りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

岩さき

2011 7月

5月の訪問時に予約を済ませ、今回はお昼にお邪魔した岩さきさん。
いつものカウンター席でなく奥にある個室を利用です。
靴を脱いで入るとL字カウンター5名ほど座れる掘り炬燵の席。
2011 7月 外観 2011 7月 個室
まずは冷たい麦茶を飲んでしばし、御主人・女将・大女将を交え談笑。
ピーンと気が張り詰めた店内ですが和やかなムードとのギャップがまた心地よい。
ビールをお願いしてまずは乾杯、この日は昼8000円のコースでお願いしました。

先付けには、帆立・車海老、水玉胡瓜・大徳寺麩・白木耳・酢どり茗荷を添えた黄身酢和え
2011 7月 先付 2011 7月 先付け(帆立・車海老、水玉胡瓜・大徳寺麩・白木耳・酢どり茗荷を添えた黄身酢和え)
大女将の漬けた梅酒にシロップを合わせた、ひつこくない甘さの食前酒です。
夏らしくあっさりと戴けます。
どの食材も食感、歯触りに特徴あり綺麗な味わいでした。
この日は午後から予定があったので呑みたいのをぐっと抑え冷酒は我慢です(笑

向附は手前に縞鯵、奥に
添えられた茗荷・カイワレ大根に水前寺海苔に本山葵で。
P1190060.jpg 2011 7月 向附
薄造りですが今回戴いた鯛旨みは前回に比べ気のせいか弱かったかも。
しかし添えられた薬味を身で巻いて戴くと、味わいがぐーんと広がるんですよね。
自家製ポン酢で戴く鯛は美味でした。

椀物は季節の定番である、鱧の吉野打ちと引き上げ湯葉の椀
P1190065.jpg 2011 7月 椀物
器も素晴らしく中に咲く鱧の牡丹花が見事でした。
うっすら薫る柚子に吸い口は淡く、昆布鰹の合わせ出汁に鱧の味わいの余韻が長く、溜息が洩れてしまう美味しさ。
使われた鱧も身厚で立派な物でした。

焼き物には夏が旬である鱸の油焼き、添えられた万願寺とうがらし。
2011 7月 鱸の油焼き
乳白色に焼かれた鱸は脂の乗り具合も程良く、かぼすをギュッと絞ると身は甘さを引き立てます。

凌ぎに用意された、湯掻き立ての秋田の稲庭うどん
2011 7月 稲庭うどん 新もずくと
水で〆たものに、新もずくをお出汁でつるつると。
ひんやり冷たいお出汁には卸し生姜も効いて、喉越し滑らかの稲庭と新もずくが心地よく胃に収まります。
お出汁は割としっかり目ですが後を引く夏の岩さき名物です。

続く此方も季節の名物である鮎鍋
2011 7月 鮎の鍋 2011 7月 鮎鍋
針生姜、三つ葉、車麩に塩焼きした鮎を骨抜きした後すぐに鍋に投入するそうです。
ふっくら焼かれた鮎は香ばしさと腹の苦味も良く生姜の風味とお出汁が絶妙な按配です。

鮎鍋がこんなに美味しく戴けたのは初めての体験。
季節柄、夏の京都は焼き物に鮎が多く出るので鍋で戴くのは嬉しいですね。
女将の計らいでたっぷりお出汁を注いで貰い、針生姜で身体が温まる嬉しくなるお鍋。
来年も是非、戴きたいお鍋になりました。

網焼きした近江牛のイチボは鰹出汁の効いた土佐醤のおろしで。
2011 7月 イチボ おろし土佐醤油で 2011 7月 イチボうまっ!
表面を軽く炙ったイチボからの旨みに良質な脂をかぼすを垂らしさっぱりと。
久々、旨い肉を食べた気がします。

そして食事は美味しい炊き立ての艶やかな白飯を。
2011 7月 お食事
この季節でも米の旨さが解る御主人の父が作る丹波米が御馳走になります。
そこに大女将の拵える鼈ちりめん、香の物に山椒の効いた赤出汁でご飯が進みます(笑

他の店では、お代わりはしないのですが、此処だけは別なんです。
いつもより多めに炊きましたよ!って嬉しい配慮まで(笑

水の物は作りたての黄粉を塗した蕨餅西瓜キゥイ
2011 7月 水の物

温かいお茶をいただき、しばし女将さんと談笑。

この日も、鼈ちりめんを3袋お願いして御土産に購入しました。
半生なので日持ちはしませんが、茶漬け・おにぎりにも合いますね。
また一風変わったちりめんを試作中とのことで出来上がりが楽しみでもあります。

お会計を済ませこの日も丁寧にお見送り戴きました。
次は運次第ですが、松茸・鱧・鮎の重なる月に伺おうと考えてます(笑

店名 岩さき (いわさき)
TEL 075-212-7800
住所 京都府京都市中京区釜座通御池上ル723
時間 12:00~14:00 18:00~21:00
定休日 日曜日


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

手打ちうどん 香の兎 (かのう)

朝起きて事務所に仕事の行って段取りを済ますと
急遽、岡崎まで材料を届けてくれと関係無い仕事を押し付けられ…

12時は戻ってくれば良いので気楽な物です。
気分はドライブ(笑)、走ること1時間ほどで、仕事の半分を済ませ時計を見ると10時過ぎ。
せっかく岡崎に来たのだから久々に、鰻のはせべで行きましょうと考えるも時間的に合わない…
行ってみたいCafeがあるけど、連れのおっさんを引き連れて行くのも厳しい(笑

携帯を検索してヒットしたのが手打ちうどん 香の兎さん。
外観
営業時間が7:00~15:30までと香川っぽくこの岡崎の地で7年ほど営業なさってます。
10分程車を走らせ店まで目指し、駐車場に止めていざ入店。

マンション1階にある店舗の中に入ると
カウンター5席にテーブル3卓、奥の小上がり3卓程の家庭的な雰囲気。
小上がりでは、お子さんが本を読んだりお絵かき中(笑
カウンター席は片付いていなかったので入り口そばのテーブル席で戴くことに。

メニューを拝見すると意外や豊富な内容。
ひやあつ、あつひやなどお好みでチョイスできるスタイルに加え
そして、小(270g350円)、並(400g450円)、大(540g550円)と選べる香川の讃岐スタイルです。

醤油(冷・小)に別皿でかしわ天をオーダー。
注文と一緒に支払いを済まし、10分程の待ち時間。
茹で立て〆立てが戴けました。
醤油 うどんUP
運ばれた丼ぶりの中には大根おろし、青ネギが先に投入されてます。
別皿で注文したかしわ天も一緒でした(笑

まぁ、細かいことはともかく醤油を掛け回しいただくことに。
やや太めのコシの強い讃岐うどんで美味しいですね。
難点を言うと饂飩の水切り、おろしの水切りが悪く底に水と卸し汁が溜まってしまい
絡めると醤油が薄まっちゃいました。
シンプルな生醤油は、そのまま戴きたいので予めお願いしたら良かったかもしれません。

