りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

L’HEURE BLEUE(ルール・ブルー)

友人と京阪 渡辺橋で合流。
周辺は美味しそうなお店がわんさか。
連休中でしたが、評判店のL’HEURE BLEUE(ルールブルー)さんへ。
何度か予約の電話をするも、満席で断られ3年越しの訪問になりました(笑
外観
カウンター席は埋まり、奥にあるテーブル席に案内され落ち着くことに。
この日は洒落たお客さんが数多く当初、抱いていたビストロのイメージと異なり好印象。
グラス白 ドリンク
飲めない友人はレッドオレンジ?を、自分は赤白各3種ある銘柄から、お皿に合わせてワインをお願いしました。
立ち飲み屋で1杯引っ掻けた後だったので、泡はやめて白からスタート。
口取りに、色艶の良いコンポートされた甘いチェリートマトを戴きながら前菜を待つことに。
ボリュームなど相談しながら以下のメニューをオーダーです。
熊本産 特選馬肉のカルパチョ
熊本産 特選馬肉のカルパチョ
レッドキャベツの芽とフルーツトマト・松の実が散りばめられ、下には馬肉が敷かれています。
皿の淵には乾燥トマトのパウダーでアクセント。

上質なサシが綺麗に入った部位を使用したカルパチョですが、
フレッシュ・ドライとパウダーの3種のトマトが強く押し出たせいか、
馬肉らしさが乏しくトマトの印象が強く残ります。
自分にはフタエゴや赤身の方が、馬肉本来の味わいを感じさせてくれたのかも知れません。
熊本産 茸のスープ タケウチのパン3種
続く熊本産茸のスープは一皿の注文でしたが取り分けて提供してくれる嬉しいサービス。
テーブル上で茸の香りがふわりと。
聞くとシェフの奥様が熊本出身ということで、そちらの食材をメニューに取り入れてるようですね。
クリーミーで口当たり優しく、取り分けしたのに関わらずたっぷりのポーションはビストロらしさが伺えました。

パンはブランジュリ タケウチの物が3種類で、
料理を邪魔することのない優等生なパンたち。
和歌山産 鮃バターソテー
和歌山産 鮃バターソテー 
身の厚い和歌山産の鮃の上にはバター蒸しされたウニ・ズワイガニ・ほうれん草のガルニ。
そこにオマール海老のエキスが詰まったエスプーマ。

若干、火入れが強めのせいか身離れ共に、パサついたのは残念でしたが
一辺倒な味わいになりがちな皿にズワイガニ・ほうれん草・ウニなど中に隠れてます。
オマールの軽い泡とバターの相性は良く、やや塩っ気が強めですが、ワインを飲みながらの自分には良かったです。
シャラン産鴨胸肉の炭火焼とフォアグラソテー 赤ワインソース
シャラン産鴨 胸肉の炭火焼とフォアグラソテー 赤ワインソース(4500円)
胸肉の下には、たっぷり敷かれたレンズ豆。
皮目は香ばしく、炭火で調理された胸肉は素敵な火入れで美味しかったです。
ガルニはアスパラとコリっシャキっと歯触りの良い、花びら茸(モリーユ・デ・パン)が印象的。
ソテーされたフォアグラの質が今一つなのが勿体ないなぁ…

少し飲み足りない自分に勧めてくれたデザートワインとアミューズのメニューにあった熊本産もろみ豆腐
とろりとチーズのような口当たりでパンチある柚子胡椒と七味の辛味が特徴的でしたが、
グラッパにチョコレートで口直しです…
グラッパ 熊本産 豆腐のもろみ漬け
友人は苺とカスタードの白ワインゼリーをオーダー。
熊本産の紅茶で〆です。
苺とカスタード 白ワインゼリー
2回転目に訪問したせいか人気ある吉田牧場のチーズを使った料理やデザートは品切れ。

私的には期待して伺ったせいもあり、料理全般に物足りない感が漂いましたが…
サービスに関しては席が離れていてもビストロらしくフレンドリーでありながらも、
料理の説明・対応も丁寧で問題なく愉しめました。

店名 ルール ブルー (L’HEURE BLEUE)
TEL 06-6445-3233
住所 大阪府大阪市西区江戸堀1-19-2 ラインビルド 1F
時間 [月~金]18:00~22:00(L.O)
     [土]11:30~、13:30~(二部制) 18:00~22:00(L.O)
定休日 日曜日


P1060711.jpg
お会計を済ませた帰り道…
青田赤道の店なるものを目にして、思わず入店。
クェックェッ・ちゅんわーちょんわーな夜に、この日3度目の、乾杯です(笑


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。