りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Bois de Vert(ボア・ド・ヴェール)

友人の車に便乗してお昼を食べに。
何処に向かうか土地勘のない僕はただ後ろに座り周りを見るのみ…
楽ちんちゃ楽ちんなのです(笑

途中、1人を乗せ何を食べるかの話しなり、お店に電話すると当日予約でしたが
問題なく入れると言うことで京田辺方面へ。
外観1 黒板メニュー
住宅街の一角にフランス国旗を靡かせ、ひっそりお店を構えるBois de Vert(ボア・ド・ヴェール)さんへお邪魔しました。
店先に車を止め入店です。

白いクロスが映える店内は6卓20席程、オープン直後でしたが御近所マダム?が奥の席でスタンバイ。
奥から席を詰めるように、そちらの方へ。
若干、席間が狭いので会話は、聞きたくなくてもはっきり聞こえちゃいます(笑
店内
お昼のランチの方は4コースありAコース1570円(サラダ・パン・メイン・プチデザート・食後の飲み物)
Bコース2100円はサラダオードブルにスープ付き、Cコース3150円はオードブル、
前日予約でお任せの5250円と言った感じ。

友人達はBコース、自分はCコースでお願いして、この日のメイン4種の中から、
豚肩ロースの柔らか煮とチキンの黄金焼き赤ワインソースを。

Cコースの前菜盛り合あせには
鴨のロースト・鮪のスモーク・生ハム・えんどう豆のムース・じゃが芋のテリーヌ。
鴨と鮪のスモークは香り良く噛み締めるごとに素材の味わいが広がります。
赤ワイン 前菜オードブル
メリハリ付いた内容で、見た目同様の味わいで奇を衒った物ではありませんが、
注文したグラスワイン(740円)ですが、キンキンに冷やされたグラスに少量のポーションは残念です(汗
Bコースにはムース・生ハム・鴨ロースはナシ。

この日のスープは野菜のポタージュ
人参・グリンピースなどの緑色野菜に、玉ねぎ・キャベツかな?
野菜の甘味がスープの中に溶けこんだ濃厚なポタージュです。
野菜のポタージュ バケット
温められたバケットが美味しく、無塩バターも付いてるので、ついお代わりしてしまいました。

友人たちのメインはチキンの黄金焼き赤ワインソース茄子が添えられています。
一口貰えば良かった(笑
美味しかったそうです。
チキンの黄金焼き赤ワインソース 豚肩ロースの柔らか煮
自分が選んだメインは豚肩ロースの柔らか煮です。
ナイフがすーっと入る柔らかさで和風ベースで仕上げてあるのか醤油が効いてます。
ガルニには茄子・おくら・人参と言った感じで洋風の豚の角煮と言った印象を受けました。

デザートにはとろっとしたチーズケーキ甘いグレープフルーツとメロンゼリー林檎のシャーベットアメリカンチェリーBコースには林檎のシャーベットなし。
口直しになったのは林檎のシャーベットかな。
珍しく紅茶をお願いしました。
デザート P1070772.jpg
一人懸命にサーブされるマダムは各テーブを忙しそうに回っていましたが
お皿を下げる際に食器を重ねる度にガチャガタヤするのが気になっちゃいます。

彩どりや見せ方が乏しいせいか、洋食っぽいフレンチと感じたのは否めないですが、
フォンも丁寧に拵え、バターもしっかり効いて何処か懐かしさを感じました。

途中、小学生を連れた家族連れさん、カップルさんが2組入り、店内はアットホームな空間。
あちらこちらで笑い声が響き渡り、御近所さんに慕われ地域に根付いたお店でした。

店名 Bois de Vert(ボア・ド・ヴェール)
TEL 0774-63-1225
住所 京都府京田辺市田辺中央2-3-3
時間 11:30~14:30(LO14:00) 17:30~22:00(LO20:30)
定休日 火曜日


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。