かしわ天は揚げたて熱々で柚子の香りが良い感じですが
ジューシーさは無くパサついた身質でした。

同僚の選んだ、ぶっかけ(冷の小)
ぶっかけ
こちらも予め、青ネギ・天かすがトッピングされています
甘めのぶっかけ出汁が饂飩に程良く絡み良い按配。
一口戴きましたが、此方の方が小麦の甘さと出汁が按配良く合わさり好みでした。

食べ終えた後に、あつあつのかけ(小)・別皿でかきあげのトッピングを注文。
3分掛からず登場したのでこちらは茹で置きかな。
テーブルに運ばれてきましたが、丼ぶりの中にかきあげが乗ってる…
別皿でお願いしたけど通じなかったようです(汗

他にお客さんは居ないし、何故間違えるのだ~と心に思いつつ…
ごちゃごちゃ言うのは嫌いなのでまずお出汁を啜ります(笑
かけ(あつあつ) かきあげ
いりこの風味が程良く効いた濃いめの出汁に、うどん自体が美味しいのでこれもまたするすると胃に収まります。
かき揚げは玉葱と南瓜に人参の三種の野菜。
サックリした食感を勝手にイメージしていましたが、しんなりとしたタイプ。
食べ進めるとお出汁に油が浸み渡り自分の好みと掛け離れて行く。。。

お値段はトッピングを追加すると一般店なのでそれなりですが、地元で7年の営業は伊達じゃないですね。
愛知県でで本格的な讃岐を味わえるお店は少ないので貴重ですね。

香川のお店で戴くような、どこか懐かしい家庭的で生活感がある店内でいただく空気も良いのですし
うどん店なので行き届いた接客など求めませんが、私的には清潔感が無いお店は苦手です。
テーブル席の手垢やメニューの汚れが気になりました…

他のブログを調べてみると、修業先は某製麺所ということが解り、納得。
茹で揚げにあたる率が少ない某店ですが、茹で置きも十分美味しかった記憶があるので
香川に讃岐巡りした時は、もう一度立ち寄ってみようかと思います。
サービス
この日は、歴史的な一日で、なでしこJAPANが優勝をしており、
店の計らいで女性限定かぼちゃ天をサービスしていました~

店名 手打ちうどん 香の兎 (かのう)
TEL 0564-26-2033
住所 愛知県岡崎市井田町字4丁目-209
時間 7:00~15:30
定休日 不定休

PageTop

宇治丸久小山園 西洞院店 茶房 元庵

お昼を釜座通にある和食店で済ませた後にテクテクと歩き向かった先は、
宇治丸久小山園 西洞院店 茶房 元庵さん。

宇治に通勤していた頃、工場の前をよく通っていて地元の同僚から帰郷の際には
土産に玉露、煎茶など手土産に戴き美味しさに驚き、
2008年8月オープンの当時、訪問すると混み合って入店を諦めたこともあり
久々の訪問に楽しみにしてました。
2011 7月 2011 7月 外観
創業300年と元禄年からある京都らしい老舗であり、抹茶の質の高さでは定評あるお店です。
直営店は趣ある外観に合わせ店内はこじんまりと落ち着いた雰囲気。
2011 7月 グラスも綺麗~
入口左手にお茶・茶菓子などの販売、奥にはテーブル席が2人掛け5卓、
さらに奥に茶房のスペースもあり抹茶や玉露をはじめとする煎茶、ほうじ茶の他に、
お茶を使ったスイーツなど戴くことが出来ます。
2011 7月 お庭 2011 店内
伺った時間が良かったせいかお客さんは一組。
大きな窓から風雅な庭を眺めれる席に着きメニューを拝見。

友人は、抹茶「長安」の濃茶と和菓子のセット(1500円)。
2011 7月 濃茶・和菓子のセット 2011 7月 和菓子
4種の和菓子を席で選んだ後に点てられた濃茶の登場。
夏らしく涼しげな和菓子を戴いたのちに濃茶を一服。
力強い抹茶本来の苦味をお手軽に体験できることに加え、2杯目を薄茶を点てて貰えます。
2011 7月 濃茶 2011 7月 薄茶
自分は抹茶のロールケーキセットを注文(1100円)。
グリーンティーを戴きました。
冷たくひんやりと上品なグリーンティーは飲み口が爽やか。
2011 7月 抹茶ロールセット 2011 7月 抹茶ロールケーキ
人気の抹茶のロールケーキは甘過ぎず、抹茶の風味はさほど強い訳では無く、
上品でさらりとしたクリームの口溶けに合わせたのか、生地はシフォンのやや硬めのような弾力感。

味わいは好きだけど生地を含めたバランスを考えると好みとは少々違いました。
この辺は人それぞれですね。
お茶に合わせてロールケーキを戴くなら、御室さのわが好みかな。
2011 7月 玉露 2011 7月 玉露 (2)
時間があったので、お茶好きの友人は玉露(1000円)、自分は玄米茶(550円)を追加。
最初の一杯目が特に美味しい玉露の味見をしたら、美味しくて飲み干してしまう失態(笑
一煎目~三煎目と温度を上げることで風味も変わり愉しめますね…

玄米茶は特有の芳ばしさに加え、茶葉のまろやかな味わい落ち着きました。
2011 7月 玄米茶
会計前にお手軽に戴けるティーバック式の煎茶とほうじ茶を自分用に買い上げ~
友人は実家用に雲鶴と長安の2種、20グラムを購入。

普段、珈琲ばかりの日常ですが(笑)たまに戴く、日本茶の美味しさに改めて感心しました。

店名 丸久小山園 西洞院店 (茶房 元庵)
TEL  075-223-0909
住所 京都府京都市中京区西洞院御池下ル西側
時間 [店舗]10:00~18:00 [茶房]10:30~16:30(L.O.)
定休日 水曜日(祝日は営業)・正月三ヶ日

PageTop

Clementia(クレメンティア)

京都在住の友人に誘われ丸太町へ。
お昼を一緒に食べる約束をして、向かったのは酒BAR よらむさん、御料理 光安さんのそばにある
Clementia(クレメンティア)へお邪魔しました。
2011 7月
当日は暑かったこともあり、まずはスパークリングとブラットオレンジで乾杯。

店内は白を基調とした作りで清潔感ある空間。
奥には壁で仕切られた4人掛け1卓、カウンター8席程度、
入口手前に2人掛け1卓テーブルで鰻の寝床のような店内です。

友人の予約でカウンター席に座る予定でしたが空調が悪い為、入り口前にある
テーブル席で戴くことになりました。
2011 7月 ブラットオレンジ 2011 7月 白
まずは、泡とブラットオレンジで乾杯。
メニューを拝見すると手打ちバスタがウリのようで嬉しくなります。

