りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手打ちうどん かとう(5回目)

名古屋に遊びに来た大阪の友人とお昼を食べに手打ちうどん かとうさんへお邪魔。
ほぼ毎月、定期的に伺ってます(笑

この日、僕は水で〆た饂飩に温かいかけで、ひやあつ、いや、ぬくいが正解かな。
初めて香川に讃岐巡りに行った際に立ち寄った、
今は無き琴平の名店「宮武」で戴いたのが美味しかったのよね。

でも、この手の注文は、味噌煮込み文化が根付く名古屋にはあり得ないのか
新しい従業員のおばちゃんは、怪訝した顔でオーダーを取ります…(汗
ぬくい(冷たい饂飩+温かいかけ)
さて味の方は、いりこも効いた程良い出汁にふわりと浮く綺麗な讃岐。
ずるっと一気に啜ると、想像通りなお味で満足。
程良い滑らかな口当たりに押し返しの優しいコシで喉越しも良い感じで満足。

欲を言うと、もっともっと澄んだスッキリしたお出汁で胃に沈め収めたい。
店のスタイルなので、個人的願望です(笑

友人は半年以上ぶりの讃岐で選択したメニューは修業先名物でもあり、こちらの看板メニューの鶏天ざる(冷)
気に行ったのか黙々と無言で啜り、何も言わずに啜る姿に一安心。
つけダレの出汁もすっきりながら、いりこ・鰹・昆布の風味のバランスも良いタイプ。
好みはありますがチェーン店の物と比べると、すっきりと良い主張で解りやすいかも。
鶏てんざる(冷) 鶏天
鶏天の方は、今まで通った中でも衣は薄くパリッと、肉質ともに塩加減も良く美味しく戴けました。

うどんの方は初回、戴いた時の冷はキンキンに水で〆られ硬めの歯応えでしたが、
ここ最近は、自分のリクエストに応えるべく緩い水〆でぬるいタイプで出されてます。
私的には、小麦の甘さがダイレクトに感じるのが好きなので…
一般のお客さんには、どうしてるのか気になる所です。
生醤油(温)
友人は何を思ったか、一口分を残したまま、温の生醤油を追加注文。
一応、女子なんですけど…(笑
そこに出汁の効いた醤油を掛け回し一気に啜る凛々しい姿。
香川で戴く風景が目に浮かんだのか、今年も讃岐巡礼に回ることを決意した様子です(笑

シンプルなうどんだけに色々と賛否あるけど、自分好みの饂飩が名古屋で食べられるのは嬉しいです。

店名 手打ちうどん かとう
住所 愛知県名古屋市中村区太閤通3-26
TEL 052-485-9058
時間 11:00~14:00 17:00~20:00 (数量限定の為、無くなり次第終了)
定休日 火曜日


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。