りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

屋台 一神堂 河原町店

無性にラーメンが食べたくなり、何処行こうか悩みつつ決められない、そんな日。
一人ふらりと丸太町に降り立ち東龍 河原町店に行く予定でしたが、
掘立小屋にビニールの入口の店舗を見てしまい…
インパクトある外観、そこから妖しい香りが漂って食欲がそそります。
一人待ちの状態だったので誘惑に負けて、屋台 一神堂 河原町店へお邪魔することに。
外観
狭く窮屈な店内はみなさん美味しそうにズルズルーっと啜る姿。
後ろのテーブル席では、学生風の男女が杯を交わし愉しげな状況…
メニューを眺めると、ワンタン、塩チャーシューにピータンがあったり、
甕出し紹興酒など凝った内容でラーメン前に一杯、引っ掛けるなんて僕の好きなスタイル(笑

そう思いつつも、ここは我慢。。。
カウンター席のもわっとした暑さが気になりつつも期待を寄せ、一神堂さんの名物、豚骨塩浅蜊を注文。

豚骨にアサリを合わせたスープってどんなんだろうと興味深々。
目の前で手際よく調理をこなす御主人と小まめに動く店員さん。

10分掛からず目の前に出来上がったラーメンは、
たっぷりのアサリに胡麻、細切りされたザーサイにチャーシューに白葱といった感じで食欲をそそります。
一神堂そば
スープを啜ると初めての味。
豚骨の臭みは感じられず、ややニンニクが強いけど浅蜊から浸み出た旨みが特徴的。
浅蜊の砂を噛んだのは御愛嬌としても、僕にはスープが塩辛く感じました。
食感の良いザーサイと葱が美味しいだけに、うーん。

自家製麺の細め卵麺は硬めでお願いして喉越し抜群。
トッピングされた具のバランスは塩豚骨に合うので美味しいのですが、
たまたま塩加減が強めだったのか、自分の体調が悪かったのかスープが重くのしかかったかも。
濃い味は嫌いではないし逆にウェルカムだけど、塩加減が強いのだけは戴けない。

それを知ってか知らずか、隣に座った馴染さんらしく男性から話しかけられ、
今日の出来按配を教えてくれたりと京都のラーメン事情を教えてくれたり。

とても親切な方で、隣に食べに行きますか!と誘われたけど2杯のラーメンは流石に、
次の予定もあり丁寧に断りました(笑

気になるお店ばかり増えて、回りきれてないのが実情ですが、
暑くなる前に次は隣に行ってみようかな…

店名 屋台 一神堂 河原町店 (やたい いっしんどう)
TEL 075-256-0900
住所 京都府京都市中京区河原町通竹屋町上ル大文字町234
時間 17:30~翌1:30(売り切れ次第終了)
定休日 水曜日


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。