昼のランチメニューは前菜の盛り合わせ、トスカーナ風のパン、デザート付きで
1600円~からありメインは3500円に料理によっては追い金する感じです。
2種のパスタ以外にお勧めと言われたパスタとメインも別料理が出来ると聞いて
メインをシェアしていただくことに。
2011 7月 Antipasto 2011 7月 パン
前菜はお皿一杯に盛られ登場。
海老の風味がするグリッシーニをポリポリと。
小さなカップにはオレンジムースとヨーグルト
菜の花が苦味がアクセントのカナッペに、バジルの風味豊かな鰆のカルパチョ
コンポートされた甘いトマトに茄子・人参・万願寺・赤パプリカ、
鮮度の良いサラダに合わせたドレッシングはすっきりした酸味が効いて美味しいです。
2011 7月 本日のスープ 2011 7月 フォアグラプリン
友人はデザートと勘違いしてファグラのプリン(450円)を(笑
一口戴きましたが口当たり滑らかなプリンのようにやや甘めでカラメルの苦味が強く、
フォアグラの濃厚な味わいが舌に残り、ワインの肴にいいかも。

スープは茄子の冷製スープでした。
程良い塩っ気で茄子の甘さはあっさりと涼しげな一品でした。
2011 7月 アスパラ・生ハムのトマトクリームソース(タリアッテレ)
パスタは手打ちのタリアッテレを使ったアスパラと生ハム・トマトのクリームソース
軽めのトマトクリームソースに絡んだ幅広目のパスタが絡みます。
小さなことですがアスパラの火入れ加減がよくシャキシャキで歯触りが、心地よいものでした。
プチプチと歯切れのよい食感のタリアッテレでした。

もう一皿のパスタは渡り蟹の手打ちパスタは追加料金だったかな。
メニューにありませんでしたが、用意出来ると聞いてオーダーしましたが、
一匹そのまま使用して豪快に登場(笑
2011 7月 渡り蟹のパスタ
蟹はそのまま手掴みでガブリと戴くことに。
食べにくいけど、お店にあるとつい頼んでしまう大好きなパスタです。
殻用の皿を用意してくれましたが、手拭き用のタオルもあると良かったかな。
もっちりした太いパスタはウンブリケッリかな?
饂飩のような食感で渡り蟹のエキスとトマトの酸味を吸い込んで良い感じです。

皿を交換してシェアして戴きましたが、最初からシェアして出してくれる心遣いがあると嬉しいですね。

メインは、やんばる島豚のフェレが切れてしまたようで、差し替えのお皿に選んだのは、
お腹にハムの腹巻を捲いた丸ごと鶉のローストを。
2011 鶉のロースト 2011 7月 鶉ロースト
綺麗な焼き上がりで、お腹の中には香草が効いたリゾットが詰まってます。
ソースの名前は失念(汗
甘めのコクのあるソースが鶉の旨みを引き立てます。
テーブル席だったこともあり手掴みで戴き骨だけ残して綺麗に完食(笑

デザートにはシンプルなミルクジェラートに酸味ある苺のソースが掛かったカタナーラ。
食後のエスプレッソとパックで戴くカモミール。
2011 7月 デザート 2011 7月 ハーブティー
入口の看板には本日満席の札が掛けられていたように、飛び込みのお客さんは断られていました。
カウンター席は常連さんの笑い声で賑わっていたのを思うと、
調理場を見渡し、シェフとお話しながら戴くと一段と食事も美味しいだろうと思わす雰囲気。

お会計(諭吉1枚/2名)を済ませるとオーナーシェフから、
一杯食べられ飲まれ、有難うございます!と(笑)挨拶に来られ少しだけお話し。
実に誠実で魅力ある方でした。
外まで出向いて姿が見えなくなるまで見送ってくれるのは洋食では初めてかも。

2度目の来店の友人曰く、夜の方が酒呑みの僕には愉しめるよと一言…(笑

夜に機会を見つけて伺いたいと思います。

店名 クレメンティア (Clementia)
TEL 075-231-5606
住所 京都府京都市中京区間之町通二条上ル夷町572
時間 [火~土]11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~22:30(L.O.21:30)  
[日・祝]12:00~15:00(L.O.14:00) 18:00~22:00(L.O.21:00)

PageTop

一汁五穀 KUZUHA MALL店

モール内で食事しましょうと言うことで
お昼すぎに行くと人気店は暑い中でも行列が出来てます…

んじゃ、空いたお店でちゃっちゃと済ませましょうと向かったのが一汁五穀 KUZUHA MALL店さん。

羽釜で炊いたご飯に、国内産原料の味噌・醤油を使用してスチームオーブンを使った料理など
女性が好みそうなヘルシー系和食店です。
2011 6月 看板 一寸 五穀
店内に入ると人の良さそうな店員さんに窓際の席に案内されメニューを一眺め。
意外とメニューが多く、魚の定食にしようか思ったけど、肉食系おっさんなので、
人気メニュー?のチキン南蛮と迷いつつ、ヘルシー唐揚げ定食(980円)デザート無しにして
白飯を五穀米(+105円)で注文です。
待つこと10分少々でテーブルに運ばれてきました。

唐揚げはスチームオーブンで調理されてるので脂っぽさはないけどジューシーで、
大根おろしにポン酢を掛けてさっぱりと戴くことができました。
2011 6月 ヘルシー唐揚げ定食 2011 6月 ヘルシー唐揚げ定食 (2)
キャベツのサラダは和風ドレッシングでは無く何故がフレンチドレッシングっぽいもの(笑
お味噌汁は田舎味噌でしっかりした味付けで自分には塩分高めに感じました。

白ご飯は評判が悪いようですが、肝心の五穀米は特に可もなく不もなく戴けました。

ファミレスで和定食を食べた印象です。
担当の人によって変わるのか解りませんがサービスも特に問題も無く、
水を入れてくれたり普通でした。

食後の後はデザートを食べに~って、行動を移してしまうと結局はヘルシーな食事も台無しですね(笑

店名 一汁五穀 KUZUHA MALL店
TEL 072-850-5521
住所 大阪府枚方市楠葉花園町15-1 DINING ST. 1F
時間 11:00~23:00

