りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

祇園 にしかわ

天気の良かった10月連休の最終日。
散歩日和だったので少し早めに電車に乗って祇園四条へ。
のんびりテクテクと八坂さんから高台寺と歩いてお昼の為にお腹空かせるべく歩きました(笑
この日は友人の予約で祇園にしかわさんへ。
20101116224139822.jpg 20101116224138dbe.jpg
観光地ながら一本、奥まった路地なので観光客さんはまばら。
趣ある格子戸の先は、水打ちされた石畳と実に京都らしいアプローチ。
外観
引き戸を引いて靴を脱いで案内されたのが白木の掘り炬燵のカウンター6席のお部屋。
明るく清々しい雰囲気ながら、目の前では仕事ぶりが見てとれるお席でした。
連休中だったこともありカウンター1席残して、お座敷も満席の反響ぶりです。
今回はお昼、三種あるコースの真ん中(8000円)をお願いしました。
八寸
まずは席に着き、紫蘇の香味茶を戴きました。
落ち着いたところでビールをお願いして、葛の葉に彩りよく並べられた八寸の登場。
この季節の楽しみでもある、白和えには、柿・しめじ・菊菜・菊花と銀杏のかき揚げ、栗麩田楽。
目が行くのが色鮮やかなフルーツトマトに、たっぷりのオニオンソース。
甘味を含んだ瑞々しいトマトと玉葱のシャキシャキ感に生クリームは合いますが洋食屋さんのような一皿でした。
P1030542.jpg P1030543_20101116224800.jpg  
印象深いのが、皮目を細かく飾り包丁を居れ見た目も華やかな鯖寿司
厚めに一切れが葉の下に隠れていますが存在感がありました。
しっとりと柔らかく脂の乗った鯖の旨みが口の中でじわりと。
酢飯の間には山葵の茎の醤油漬けが入って特徴ある鯖寿司です。

八寸から始まり続く料理に期待と不安が(笑
椀(鱧・銀杏豆腐・蓮芋・茄子・人参・若布・木の芽)

ふわっと優しい食感の鱧・初めて戴く銀杏豆腐・蓮芋・茄子・人参・若布・木の芽。
豆腐を戴くと銀杏の程良い香りが口の中で広がります。
鰹出汁の風味がしっかりとした味わいの椀でした。
お造り(槍烏賊・明石の生蛸・鮃・鰆の焼き霜・とろ) とろ
向附
槍烏賊・明石の生蛸・鮃・鰆の焼き霜・とろ。
白身にはお店特製の梅酢とお酒、此方では鰹節を合わせ煮詰めた煎り酒で。
素材の風味を残すので仄かな味わいながら、淡い酸味が魚の旨味を上手に引き出しますね。
とろは山葵をたっぷり載せて戴きましたが脂ノリが凄かったです。
造りに合わせ、涼しげな酒器で冷酒を。
20101116225628cab.jpg 20101116225104c41.jpg
蒸物
たっぷりの銀餡の中には、鰻の白焼き・冬瓜・うど
出汁の浸みこんだ冬瓜の優しい口当たりが良く、鰻・冬瓜の二種のとろりとした食感が口の中で融けていきます。
可愛らしい器に友人は萌えてました(笑
20101116224135d4e.jpg 20101116225103553.jpg
焼き物
秋らしい器に太刀魚塩焼きに、本しめじはバター焼きされ醤油の香ばしい香りがつき、
小蕪・胡瓜の磨り卸し、微塵切りされたしば漬けに小蕪の茎、茄子が添えられています。
シンプルに焼かれた太刀魚は塩焼きと平凡な気がしましたが脂ノリも良く、
添えられた磨り卸しの小蕪と胡瓜が引き立てますね。
美味しく戴きました~
20101116225629508.jpg
煮物
趣ある器には、ぐじ・うにの鍋仕立て
うにの風味が残って淡い磯の香りがふわりと。
碗物もそうでしたが全体的に味わいはしっかりとした感じでした。
20101116230002a7f.jpg 2010111623000305e.jpg
食事
土鍋の釜で炊きあがりの白飯の上にイクラが乗せられました。
旬のイクラの漬かり按配も丁度く、プチっとした食感に炊きたてのご飯はベストマッチでした。
香の物には胡瓜・南瓜・茄子にちりめん。
20101116225959e44.jpg 20101116230000021.jpg
水の物
ラ・フランス、すもも。
香りも良い、ほかほかの温かい蕨餅と濃厚な抹茶シャーベット。
器も素敵で温冷の料理に合わせしっかりと温度差を変え戴けるのは良いですね。
最後は金平糖とほうじ茶で〆です。

カウンター席からは、統制された職人さんの動きを目の当たりに。
会話を愉しみながら戴けますが個室のお客さんの分も賄ってるので、
忙しない印象もあったのでカウンター席の愉しみという面では若干、好みが分かれそうな気がします。
2010111623000444d.jpg
当日はたまたまなのか、御主人が裏方をして板場に居ないことや、
お昼のサービス税15%はカウンター席だと微妙な気持ちにもなりますが職人さんを多く雇った店なので仕方ないかな?
私的には、夜の方が愉しめそうな気がします。

会話の中で何気にお水の話になり、聞くところによると、
此方では八坂神社の御神水を使ってお出汁をひくそうですね。
八坂神社本殿の下には、竜穴と呼ぶ底無し井戸があると平安の昔から言い伝えられ、
この「祇園神水」は新しく(地下90mから)汲み上げられ『力水』と言い、
この水を飲んで、その並びにある美御前社へお参りすると美人になれると言われています。

お会計の後は、其方にお付き合いしたのは言うまでもありません(笑

店名 祇園にしかわ
TEL 075-525-1776
住所 京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル河原町473
時間 11:30~13:30入店 17:30~21:00入店
定休日 日曜(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休)

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。