りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Coffee Kajita

お昼御飯を食べて、友人のリクエストに応えるべく、
Coffee Kajita(コーヒーカジタ)さんへ訪問。
去年の盆明けに行った際、HPを確認せずに伺い閉まっていたので今回もしっかり下調べ。
外観
16時過ぎに訪問したので、案の定、店頭に並ぶスィーツは品切れ状態。
そして2組程、店内で並んでいる状態で相変わらずの人気の高さ。
15分ほど待っていると、3組同時に席を立ったので奥にあるL字型のカウンター席へ移動。

イートインで戴けるプリン・ティラミスも売り切れてると諦めていましたが
店主から、まだ残ってると嬉しいお知らせ。
自分はティラミスと6種あるブレンドの中からマンデリンベースのビターを。
ティラミス&ビターブレンド ティラミス
九州産のマスカルポーネを使ったティラミスはふわりと軽い口どけ。
甘さを抑えコーヒーパウダーのほろ苦さがアクセントに。
ビターとの相性も良く珈琲+スィーツの相性の良さを体感。

2杯目にマンデリンをお願いしました。
特有の薫りと苦味の中に静かに眠るコクがじわりと胃の中に沈み、至福の一杯。
ティラミスの後に飲んだせいもあり重量感あるタイプが好きなんですが、さらりと戴けた印象を持ちました。
プリン&あじわいブレンド
友人はプリンとメインブレンドであるあじわいをオーダー。
厳選された卵を使用したプリンは、蕩けるような滑らかタイプと違い、程良い柔らかさ。
卵の味が濃厚でありながら、しこくなくてカラメルは程良い苦味で角がなく美味しいプリンでした。
中煎りされたあじさいブレンドは切れのある酸にコク、苦みともにバランスの良い仕上がり。
マンデリン1
丁寧に一杯ずつ珈琲と向き合う御主人のドリップは独特な雰囲気。
そして素材の味を引き出したスィーツ担当の奥さまと二人三脚のお店です。

お会計前に、珈琲のお供に添えられたキャラメリゼされた胡桃の瓶詰とガレット、
マンデリンを200グラム豆のままでお持ち帰り。

焼き菓子のガレットの印象は至って普通ですが、軽い食感で上品にキャラメリゼされた胡桃は買って大正解。
また立ち寄ったら購入決定です。
お持ち帰り
自分で淹れる珈琲はペーパードリップで25gを粗めに挽いて飲むのが良かったかな。
プレスだと30gをお茶パックに詰めて使うと掃除が簡単でいいですよ~

毎度ですが、イートイン滞在時間は15~20分程かな。
雰囲気重視のCafe店で寛ぐようなお店と違い、この日の目的は珈琲とスィーツのみ。
味わって余韻に浸りたいですが、此処は待ちが出る人気店。
食べて飲んでほんの少し一息ついたら、お会計って感じで、こんな使い方でも僕は十分に愉しめます。

寛ぐなら○○、待ち合わせなら○○、珈琲だけを求めるなら○○と言った感じで
此処は珈琲とスィーツの相性が良いので上手く使い分けてます。

狭いだ落ち着かないだと、色々と賛否あるようですが、
自分の使い勝手の良いお店に足を向けるのが良いかなって…
大きなお世話でしょうか?(笑

ちなみに雰囲気重視の店で珈琲・スィーツの佳店となると、なかなか見つけられません(自分好み)
個人的に雰囲気だけなら張碓にあるgallery & cafe くらのす (kuraノsu)以上のお店にはまだ出会ったことはありません。

店名 コーヒー・カジタ (Coffee Kajita)
TEL 052-775-5554
住所 愛知県名古屋市名東区高社1-229
時間 11:00~20:00
定休日 水曜・木曜


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。