PageTop

中善

7月訪問

汗だくで首にタオルを巻いてタクシーに乗り込み(笑)、
待ち合わせ場所の中善さんへ
友人も京都入りするということで一緒に食事する機会に恵まれました。
ビールで乾杯して楽しみにしていた御料理が登場。
2011 7月 先付け(雲丹豆腐) 
先付けには、丁寧な仕事が一口食べて解る雲丹豆腐
たっぷりと使用した雲丹の薫り高い一品でした。
2011 7月 向附 明石天然鯛・縞鯵 2011 7月 縞鯵!
向附けの一皿目には今年はズッキーニを器代わりに涼しげさを演出し、
中には明石の天然鯛縞鯵が。
厚めに造られた縞鯵はゴリっと嬉しくなる歯応え。
鮮度の良さに加え上質な脂が舌の上で溶けていく所にサラリと冷酒を流し込む至福の瞬間。
鯛も相変わらず上質な物です。
2011 7月 蒼空(夏バージョン) 2011 7月 立派な鮑です
目の前では大ぶりな(600g)、そして活〆された鱧はピクピクと身をのけ反る鮮度の良い物。
ザクッサクッっと心地よい骨切りの音が店内に響き渡り、目が釘附け。
店内のBGM代わりと言った感じですね(笑
2011 7月 向附け 2011 7月 鮑・鱧 焼き霜
二皿目の向附けには土佐醤油・鮑の肝醤油・梅肉をお好みで。
定番の食べ方で充分過ぎるほど旨いのだけど、磯の風味豊かな鮑は梅肉も合うし、
焼き霜に肝醤油も面白い食べ合わせ。
ただただ美味しく、顔は綻ぶばかりで友人の笑顔が今でも思い浮かびます。
2011 7月 渡船 2011 7月 鮑の紐
そこに先程の鮑の紐の部位を軽く揚げ散り柚子された小皿。
追加で冷酒を注文です。
夏はきりっと辛口の冷酒のラインナップで、お酒が進みます…

続いて蓋物には豚の角煮のアンデス芋餡かけ、中に冬瓜、三度豆(いんげん)
去年も戴きましたが味の浸みこんだ柔らかい豚と冬瓜は堪りません。
2011 7月 豚の角煮 アンデス芋・三度豆 2011 7月
そこに目の前でピチピチの鮎のお披露目、そして串打ちされ焼き上がる間に
粋な団扇の器で供された八寸の登場。

黄色の小鉢には瓜と大徳寺麩の胡麻和え
商品登録されてることもあり大徳寺麩と言えず、一般的には利休麩と言わねばダメだとかなんとか。
瓜の歯触りに、麩のもっちり感、胡麻の風味が上品です。
2011 7月 小鼓 緑 2011 7月 八寸
蛸の子の炊いたん鮎の甘露煮枝豆薩摩芋のサフラン煮・瀬戸内のガラ海老は素揚げで戴き、
美味しい鱧寿司!に煮凝りは鱧の子と鱧の浮き袋とあと何だっけ?(笑
生姜がピリリと鯛の酢〆を引き立てた水玉胡瓜でどれも印象深く、
酒呑みには有り難い八寸でもあり、お酒の呑まない友人2人も美味しく戴けたようで大満足。
2011 7月 勇ましいですねー 2011 7月 焼き物 若鮎
焼き物は、熱々のお皿に焼かれた若鮎の勇ましい顔をパクリと戴き
御主人から面白可笑しく為になる話を聞きながら戴きました。
割烹店ならではの楽しみでもありますね。

涼しげな器に入った酢の物万願寺唐辛子に茗荷の甘酢のジュレ掛け
口の中リセットも出来て美味しいのだから溜まりません。
2011 7月 酢の物 2011 由良産雲丹 赤穂の塩
そこにお凌ぎの用意が目の前で始まります。
シャリの上にたっぷりと由良の雲丹を乗せたお寿司。
由良は赤雲丹ですが北海道産とはまた違う磯の香りで、どこかしら栗の風味がする上品な雲丹。
名残惜しむように皆、口に運びます(笑
添えられた赤穂の塩で戴くのも甘さが引き立ちますね。
2011 7月 ○鍋 2011 7月 鯛のお頭 酒蒸し
続くお鍋は御主人の御好意で2種の鍋を用意して貰うことになりました。
一つは夏の風物詩でもある○鍋を。
ぐつぐつと煮立った鍋から生姜と醤油の甘い香りが漂いシンプルな出汁ですが力漲るお鍋です。
もう一つは3キロサイズの鯛のお頭の酒蒸し
身の厚いほっぺを突き、下顎から片っ端にチューチューです。
骨だけが綺麗に皿に残し完食!食べ応えもあり美味しかった~
2011 7月 鱧の炊き込み 2011 7月 とろろの味噌和え
7月の炊き込みは山椒を散らした鱧の炊き込み
梅雨明けで暑さもあり赤出汁から御主人出身の大原で作られた田舎味噌を合わせた味噌とろろ。
そのままでも、鱧飯に掛けて戴いても絶品でした。
夏の京都は鱧料理が多いけど、飽きがこない工夫され香り物も美味しく戴きました。

水物は和皿の乗られた手作りケーキ
お弟子さんが頑張って拵えたのかな?
2011 7月 水の物 ケーキ
この日は集まった4人のうち7月生まれが3人居たこともあり事前にお願いした物なので、普段の水物とは違います。
ミントを散らしバナナのリキュールに桃・すもものコンポート、中は夏ミカンの手作りケーキ
生地しっとり、クリームはあっさりと美味しいケーキで誕生日を祝うことが出来き感謝しています。

今回もまた、お腹一杯て食べて呑んで有意義な時間を愉しめました。
友人の言葉の中に、お腹の他に心も満たされ満足の一言に安堵の夜でした。


店名 中善
TEL 075-708-7519
住所 京都府京都市左京区北白川久保田町26
時間 17:00~24:00(最終入店23:00) ランチは予約のみ営業
定休日 水曜日


PageTop

Dessert Bar Krepe

以前gion ghostのあった井澤5FにDessert Bar Krepeが3月にオープン。
店内もほぼそのまま、明かりが広がる空間にはダンディーな男性が
午後の一時をカウンターでお酒を愉しまれてます。
外観
11時オープンですが普通のバーと違いお酒を利かせたアシエット・デセールに、
珈琲・紅茶、アルコールが戴ける空間は変わらず。

以前、人気のghostのスィーツはありませんが、私的にはアシエット・デセールに合わせ、
アルコールを愉しめる空間が気に行ってたので嬉しい限りです。

久々の訪問でしたが、お店の田端さんも覚えてくれていたこともあり
早速、メニューを拝見してこの日もアルコールをお合わせて貰いました。
ですがメニューを見るとホント迷うのよね…

定番のアクレットを使いソテーされたオレンジの香るクレープクレープシュゼットにしようか、
シロップとマッカランをたっぷりと塗られたホットケーキもそそりますが、今回は新規メニューを。

待ってる間は、カウンター目の前にある棚に目をやると中にはたくさんの
オールドバカラやルネラリック、華奢なシルバーのカトラリーなどに目が奪われ飽きません。
2011 6月 水出しアイスコーヒー
6月訪問時は水出しコーヒーを。
時間を掛けゆっくりと抽出した水出しを提供の前にシェーカーで振り空気を含ませる辺りはバーならではの出し方です。
カフェヴェルディ―の豆も変わらずで泡だてられた泡から上品な珈琲の香り、
すっきりとした一杯で喫茶やCafeでは体験できない切れのある味わいで旨いです!
シュー・ア・ラ・クレーム
シューの中には生クリーム、そしてチョコと至って普通ですがアモンティリャードを数滴、落として香りづけ。
下に敷かれたバニラエッセンスにシェリーの香りがとっても魅力的。
2011 6月 アモンティリャード(1990) 2011 6月 シュ・ア・ラ・クレーム
7月訪問時はファンダンショコラを注文。
目の前でショコラに霧吹きが始まり何だろうと思ったらベルタ(グラッパ)を惜しげも無くシュシューっと。
ナイフを入れると押すだけで切れてしまうほど柔らかいショコラがとろりと。
2011 7月 ファンダンショコラ 2011 7月
そこにまたベルタを数滴落とすとショコラの香りにベルタの香りが重なり、猫にマタタビ状態(笑
綺麗な見た目に香りが重なり優雅なアシエット・デセールでした。

