りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

La lumière douce

店の前を歩くと丁度、一卓空いていたのを見てイートイン。
La lumière douce
外観
ゆっくりと静かな時間が流れます。

PageTop

ぷちれすとらん soupe

友人宅へ向かう前に昼食を取ろうと3年ぶりに、
ぷちれすとらん soupeへお邪魔。
外観
席は御近所マダム?若いカップルさんで埋まり、活気ある店内。


PageTop

ROUTE271

早い時間に伺ったので一軒目のパン屋ではサンド系が売られていなかったので
少し時間を置いてROUTE271まで足を運びました。
外観
お店の方に駐車場があるか聞いたところ丁寧な説明。


PageTop

LeSucre Coeur

少しだけ早起きして車でドライブがてら、
お目当てのパン屋さんまで足を延ばすことに。
看板 外観 (2)
有料駐車場に車を止めLeSucre Coeurさんへ
開店から20分程過ぎていましたが店内には数組のお客さん。
ケースの中に上にと、沢山のパンが並び芳ばしい香り。


PageTop

TRATTORIA IL PISTACCHIO

京都から大阪へ移動したこの日の夜は
TRATTORIA IL PISTACCHIOさんへ。
スケジュールを確認すると偶然ですが丁度、一年前の同日の来店となりました。
2012 5月 外観
若いシェフお一人で奮闘している小さなシチリア料理のお店。
去年11月末から今年1月末までシチリアへ渡り2月に再開され、更なる想いをここ茨木で発信。


PageTop

三木鶏卵

大将15年創業のお隣さんの三木鶏卵さんへ。
三木鶏卵
出汁巻き以外にう巻き、ふくさ巻き、季節のパンやふりかけも売られていますが、
やはり、基本の出汁巻きが定番ですね。


“中”を購入して友人宅で頂くことに。
温めた方がより美味しいく頂けます。
三木鶏卵 出汁巻き
お出汁は、あっさりと澄んだ味わいで食べ飽きないですね。
おろしを添えて戴くと、酒も進むのだ~(笑
蒼空
大きな特上は、お出汁が倍使われてジューシー感は半端ないですが
バランス考えると私は中で十分かな。

パリッと外側が焼かれ、たふくさ焼きは、玉葱・人参・三つ葉などたっぷり野菜。
野菜の甘みとお出汁が重なり、これもまた美味しいですよね。

田中・三木の出汁巻きを一緒に食べてみるとびみょ~に、
お出汁の違いもあり、私的には温めておろしで頂くなら三木鶏卵、
冷めたままでそのまま頂くなら田中鶏卵かな。

そう言いつつも、どちらも好きなので空いてる方で購入してます(笑

店名 三木鶏卵
TEL 075-221-1585
住所 京都府京都市中京区富小路錦西入ル東魚屋町182
時間 9:00~18:00
定休日 無休

PageTop

田中鶏卵

錦市場で漬け物、おばんざいを買って、お次は出汁巻きを。
東から西に向かって歩いていたので、
必然的にまずは創業80年の田中鶏卵さんへ。
田中鶏卵
夕方ということもあり行列も無く、難無く購入。

でも面白いのが一人、二人と購入しはじめると、また列が続くんですよねー
串に刺さったお試し100円も魅力的(笑


PageTop

恵那 寿や

あらら。
4月に頂いたのUPしてなかった…

友人と滋賀で食事した際に頂いた、栗納豆

実はこの日まで、早出・残業が続き3週休みなしでお仕事。
愉しかった食事の後も3週休みなしで相変わらずの貧乏暇なし(笑

疲れ切った身体に、甘~ぃお菓子が癒してくれました。
栗納豆 (2)
甘納豆の栗バージョンって栗の産地ならではですね。

栗に蜜を漬け込んだ手間のかかるお菓子だそうで。
栗納豆
しっとり蜜の甘さが浸かり、和栗のホクホクした食感はそのまま。
自然な甘さって身体が喜ぶのよね。

日本茶でと言いたいところでしたが、苦い珈琲のお供に。

御馳走さま!


