂糖の甘さに中のチーズ?の塩っ気が効いてるせいか甘味が増して絶妙な味わいで面白いですね。  
硬バター、焦げパン、パンドミ、めんたいフランス、パンドミ。
他に、丹丹フランス、厚切りベーコンは前回、買って好きだったので購入。
パンドミ 焦げパン 
焦げパンは商品名通りに焦げっぽいながらも、1口食べると止まらない食感。
でも再購入はないかな。

硬バターはオーブンで温め直すと中はアツアツのバターがとろりと溢れ出ます。
かなりカロリー高めですがパン生地が美味しいですね。
めんたいフランスは、あられをまとった見た目の可愛さとは対照的に中にもサンドされ程良い辛味が普段食べる、めんたいフランスとは別物で好印象。
堅焼きバター ベーコンぱん・めんたいフランス
初めて食べた時の感動は薄れつつも、食べると納得してしまうハード系の惣菜パン。
ここでは、その場で戴くクニャーネ、油分が強いけど定番の分厚くカットされたベーコンパン、あと丹豆フランスが好みです。
全部が好みに当て嵌まるパンなんて、どんな店でも有り得ない訳で、
この辺は自分好みのパンを見つけて購入するのがベタですね。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。