余韻が長く続くよう合わせてくれたお酒は、今回はluceente2008を薦めてくれました。
お酒に疎い僕には嬉しいマリアージュを進めてくれるのは有り難い。
2011 7月 luceente2008 (2) 2011 7月 ベルタ 
以前のgion ghostの頃はスィーツ目当てのお客さんも数多かったですが、
この日は夕方のしっとりした落ち着きある雰囲気で大人の空間。
こっちの方が断然好きだなぁ…(汗
夜の限定メニューや他のアシエット・デセールも試したいと思います。

人それぞれですが、デセールの注文のみでドリンクを頼まないのは、
ある意味、失礼な気がするのは自分だけかな?
何故ってここはBarですから…

店名 Dessert Bar Krepe(デザート&バー クレープ)
TEL 075-532-2828
住所 京都府京都市東山区四条花見小路西入ル北側 井澤ビル5F
時間 11:00~23:00 ※20:00からはバータイム。
定休日 月曜日


PageTop

小多福

7月の京都滞在時、2度訪問。

花見小路を抜けお目当ての小多福さんへ。
今月は2度の訪問。
P1080221.jpg
友人や知り合いに食べて欲しくて、予め予約しておいた八種詰め二箱を購入。
その方が、間違いなく購入できるのと無駄な作り置きも無くお店にも良いかなって。

翌日、名古屋に帰る前に立ち寄りました。
二種詰め、四種詰め八種詰めをお好みで。
前日にお願いしたこともあり、取り置きしてもらいました。
2011 7月  好きな四種を 2011 7月 小多福
祇園祭の前の週でしたが店内には鋒も飾られ、お母さんとのんびりお喋り。
あまりの暑さにクーラーの前で涼んでいたら団扇なんかも戴いたりして。
2011 7月 メニュー
色鮮やかで見た目も愉しい、おはぎはお土産、お持たせに喜ばれます。
梅の酸味に餡子が絶妙の、青梅・梅は勿論、青海苔、白餡の優しい味わいはほっこりします。

木箱に詰めての発送も可能で、遠くは九州、北海道などのお客さんも増え始めたようです。
そんな自分も札幌の実家に発送をお願いしようと思います。

丁寧に拵え真心こもった、お婆さんのおはぎ、一度は食べて欲しい逸品です。


店名 小多福
TEL 075-561-6502
住所 京都府京都市東山区小松町564-24
時間 10:00頃~20:00頃
定休日 木曜日・第4水曜日
席数 カウンター7席


PageTop

スターバックスコーヒー KUZUHAMALL店

2011 6月・7月

樟葉で待ち合わせとなると、駅から近いのでつい寄ってしまうのが、
スターバックスコーヒー KUZUHAMALL店

この日戴いたの本日の珈琲をマグたっぷり注いで貰って
奥の席で本を読みながら待ってみたり。
2011 6月
翌月7月は暑かったので、電車に乗る前に立ち寄り、
季節限定のExtra Coffee Bitter Caranel フランペチーノをオーダー。
2011 Extra Coffee Bitter Caranel フランペチーノ
普段飲むキャラメルよりビターでほろ苦さが良い感じ。
サクサクのキャラメルのチップは私的には要らないかも(笑

そう言いつつも暑くなると急に飲みたくなるのよね…

店名 スターバックスコーヒー くずはモール店
TEL 072-836-3165
住所 大阪府枚方市楠葉花園町15-1 くずはモール1F
時間 8:00~23:00
PageTop

食堂 おがわ

名古屋で仕事の当日、ニュースで流れた梅雨明け宣言。
夏本番がこれから始まるかと思うとゾッとします…
仕事を強制的に終わらせ向かった京都は名古屋以上に蒸してるでありませんか。
こりゃヤバイと思って、すぐさま首にタオルをぶら下げてみたら、心地よくて手放せない…
格好なんか気にすることなく、外歩くときはずーっとお供になりました(笑

新幹線から地下鉄を二本乗り換えテクテクと待ち合わせへ向かったのは、食堂おがわさん。
いつものように20時過ぎの二回転目にお邪魔しました。
まずはビールを注文して乾杯。
お通しには焼き茄子のお浸し
冷たく上品な出汁に生姜が効いてしみじみ美味しいー
2011 7月 お通し(茄子のお浸し) 2011 7月 メニュー
蛸のてっぱいを肴に蒼空の純米を呑みながら注文をだーっとお願いしました
あとはのんびり呑みながら語りながら食べながら、まったりした時間を過ごすことに。
2011 7月 蒼空 2011 7月 蛸のてっぱい
この日の注文はお造りは、赤身の美味しいよこわと目の前でザッザッっと心地よい音を立て
骨切りされたの皮目を軽く炙った焼き霜は本山葵に酢橘塩で戴くと鱧の味わいに深みが。
途中、浅茅生をぬる燗で戴きました。
2011 7月 よこわ 2011 7月 鱧
椀物は柔らかく炊かれた白芋茎と茄子の餡かけ
塩加減が絶妙で和らぐ味わいに友人ともどもニッコリ。
美味しそうに食べていたからか、お隣さんから声を掛けられお話すると
友人宅地域の著名な方で親御さん同士も知り合いで驚きました(笑
2011 7月 ぬる燗(浅茅生) 2011 7月 茄子と白芋茎の餡かけ
焼き物には定番の鴨ハムを。
胸肉には無い腿肉特有の旨みとジューシーな脂が柚子胡椒と相性ばっちり。
出汁巻きは言わずと知れた焼き立てをハフハフと頬張ります。
2011 7月 鴨ハム 2011 7月 出汁巻き
初めて戴いた、うなぎ八幡が印象的でした。
カリッと香ばしく焼かれた鰻に新牛蒡の豊かな香り。
素材感溢れ意外や重くないので酒が進んで止まりませぬ…
2011 7月 富翁 2011 7月 うなぎ八幡
ほっこりした食感が癖になる小芋の揚げ物には散り柚子で。
鱧天はシンプルにお塩で戴きました。
2011 7月 小芋揚げ 2011 7月 鱧天
〆にお願いしたのは黒板メニューにあったじゃこチャーハン
もともと、賄い飯だったのを馴染みさんが食べ好評になり隠れメニューだったものです。
パラパラのお米に、たっぷりのあさつきとじゃこの塩っ気に胡麻の香り、
ふわりと馴染んだ玉子が絶妙な仕上がりの和風チャーハンです。
懐の深い、御主人の料理ですね。
添えられる漬け物も戴く度に美味しくて残ったお酒の肴になりました(笑
2011 7月 じゃこチャーハン
カウンター越しで御主人・奥さんとの会話も愉しく、何時伺っても満足いく食事が魅力のお店です。
また次回の訪問を約束してお店を後に。