関連記事

PageTop

京つけもの 打田漬物 錦小路店

続いて錦をぶ~らぶらっとお遣いです。
40過ぎたおっさんですが、しっかり観光客して愉しんでます(笑

2件目はお漬物なんですが、どの漬け物屋さんも人で一杯で賑わってます。

空港内では良く見かける大安、西利など選んだりしますが、
有名老舗店も数多くある錦では、一店で買うことはせず、
店によって選ぶ商品を代えて購入するパターンが多いかな。
看板
この日は、京つけもの 打田漬物 錦小路店へ。


PageTop

錦 平野

各店の名物が並び買い物に便利な伊勢丹のデパ地下を見て歩くのも好きですが
せっかくなら京都の台所、錦市場をぶらりと歩くのも観光の愉しみ。
ほぼ月毎に上洛をしていても錦に立ち寄るのは、頼まれ物がある時。
実家に漬け物を送ったり、友人・会社仲間にお土産を購入しては宅配の手続き…

意外と自分が食べたり使用したりって少なかったりする訳で。
友人宅に数名集まるということで、お使いを頼まれ今回は立ち寄ってみました。

一軒目は惣菜の錦 平野さんへお邪魔。

昭和28年とまだ京都では若いお店ですが、初めてお邪魔した頃は大皿で対面販売でしたが
今はガラスのケースに入り、コンビニ感覚で買えるように。

宿泊先の宿に持ち込んで数点購入または惣菜の詰め合わせ購入して晩酌の肴に。
10品で1000円以下だったり、お値段もお手頃が嬉しいですね。
洗練された料理もいいですが家庭的な味わいをたっぷり愉しめると思います。
塩豆えんどう
友人に頼まれた店の定番商品である、塩味えんどう塩味金時
豆の甘さを引き立てる塩の塩梅が程良くいので箸休め、茶請けにお勧め。

豆好きさんにはお勧めです。

折角なので季節物を探すと、自分の好物も購入(笑
筍の木の実和え

選んだのは、筍の木の芽和え
しゃきしゃき歯触りのよい筍に白味噌と磨った木の芽、
色だしのホウレン草でシンプルな春の味わいです。

ベタなお惣菜ですが味はしっかり京都してますし、日持ちはしませんが
防腐剤や着色料は使わず一切無添加なのも安心です。

店名 錦 平野
TEL 075-221-6318
住所 京都府京都市中京区錦小路通堺町東入ル
時間10:00~18:30
定休日 正月 元旦 ニ日

PageTop

末友

魔利支尊天堂でお参りを済ませた後は、
目と鼻の先にある末友さんへお邪魔しました。
看板 外観
この八坂通りは有名店が立ち並び、正直言いまして私には無縁…
でも、たまには背伸びして覗いてもバチ当たらんでしょ?(笑


PageTop

魔利支尊天堂

今年の連休も、関西でのんびり食べ歩き。
順不同で、だらだら綴って行こうと思います。

良くも悪くも強く印象に残った店から綴って行こうかな。

まずは一人で昼に訪問予定でしたが大阪・京都の友人が行きたい!って突然の乗っかり。

駄目元で前日に変更&追加のお願いをしところすんなりOK。
ミシュラン効果で無理だと思ったら、意外や簡単に獲れちゃうのだから不思議よね。

そんな訳で当日は久々、建仁寺を拝見して禅居庵と境内続きで南側、八坂通りに面している
猪の狛犬で有名な?魔利支尊天堂で待ち合わせ。

何故、私が知ってるかって言うのは…
P1210892.jpg P1210895.jpg
亥年生れの人々の守護本尊であり、開運・勝利などの功徳があるとされています。
本尊は摩利支天というインドの軍神。

境内には狛犬ではなく、狛猪で祈願絵馬は絵猪だったりします。
その他
陽炎を神格化した女神だそうで、七頭の猪に乗った三面六臂の本尊が祀られています。
護身・得財・勝利などを司る神であり、日本では中世の武士の間に広まり、
江戸時代には民衆に広く信仰されたんだとか

現在は開運を願って祇園花街の芸子さん舞妓さんなど、
多くの人たちのお参りがあるそうです。

いつも食べてばかりじゃないのよ…
たまには、この手の日記も載せなくては(笑
PageTop

中善

やっと明日から連休という訳で、夕方から上洛予定!
息抜きに4日ほど、関西園を中心にぶらぶらしてきます。



滋賀でしっかり食べて昼酒して、その後スィーツ食べて…
友人に駅まで送って貰い、その足で京都に出戻り。

軽い返事でOKしたけど、お腹パンパンの状態で中善さんへ(笑
外観
ベルト緩め、いざ入店(笑
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。