りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ますたに 今出川店

前日の雨も上がり雲高い秋晴れの涼しい京都。
早起きしてしまい身支度済ませて、一足お先に出町柳へ。
さてどうしましょうと、百万遍まで歩いてみるとこの日は、
吉田神社の秋祭りでして御神輿が道路を横断してました。
P1170690.jpg P1170689.jpg
京大を通り抜け、のらりくらり歩くと、目の前は哲学の道。
ちょいと左手を見ると店の看板に目が行き引き戻って…
ラーメンが食べたいモードにスイッチが入りました…
外観
ますたに 今出川店
厨房から豚骨特有の香りが店先まで漂ってます。
道産子の方に解りやすく説明すると、今はありませんが、蛾次郎の前を通った感じかな…

オープン直後で店内に3名の待ち客。
地元のお客さんに観光客と客層はバラバラですが賑わっています。
白い割烹着を着たおばちゃん3名・お兄さん1名が手際よく店内・厨房を動き回り、
窓側の小さな厨房では麺茹で、隣ではスープの調合と大忙しの様子。
店内は昭和のムードが漂います。
メニュー 葱多めが…
メニューを見ると、なんと九条葱の仕入れが困難の為、葱多めは出来ませんとのこと。
このご時世、仕方ないですね…
空いたカウンター席に座り、並・麺固めをオーダー。
5分ほど待ってる間、両隣のおじさんはラーメンライスで朝昼兼用のお食事中。

おばちゃんから「並・硬目~」って声を掛けられ、やや小振りのラーメンどんぶりが目の前に。
器が小さいせいかスープは少なめ麺たっぷりに見えちゃいます。
並・硬め
さてお味の方は、鶏ガラベース(醤油)のスープにたっぷり豚背脂は京都の老舗代表です。
見た目は背脂チャッチャと、たっぷりでくどいイメージですが啜ると鶏の出汁が程々に効いて
背脂の甘さと唐辛子の辛味が程良く迫りますが、どちらかというと優しい味わい。
今時のスープに慣れるとコクなど物足りないかもしれません。
  
硬めでお願いした白いストレートの細麺はそれでも柔らかく感じますが、
普通だともっと柔らかいのでこれが無難かな。
麺 チャーシュー
メンマ・チャーシュー・九条葱とシンプルな具材は昔ながらの味わいです。
たっぷりの九条葱で食べたかったなぁ…

私的にはどうしても入店時の豚骨臭が苦手でして、それが鼻に残るせいか以前、食べた記憶と変わらず。
なら行くなよ!って感じですが(笑)、食べたいモードの時は仕方ない…って時ありますよね?!

店名 ますたに 今出川店
TEL 075-781-5762
住所 京都府京都市左京区北白川久保田町26
時間 10:00~19:00(日祝-18:00) 売り切れ次第閉店
定休日 月曜日、第3火曜日。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。