ちょいと気になったのが新規のお客さんの会話がやけに耳についたかな。
女子3人組の大きな声での解せない世間話や、おっちゃん3人組で他店の話や料理の蘊蓄、ここでしなくてもいいのに(汗
御主人も、野暮な話ですいませんと気に欠けていました。
同席する方によって、居心地は変わります。。。

馴染みさんが多い店だけに店の雰囲気壊す真似だけはしたくないと改めて思いました。
(6月訪問時はお客さんの空気を読んで写真は撮りませんでした)

店名 食堂 おがわ
TEL 075-351-6833
住所 京都府京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町204 1F
時間 17:30~23:30(L.O.22:30)
定休日 水曜日、月末火曜日

PageTop

手打ちうどん かとう

京都を愉しんだ後のお楽しみのひとつに名古屋に戻ってきた際は、
饂飩で一日を〆ると勝手に決めて、いつもお世話になってる手打ちうどん かとうさんへ。
自分で言うのもなんですが、変わり映えしない選択ですが、好きなんだから仕方ない(笑

まずはおでんとビールの注文ですが、この暑さでおでんの売れ行きは落ちてるだろうなんて思ったら
売り上げ好調の様子でお昼にはほぼ完売で、最後の残り3つを戴くことに。
最後の残りは味が浸みこんで美味しいのよーなんて言いつつ突く訳です(笑
2011 7月 おでんとビール 2011 7月 今日は此方を
ビールで胃を整えた後は冷酒をぐぃっと。
かしわ天は試作の物を御好意で戴きましたが、鶏は名古屋名物のコーチンです。
旨過ぎます…
旨いけど、大衆ウケするかな?(笑
皮付きは噛みしめる度に味わい深く、これはルール違反だよ(笑
一般的には歯応えをどう思うか、微妙かもしれないのと、
採算合わないのと違いませんか~って言いつつも美味しく戴きました。

この日のうどんの注文は、ひやかけ(大盛り)
我儘な客の注文を聞きいれてくれる優しい御主人です。
綺麗な出汁の中にうどんがゆらゆらと。
2011 7月 ひやかけ(大)
ひや専用の出汁では無いので覚ました状態ではイリコの味が立った出汁になりますが、
味がとっても綺麗で黙々と饂飩を啜っては出汁を飲むの繰り返し。
美味しかった~
基本の出汁が美味しいのだから、間違いなく中華そばでも美味しいことでしょう(笑

肉汁つけうどん
牛蒡の風味に惜しみも無く、良い牛肉を使った肉汁はやり過ぎです(笑
もっと安っぽい(失礼)味わいかと思ったら、甘さが上品で肉の味が効いてます。
卸しのお店が良いだけにコスト掛かってると思われます…
2011 7月 肉汁 2011 7月 艶々です
改めて思うのは、いつも美味しい饂飩を提供してくれる若き御主人の心遣い、
そして丁寧な接客の女性従業員さんのコンビは見ていて気持ち良い物でした。

次は何食べようかな。。。(笑


店名 手打ちうどん かとう
TEL 052-485-9058
住所 愛知県名古屋市中村区太閤通3-26
時間 11:00~14:00 17:00~20:30
定休日 火曜日

PageTop

梅雨明け

去年の7月はタイミング良く2日あった連休を祇園祭に当てることができ、
食事も含めて良い思い出になりましたが、今年は前の週に京都入り。

金曜夜に名古屋から新幹線に乗り、西木屋町で友人と食事をして
翌日のお昼は烏丸で意欲的に食べ、お茶をしつつ新たな出会いに感謝し、
祇園に戻り、そこから北白川のお気に入りのお店まで飛んで友人と呑む(笑

翌日は丸太町でゆっくりした時間を過ごし、また祇園へと戻り、2日で何往復してんねん!
って叫びたくなるスケジュール(笑
でも、これが楽しかったりする訳で。
2011 7月
梅雨明けした京都はとても暑く移動する度に、大量の汗…
毎年、この時期は憂鬱であり愉しみでもあるのが不思議。
今年は、首にタオルを巻いて格好なんて全く気にしなかった(笑
2011 7月  好きな四種を 2011 7月 小多福
丸太町から祇園に移動して小多福さんに寄り道して、
いつも我儘を言っては美味しい饂飩を提供してくれる饂飩屋さんへ手土産。
彩り綺麗だしお土産に良いかなって。
甘党じゃない人でも、美味しいって言ってもらえるし。
2011 7月 四条通にて P1190147.jpg
買い物を終わらせ、某ビルへ出向き美味しいスィーツとアルコールを戴いて御満悦。
お店を出ると、タイミング良く四条通にて祗園祭お迎え提灯と遭遇。
やや、しばらく茫然と眺めてました。
ほんとは神輿洗いまで見学したかったなぁ~
P1190152.jpg P1190150.jpg
んで、そこで役にたったのが、小多福のお母さんが、暑いからコレ持ってき!って戴いた団扇。
機能的にも最高の団扇なんですけど…貰って良かったのでしょうか…(汗

何はともあれ、好きな京都で無事に歳を重ねることが出来たことに嬉しく思います。
PageTop

麺屋 一八

暑くなると出歩くのが面倒になり、近場で食事を済ませることが多くなる訳で。
少しだけ仕事が早く終わり、冷やし中華を求めて車に乗り込むことに。

夏の風物詩でもある冷やし中華の幟を探すも、なかなか見つからない(笑
一軒見つけたけど食指が沸く店では無く、結局はいつも行く麺屋 一八さんへ。

平日なので店内は半分入り位で待つことは無さそう。
券売機を目の前にして、札を投入して冷たいラーメンを食べようとボタンを探すと、
あらら、売り切れの赤い文字…
仕方ないと諦め、燻しおらーめんを購入です。
original2.jpg
スープはあっさり系ですが、鶏の旨みが強調され魚介の風味はおとなしい感じ。
とろりとしたチャーシューと噛み応え有るチャーシューに、歯切れのよいメンマに磯海苔がトッピング。
細めの麺が喉越しよろしく、するっと胃に収まりました。

翌日にまた、同僚に誘われ訪問(笑
もちろん、冷たいラーメンがお目当て。
券売機を確認して梅しそ鶏冷やしを購入。
待つこと10分掛からず運ばれてきました。
鶏ミンチに胡瓜・白髪葱・少々の水菜とオクラに大葉に梅が乗せられてます。
original1.jpg original.jpg
しっかりと冷やされたスープは甘くまったりした特徴あるものです。
シャーベット状になった固形のスープも中に混ざり、麺は細麺でかなりの量目でキンキンに水〆されたもの。
梅のペーストを溶かし、レモンを潰して口を変えてみたけど量が少ないせいか、
さっぱりした物を求めた自分とはちょいと違う物で甘さが気になりました。

