りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三田屋 くずは店

関西に行く度にお世話になってる友人の両親と仲間内で食事に行くことになり、
肉が食べたいというリクエストを受けて、車2台に分かれて7名での訪問。
能舞台があることで有名なステーキハウスまでは遠いので、三田屋くずは店へお邪魔しました。
看板 外観2
僕が初めて関西で訪問したステーキのお店でもあります(笑
かれこれ8年以上ぶりかも…

何かとお祝いがある時には使用してるらしく店の方と顔馴染みのせいか、フレンドリーな対応です。
メニューを眺めることも無く、親父さんの鶴の一声「 いつものヘレ頼んまっ!」で
ヘレステーキコース(5670円)をお願いしました(笑
店内
水菜とレッドオニオン、トマトのグリーンサラダには至って普通ですが、
ハムのオードブルが愉しみの一つのお皿です。
激選した豚ロースを2週間程、塩漬け、熟成、ボイルの後に
桜チップと珈琲豆をブレンドした物で燻製させるそうです。
芳ばしい香りするハムの中央に色鮮やかなオレンジの三田屋特製のドレッシングに下にはオニオンスライス。
ハムにスライスされた玉ねぎとドレッシングを挟んで戴きますが、ビールに合うんですよね。
ハムのオードブル サラダ
甘辛く炊かれた牛肉しぐれはご飯が進む味で〆に少しだけ残しておくのが友人宅ではルールです(笑
マグに注がれたコンソメスープは、至って普通かも。
スープ 牛肉時雨
そして注文したヘレステーキには玉ねぎ・ニンジン・三度豆・ジャガイモが添えられ、
いつも以上にガーリックスライスがたっぷり乗せられていました。
ヘレステーキ
普段でしたらサーロイン!って感じの自分ですが、問答無用のヘレで統一。
箸で持ち上げる時に解る程、柔らかいヘレは歯が要らないほどです(笑
塩胡椒も程良く、ガーリックが効いてますが、肉の味が損なわれることなく美味しく戴けました。
何より、熱々の鉄板で運ばれてくるのでお好みの焼き加減で戴けるのも嬉しい。
お好みで戴きます
肉→ご飯→肉→肉って感じで食べ進めて途中、鰹梅で箸休め。
どちらかと言えば部位の種類を数多く食べる焼肉派ですがたまに戴くステーキも肉を食べた!
って感じが満足度が沸いてきます。

デザートは既製品のような蕨餅ですが、きな粉たっぷりで黒蜜がかかり
モッチリした物なので美味しい(笑
蕨餅 抹茶アイス
もう一つのデザートは珈琲・バニラアイス・抹茶アイスの3種が選べるので
抹茶のアイスを選択。
これもまた何処でも戴けそうな物ですが、濃厚で口の中はさっぱり。

大勢でワイワイやりながらの食事は、やっぱり愉しく旨いなぁ…
で、やっぱり肉が好きだと自覚(笑

国道沿いの店舗でシチュエーションが微妙な所にありますが、
店内はシックで落ち着いた雰囲気でゆっくり食事ができました。

店名 三田屋本店 くずは くずは店
TEL 075-983-4848
住所 京都府八幡市八幡水珀18-9
時間 平日11:30~15:00、 17:00~22:00 (L.O 21:00)
   土日祝11:30~22:00 (L.O 21:00) 
定休日 なし


スポンサーサイト

PageTop

姜々亭

東寺というと私的には、友人馴染みの焼肉屋がる場所というイメージ(笑
こちらを知ってからは年に数度、肉が食べたくなると訪問してます。
駅から住宅街の中を10分程歩いて到着。
その昔、「はら田」の店名で営業されていましたが世界的に流行った 狂牛病が原因で
突然お店を閉めてしまったようです。
しかし、熱烈な地元お客さんの声もあり、目立つことなく地道に営業されていたとか。
  
姜々亭
3165255.jpg 3165256.jpg 3165277.jpg
外観からして普通の一軒家ですが、行燈の小さな灯りが目印です。
玄関のドアを開け靴を脱いでお邪魔すると、友人宅に招かれたような気分です。
店内は6人掛け1卓、4人掛け2卓で無煙ロースター付きテーブル3つだけのこじんまりしたお店。
  
ふらっと観光客が尋ねるような場所ではないですが、
客筋は昔からの馴染み客や役所や企業のお偉いさんが多いような気がします…

いつも友人の予約で訪問していますが、初めて行かれるなら、
馴染みのお客さんと行くのが無難かも知れませんね。

お店を切り盛りしてる母さんは、忙しいのは勘弁とTVの取材を断る程…
タレントも店前で懇願したそうですが却下した話はお店で有名(笑
商売っ気ない母さんですが食に関しては拘りがあり、上質なお肉を格安で提供してくれる大好きな焼肉屋さん。
3165190.jpg 3165253.jpg
まずはビールで乾杯。
そして焼き肉の前にお刺身とキムチの盛り合わせを戴きました。
漬かり具合の良いキムチは僕には辛いですが後を引きずる美味しさ。
ほんのり甘口なカクテキを好んで食べてます。

そして待望の肉刺しは確かロースの上の部位で「かぶせ」の部位です。
間違ってたらごめんなさい…(笑
サシも適度に入り、高級店と遜色ない肉刺しを一口頬張ると、上質な脂が溶け程良い噛み応え。
タン刺しはやや厚めにカットされあっさりとした旨み。
レモンを掛けてさっぱり戴きました。
チューブ式の山葵で戴くのは御愛嬌かな。
3165279.jpg 3165194.jpg   
レバーは角の立った鮮度の良い物が使われているので毎回オーダー。
生臭さなどは無縁でコリっとした食感でミルキーな味わい。
特製の胡麻油タレで戴きました。

