りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

井津美屋 京阪百貨店くずはモール店

友人宅に出向き寛いでいるところに夏越祓(なごしのはらえ)をするよ!
何それって感じの聞き慣れない言葉が…(汗

なんでも6月中に水無月という和菓子を京都では戴く習慣があるんだとか。
1年の折り返しの6月30日に本来は戴くようで、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事とのこと。
ふむふむと頷きながらもチンプンカンプン(笑

京都特有の習慣という訳で、当日の30日に戴くのが習わしのようですが、
たまたま京阪モールにある井津美屋さんで抹茶の外郎(ういろう)の水無月を見つけて購入したようです。
調べてみると、水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子。
それぞれに意味がこめられ、水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味合いがあり、
三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。
水無月 井津美屋
旧暦6月1日は氷の節句または氷の朔日と言われ室町時代には
幕府や宮中で年中行事とされてこの日になると、御所では氷室(ひむろ 北山に跡が残ってるそうです)の
氷を取り寄せ、氷を口にして暑気を払いをしていたそうです。
その当時、この北山の氷室から宮中に氷が献上され宮中では
氷室の氷の解け具合によってその年の豊凶を占ったといいます。

氷室の氷を口にすると夏痩せしないと信じられ、臣下にも氷片が振舞われたようですが、
庶民にとっては夏の水はとても貴重で、簡単に食べられるものではなく、
宮中の貴族にならって氷をかたどった菓子が作られるようになり。これが水無月と言うことです。

さて、お味の方は濃いめの抹茶の外郎に甘い小豆は、しっかり甘く、もったりとどよ~んとした食感(笑
縁起物だし味じゃないよね…
なんて言うと、友人のお気に入りは此方の商品ではなく笹屋昌園の水無月なんだとか。
おいおい…
こちらを当日食べるのが定番のようで、葛を使った水無月はツルンとしっとりした物で
小豆も甘さ控えめで上品な物だとか(汗

それでも初体験の夏越祓。
この半年の罪や穢れを祓えたのでOKでしょうか(笑

店名 井津美屋 京阪百貨店くずはモール店
TEL 072-866-3300
住所 大阪府枚方市楠葉花園町15-1 くずはモール内 京阪百貨店 樟葉店 1F
時間 10:00~20:00
定休日 京阪百貨店の営業に順ずる


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。