麺の量が多いので、それなりにお腹一杯になるのだけど、今回はちょいと残念な結果に。
全てのメニューが自分好みである訳じゃないと改めて再認識(笑


店名 麺屋 一八
住所 愛知県知多郡武豊町鹿ノ子田2-60 (地図を見る)
TEL 0569-73-2484
時間 [月・火] 11:30~14:00 [水~日] 11:30~14:00 17:30~21:00
休日 月曜・火曜の夜(祝日の場合営業)
PageTop

Voyage

2011 7月

小さな田舎町(失礼)にある小さなCafe、Voyage (ボヤージュ)さん
ほぼ毎月、訪問してましたが久々の更新します。
今月40代になる、おっさんが愛する珈琲が此処にあります(笑
趣ある木の椅子と机、軋む床の可愛い店内は女子ウケもよくトイレの小物の雑貨まで洒落てます。
2011 7月 店内
店内に入ると、焙煎された芳ばしい珈琲豆の香りが充満。
朝だとスリッパ履きの御近所さんも多数で地元民にも愛されてるお店ですが
土日・祭日だと他府県ナンバーの車が駐車場の満杯で入れないこともあり更新を控えてました。
2011 6月 アイスカフェオレ
蒸し暑かった6月は店内でアイスカフェオレを飲んで寛いだ後、豆を購入。

7月は深煎り焙煎されたマンデリンをお願いしてヴェローナ社のチョコを使ったガトーショコラを注文。
力強いコクと苦味の中に隠れた旨みが口に広がる一杯に、ニンマリ。
この日はお昼の時間帯に訪問したので、お客さんは1組でゆっくりした時間を過ごすことが出来ました。
2011 7月 マンデリン 2011 7月 マンデリン・ガトーショコラ
住んでる場所からも近いこともあり贔屓目ながらも、
店内の雰囲気に加えて逸品の珈琲が戴ける素敵なお店です。

店名 Voyage (ボヤージュ)
TEL 0569-58-0041
住所 愛知県半田市栄町4-79
時間 [月~水]7:30~18:00※11年4/1から8:30~18:00 [金]12:00~18:00 [土・日]7:30~19:00
定休日 木曜日

PageTop

らうめん考房 昭和呈(3回目)

後を引く旨さに嵌り、翌日にらうめん考房 昭和呈さんへ
外観
最近、遠ざかっていた、まぜそば系を食べようと、新まぶし麺海老クリームを購入。
こちらは出来上がりに時間が掛かるのか15分ほどの待ち時間。

奥の厨房で茹であがった麺を丁寧に調理されてるので期待してしまいます。
見た目シンプルなまぜそばの上には、チャーシュー3切れに刻み葱、糸唐辛子にメンマ、
細めの麺の下には煎り胡麻と。無色透明のオイルと言った感じ。
新まぶし麺海老クリーム P1180945.jpg
またまた想像したものと違い、クリームは何処?って思ったら、
やや硬めな細麺に絡めてあります。
海老ががっつん!って感じでは無く下に仕込まれたオイルが優しく口の中で胡麻の香りと共に広がるのですが、
上品な旨味が深みのあるオイルとクリームを絡ませた細麺とは、
想像したものと違うので、いちいち驚いちゃう自分(笑

この手の上品な深い味わいのまぜそばは初体験でした。
ただ、お値段が1000円超えと考えると賛否あることでしょう。
ピリ辛魚丼ぶり(390)
同僚が頼んだピリ辛魚丼は魚粉を混ぜ合わせた物のようです。
僕はチャーシュー別皿で戴きましたが、単品のお値段を考えると妥当ですが、
ラーメンに2~3枚入ってるのでこれだけで充分かも。
頼むとビール欲しくなるし(笑
チャーシュー別皿 チャーシューUP
今まで食べてたラーメンより味の深みは明らかに強く(自分が知らないだけともいう(笑)
ストイックな店主の作るラーメンは進化は止まることなさそう。
どの、らぁめんも気になるので制覇したくなりました。
ラーメンにはブレの無い一定の味を求めてしまうタイプですが、このお店は別です(笑
この先も気になるラーメン店です。

店名 らうめん考房 昭和呈
TEL 0569-34-4408
住所 愛知県常滑市苅屋柳田136
時間 11:30~14:00 18:00~21:00(スープが無くなり次第終了)
定休日 月曜・火曜
PageTop

らうめん考房 昭和呈(2回目)

久々、美味しいラーメン食べた話をしたら翌週に、同僚とまた食べに行くことに(笑
この日も、お昼の訪問です
らうめん考房 昭和呈
外観
深海 魚塩麺(980円)を購入です。
1番乗りに店内には入り、初回の訪問の時より断然早く出来上がり、待ち時間は5分ほど。

これまた無造作にチャーシューと刻まれた水菜・なると・炒り胡麻が。
メニューの説明には、魚介のアゴ出汁いっぱいのスープと
表記されていますが啜ると上品な味わいに驚きます。
深海 魚塩麺 P1190027.jpg
中には魚介のがつん!ってのが欲しい方には物足りないかも知れませんが、
煮干しや魚の出汁のエグミは一切感じられない、美味しいスープです。
完全無化調をウリにしているお店ですが、この旨みは凄いなぁ。

魚出汁は好きだけどよくあるラーメン店の魚臭いのは苦手なので、
旨みを綺麗に抽出したスープに感心しきり。

とくにアゴ(飛魚)は癖がある食材ですが一般的な店で戴くスープとは別物でした。
水菜の存在がやや不透明で少々、油分が気になるけど、そんなことお構いなしに、
この日もスープまで飲み干してしまいました。
何度か通うとスープの塩分調整が可能のようなので、(-25% -50%)試してみようと思います。

店名 らうめん考房 昭和呈
TEL 0569-34-4408
住所 愛知県常滑市苅屋柳田136
時間 11:30~14:00 18:00~21:00(スープが無くなり次第終了)
定休日 月曜・火曜


PageTop

らうめん考房 昭和呈(初訪問)

マンネリ化したラーメン生活から脱却と思い、ブログなどを参考にあれこれ検索。
住んでる場所から飛ばすと30分程で辿り着くことに気が付き(土地勘、全くありません(笑)
常滑という場所ながら4月の連休初日にTVに放映されてから、人気に火が付いたようですが、
6月25日にリニューアルしたラーメン考房 昭和呈さんへ。
外観 P1190011.jpg
外見の見た目同様、店内は三寸五分の柱材を梁に使用したりと手作り感溢れ、
昭和のポスターやリヤカーの屋台をそのまま店内に持ち込んだ斬新なデザイン(笑
見た感じ、無骨な店主のイメージにあって個人的には好きです、この手のお店。

