りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Bistro Oranger(4回目)

友人のリクエストで行ってみたいと言うお店を予約。
高岳からテクテクと歩くこと15分位。
向かったお店は去年のお盆以来なので8カ月ぶり?のオランジュさんへ。
20100227213354368.jpg
相当、日が空いた訪問でしたが温かく迎えてくれました。
相変わらずランチは混み合っており、残す席はカウンター席とテーブル席1卓。
聞くとどれも予約席で埋まっておりました。
案内されたのが真ん中テーブル席と少し落ち着きませんが、楽しみにしていたランチ。

私的には昼からアラカルトでワインを嗜みながら休日を愉しむのですが
現在はシェフとスタッフ1名で昼のコースは2000円の1種類のみ。
アラカルトの対応もしていませんが、1本のコースに力を入れる方がより良いランチになりそうな感じ。

コース1本と言えどもこの日の選べる日替わりメニューの内容は前菜は4種の中から、
メイン3種の中らチョイスするので全く問題ありません。

それでも夜のお皿が食べたい僕は少々残念(笑
その理由は、黒板メニューに以前シェフとお話した際に、道産子羊を入荷して欲しいの言葉が現実に。
北海道は足寄町にある石田めんよう牧場の羊が入荷と書いてるのだから(笑

一緒に来た大阪の友人も羊のローストだけ食べたいなんて我儘はこの日は言わず、
前菜には石狩産のサーモンをマリネしたサラダ、トマトバジルのさっぱりドレッシング。
北海道産に拘りのあるシェフの自慢のサラダは、巷で出てくるランチのサラダとは全く別物で
しっかりとソースに手を加えられ鮮度の良さが解るサーモンは野菜に負けずたっぷり入ってます。
2011 4月 石狩産サーモンマリネ トマトバジルソース
メインには何を思ったのかオーストラリア産牛肉ステーキ ブルゴーニュ風(パセリ・ニンニクのソース)を。
どっかーんのキングサイズで280グラム(笑
思わず噴き出しました。。。
2011 4月 オーストラリア産 赤身肉ステーキブルゴーニュ風(パセリニンニクソース)
焼き加減はお好みでお願いでき、ミディアムレアで注文。
硬さはなく、肉を噛み締める度に力がみなぎるようですが、流石に女子にはきついでしょう…
半分、手伝いましたが赤身肉を豪快にフォークとナイフを使って食べるのは幼少時代の夢でもありました(笑

自分は前菜にポーチドエッグとレバーのソテー(リヨン風サラダ)を。
ボリューム満点で途中食べ飽きないようにと、朝食抜きが正解でした(笑
外は強く中はねっとりと嬉しい火入れの香ばしいレバーに厚切されたベーコンの存在感。
鮮度の良い野菜もたっぷりで嬉しいくなります。
2011 4月 ブルゴーニュ 2011 4月 石狩産サーモンマリネ トマトバジルソース
この日は赤のブルゴーニュをグラスでお願いして結局2杯飲んじゃった…

メインは迷った結果、三河産地鶏である錦爽鶏のローストを。
下に添えられた、椎茸・パプリカ・インゲンにたっぷり入ったさつま芋。
ソースはあっさりテイストのグリーンソース(バジルソース)
2011 4月 三河産地鶏(錦爽鶏)のソテー
皮目が尋常ないくらい、素敵な火入れ。
パリっと物凄く軽い食感で、それだけで嬉しくなります。
パリパリなんです(笑
何処のお店でも、しっかり火を入れてパリパリですが、ここまで食感の軽い物はビストロと言う名のついた店では初めて。
肉質も上々で鶏の臭みはほぼ感じられず、脂肪は少なめであっさりしてますがコクが深い。
この価格帯で十分なパフォーマンスの鶏を見つけ調理されてます。

デザートは2人揃ってバナナのキャラメリゼに蜂蜜アイスのせ。
以前に比べ、デザートが美味しいくなってたのは嬉しい誤算。
グラスワインの選択もメリハリの付いた構成です。
2011 4月 バナナのキャラメリゼに蜂蜜アイスのせ
訪問される時はお腹を空かせないと完食は厳しいかな。
ポーションが売りでもあるので残さず戴きたいものですね。
一皿一人は厳しいのでランチも小食の方は数人でシェアするのが無難かもしれません。
夜は一人客の為にハーフにしてくれたりと配慮もあるので、シェフに相談することをお勧めします。

ビストロなので繊細な味わいを料理を出すお店ではありませんが、皿の中にこっそり光る嬉しいサプライズが隠れてます。
それは味であったりシェフの意気込みがだったり。
久々の訪問でしたが改めて若いシェフを応援したいと思いました。

シェフ・マダムはしっかりと客の声に耳を傾ける姿勢が功を奏して着実に進化してるお店だと思います。
お昼がお得なのは何処のお店も同じですが2000円の価格でここまで頑張られると今後も楽しみであります。

ただあまり過信してお店に行くのは考えものです。
特に夜のメニュー選びは慎重に。
私的には豚・鴨の印象が…再食は、しばらく無いかな。

次はコースではありませんが、ミルクラム(ベビーラム)を取り置きして貰ったので
友人達とディナーで和気藹々で堪能して参ります!


店名 Bistro Oranger(ビストロ オランジュ)
TEL 052-938-6879
住所 愛知県名古屋市東区相生町37 河生ビル 1F
時間 11:30~14:30(LO)18:00~22:00(LO)
定休日 水曜定休 第3木曜休み 
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。