余所のお店だとあまり頼まないのユッケですが、
理由は甘いタレと黄身を絡ませるとその味わいしか感じられないので…
しかし、こちらのお店は肉質自体がとても柔らかく赤身肉の旨みがタレに劣ることも無く、
大きめに短冊切りされ食べ応えあるものです。
3165160.jpg 3165161.jpg 3165162.jpg
刺身類を食べ終える頃にタイミング良くタン塩とステーキ肉の登場。
分厚くカットされたサーロインは食べ応え十分。
ちなみに取り扱ってるお肉は国産の黒毛和牛雌2歳のみ。

霜降り具合も素晴らしく脂っぽい印象ですが、全くそんなことなく
上質な脂が口の中でさらりと蕩けだしてきます。
しっかり脂を落として食べるのも良いですが、僕は軽く炙って食べるのが好きです。
3165163.jpg 3165191.jpg
他のお肉では上ロースの写真がないけど、こちらもお勧めです。
それと私的には厚めに切ったタン元が好きですが、
お値段を考えたらこちらのタン塩は繊細な味と香り、 そして柔らかな食感がいい感じ。

ローカロリーでロースなどに比べてサシが少なくヘルシーな「ハラミ」
「天肉」(ツラミ)は顔の部位。
焼き鳥の首の部分と同じように、よく動かす部分なので味が濃厚。
どこのお店でも安いし最近、好んで食べています(笑
味付けされ仕込まれたタレは甘すぎず、肉本来の味を崩さないのもこちら姜々亭が好きな理由。
3165164.jpg 3165192.jpg
他にホルモン盛り合わせとウルテを注文。
ウルテは気管(喉)の軟骨の部位。
丁寧に隠し包丁が入って食べやすくなっています。
コリコリと強い歯応えでしっかり目に焼いていただきました。

途中、サプライズがあったりで、お店の母さんに感謝。
そして馴染みのお客さんとの会話も楽しく、友人宅で食べ飲みしてる雰囲気がこちらのお店の特徴でもあります。
3165275.jpg 3165276.jpg
〆はテールスープではなく、カルビースープと石焼ビビンバ。
どちらも量目たっぷり、具沢山で濃厚スープ。
熱々の石焼ビビンバはおこげのカリカリがいい感じ。
残すことなく、完食です。

京都の高級店や近くには「ますいち東店」など人気店も美味しいですが
私的には値段も手頃で肉を食べた!という満足感があり、いつお店に行っても
切り盛りしてる母さんとの会話も楽しく気持ちよく食事が出来て好きなお店です。

店名 姜々亭
TEL 非公開
住所 京都府京都市南区西九条開ケ町54

PageTop

グルメリア但馬 宇治店

初めて伺ったのは、もう10年近く前のこと。
友人に誘われ大久保へ。
駅から徒歩で15分と言われたけど、真夏に坂道を歩くのは正直しんどい。
けど、その後のビールを呑むことを思うと足取りは軽やか。
単純な頭で良かったと心から思う…
ですが、暑さに身体が拒否。
結局はワンメーターで涼しいタクシーの中に滑り込んで
冷たいビールを喉に流し込みました(笑
グルメリア但馬 宇治店
看板
その時は夜訪問で友人の御馳走で特撰ロースのコースを戴きましたが、
わらじ程のどでかいサーロイン肉が出てきて驚いたなぁ。。。
何せ、貧乏育ちだったせいもあり肉と言えば鶏・豚・羊がメインでしたから。
お腹一杯食べて美味しかったイメージが残っていたので、暫くぶりに三室戸寺で紫陽花を見た帰りに
ランチの予約をして店内へ。

場所柄、駅からも遠く行き難いのですが週末は半分以上、席が埋まり
お得なランチは人気あるようです。
高見牛のたたき  上盛り合せ(ロース、上モモ肉、赤身)
伺う前に予約していたので仕切られた個室へ案内されました。
この日は得々コース(1890円)を注文。
高見牛のたたき、上盛り合せ(ロース、上モモ肉、赤身)
これにミニサラダ・焼野菜・漬物・ライス・デザート付きです。

追加で内臓系を食べようと、上ハラミ・てっちゃん・店員さんに薦められたアギ(顎)の3種をオーダー。
上ハラミ  アギ(顎)
柔らかく脂が甘いハラミ、てっちゃんの質も良かったですが、
印象に残ったのは歯応えに特徴のあるアギの食感が珍しく美味しかったです。
〆のコーヒーは好みの味わいとは全く違い、デザートのチョコアイスは既製品のような感じですが、
かなり濃厚で焼肉の匂いが口の中で消えてすっきり。
珈琲 デザート
無煙ロースターなので煙を被ることなく匂いを気にしにで戴けるのはありがたいし、
昼から焼き肉&ビールってちょとした贅沢気分(笑


店名 グルメリア但馬 宇治店 (グルメリアタジマ)
TEL 0774-43-1129
住所 京都府宇治市広野町桐生谷28-5
交通手段 新田駅から608m

営業時間 [月~金] 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~24:00(L.O.23:00)
[土・日・祝] 11:30~24:00(L.O.23:00)
定休日 水曜日
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。