入口左手に食券機が置かれ、客席は壁に沿ったL字のカウンター13席に、
店主が麺を茹で揚げる姿が目の前で見れる、リヤカー前にある2席は特等席かな?
厨房を覗くと、客席の何倍も広い空間に拘りを感じます。

初めて伺った日は、シンプルであっさりという謳い文句につられ中華そば(780円)を食券機で購入です。
待つこと10分程で呼ばれ、番号札と交換。
勝手に澄んだスープの中華そばのイメージでしたが見た感じは、オーソドックスな丼に油膜が張った、こってりタイプ?
そこに大きめのチャーシュー2枚に厚く切られたメンマが2切れに小さなナルト。
中華そば P1190028.jpg
スープを啜ると、やや甘い醤油の味わいを感じつつ魚介の風味と旨みがじわじわと。
甘さが気になったスープでしたが食べ進めるうちに癖になり甘さが旨みに変わるのを口の中で感じました。
そんな訳で珍しく、今年2度目のスープを飲み干すことに(笑
麺は低加水の細めのストレートでスープを適度に絡み一体感の感じられるものです。

驚いたのは無造作に乗せられたチャーシューとメンマの存在。
柔らかく煮込まれた味の浸みこんだ煮豚ではなく、炭の芳ばしい香りに
程良い肉の食感から、じわっと癖の無い脂が湧き出る旨いチャーシューでした。

メンマがまた手の込んだ逸品で一般的なザクッとした歯切れの良い食感とは正反対で、
がっちり噛み締め味わう品物で噛みしめると味がじわりと。
これ、好きだなぁ…
拘り抜いた素材に水を使用して無化調のスープながら、旨みが一般店の物とは別物でした。
スープの出来によって、御主人が気に入らないと店は閉めてしまうとか。
他のメニューを拝見すると値段設定がやや高めで賛否ありそうな気がしますが、
僕はアリかな、このスープなら。

店名 らうめん考房 昭和呈
TEL 0569-34-4408
住所 愛知県常滑市苅屋柳田136
時間 11:30~14:00 18:00~21:00(スープが無くなり次第終了)
定休日 月曜・火曜

PageTop

麺屋 一八

病院で検査を済ませ、買い物を終わらせ、ちょうどお昼の時間。
空いてら良いなと向かったのは麺屋 一八さん。

久々、デジカメを持って歩いたので2年ぶりに更新します…
最近は愛知での一人飯の際は、ほぼ写真を撮ることなく、食べ歩くことが多いんです(笑
20090317060233.jpg 20090317060454.jpg
駐車場1台分の隙間に突っ込んで、店内に入ると運良く、1名分の空き。
発券機を眺め、品定め。
当初はあっさりしたものをと考えてたのに、身体は何故かこってりを…

そんな訳で、濃厚汐らぁめん(780円)を。
林檎の木を使った薫卵(60円)とチャーシュー1枚(120円)のトッピング。

なると・もやし・オーブンで焼かれたチャーシュー3枚に、トッピングの薫たまが乗せられた
濃厚汐らぁめんが10分掛からず目の前に運ばれてきました。
見た目同様の粘度あるとろみあるスープはを蓮華にすくい啜ると。
鶏の旨みの後からやってくる、魚介の柔らかな風味。
帆立・渡り蟹・スルメの他に炒った甘海老の香りが良い感じ。
2011 7月 濃厚汐らぁめん(780円) 薫たま
まろやかな塩スープに合わせた太めの縮れ麺は全粒粉を使用で、
もっちり噛み応えありスープに合わせたものです。
とろり半熟の薫卵も美味でチャーシューも美味しいです。

十分に美味しいのだけど、最近はどこでもこの手のスープと麺は食べれること出来るので
真新しさはないのが正直な感想ですが、無化調で他店より味は十分に優れてることを付け加えておきます。

ここではストレートの中細麺を使ったあっさり系の塩か醤油、
さっぱりと戴ける梅しそ鶏冷やし、まぜそばが自分の中で定番で、
つけ麺は好みませんが半田界隈で食べるなら自然と此処に来る機会が多いです。

店名 麺屋 一八 (めんや・いっぱち)
TEL 0569-73-2484
住所 愛知県知多郡武豊町鹿ノ子田2-60
時間 [月・火]11:30~14:00 [水~日]11:30~14:00 17:30~21:00(スープが無くなり次第終了
定休日 月曜・火曜の夜(祝日の場合営業)


PageTop

博多ラーメン 本丸亭

会社の同僚のリクエストで立ち寄るラーメン屋さんのひとつである、博多ラーメン 本丸亭さん。
此方の店舗は二年以上ぶりの訪問になります(笑

地元、札幌に住んでる頃から食べる機会も少なかった博多ラーメンですが、
こちらに越してから美味しさに目覚めて、好んで食べことが多いかも。
20081206213112.jpg P1180995.jpg
昼・夜も駐車場も店内も混み合ってる人気店。
回転率が早いのも特徴的です。
店員さんの「おいさっ!」の掛け声で、いつも活気ある雰囲気。
耳元でやられると少々、うるさいです(笑

博多ラーメンを注文して麺はバリカタスープはノーマルで。
麺は、やわ→並→カタ→バリカタ→ハリガネの5種類、こってりなど背脂の調整?可能のようです。
注文して5分掛からずテーブルに頼んだ博多ラーメンが登場。
2011 7月 博多ラーメン
とろみのある豚骨スープは臭みは気になることも無く、炒り胡麻の風味が効いて、
やや塩っ気は強いですが、食べ進めると気にならないかな。
麺の方は低加水のプチっと歯切れの良い細打ちストレート。
チャーシューはスープに馴染んでとろりと柔らかな食感。
2011 7月 バリカタ
小口切された葱は無料のトッピングだったのでたっぷり投入しました。
シャッキシャキのネギが良い薬味になり、スープに浸して麺に馴染ませても良い感じ。
葱好きには嬉しいサービス。
私的には少し、くどく感じるスープでしたのであらかじめ、海苔の上に紅生姜を乗せてあっさり風味で戴きました。
ニンニク醤油や唐辛味噌、高菜、磨り胡麻の無料トッピングも豊富で、好みに合わせ調整できるのもいいですね。

何より一杯550円と替え玉100円は魅力あります(笑


店名 博多ラーメン 本丸亭
TEL 0562-44-4351
住所 愛知県大府市吉川町1-36
時間 11:00~15:00 17:30~24:00
定休日 年中無休


PageTop

梅雨見舞い

6月も終わりましたが、異常気象のせいか連日続く真夏日…
それでもまだ、梅雨明けしていないんですよね(汗
200862_9.jpg
ジメジメした梅雨は嫌だけどこの季節に咲く花でも見て
涼しげな気分にでもと。

梅雨お見舞い申し上げます。

って使い方あってる?(笑
皆さま、ご自愛下さいませ~
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。