りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本田亭 並木店

樟葉の友人達と最近、行く機会が多い居酒屋さん本田亭 並木店
店内はけして洗練されてる訳でなく町にどこにでもある感じ。
外観 本日の魚介メニュー
右手にカウンター席8席程度、奥に個室ひとつ、座敷の小上がりテーブル2卓。
騒然とした雰囲気ですが、まぁその辺は気にすることも無く…
カウンター席で飲むことが多いのですが、今回はテーブル席へ。
友人が予約の際勧められた、名残の鱧と松茸の鍋をお願いしてくれました。
お鍋の前に、本日のお造りのメニューを見て勧められた一本釣りされた鰹(高知)、
剣先烏賊(長崎)、はまち(?産地)をオーダー。
お通し三品 久保田(吟醸原酒 25周年)
ビールと冷酒をお願いしてスタートです。
まずは先付け3種が運ばれてこの日は、もずく酢蛸の酢味噌和え秋鮭の白子です。
酒肴によい按配でお酒が進みます。
特に鮭の白子はモッチリとした食感でいい按配でしたよ。
もずく 白子(鮭)
ビールを煽ったあと、程良くお造りの盛り合わせが登場。
剣先烏賊、はまちは普通に美味しくいただけましたが、鰹の脂ノリが良くお酒にあいますね。
若き御主人にお願いして嗜好に合う日本酒をお願いしました。
お造り(剣先烏賊・ぶり・鰹) 高知産 一本釣り鰹
ここのお店の魅力は、豊富な日本酒メニュー。
メニューに無い物も数多く、僕は拘りが強くないので注文時は、お勧めを戴いてます(笑
岐阜は養老山の軟水を使用した「無風」
燗して飲む前に冷酒でまずは一口、戴いて、その後好みで一肌・ぬる・熱燗って感じで。
ムカデの絵がなんとも言えませんが…
客足がつく、おあしが入る、などと言い縁起がよい動物とされるほか、
古来、神の使いとも考えられていたそうですよ。
無風(燗)    
味の方はしっかりとした強い味わいで、やや甘くもあり辛くもあり俗に言う旨口って感じかな?
酸は気にならなく米の旨みが感じ取れますが、これを燗すると、愉しいお酒でして。
芳醇な香りがぐっと鼻腔をくすぐり、キリっとした辛口の飲み口。
甘みが遅れてやってきて旨みがゆっくり広がります。
冷めると甘さが押すタイプなので、好みですが燗の方が美味しく感じ気に入りました。
値段を聞いたら、ずっこけるほど安いので驚いて結局、ラストまでこのお酒で(四合)通すことに(笑
塩焼き 太刀魚 茶碗蒸し
焼き魚は勧められた太刀魚の塩焼きを。
お刺身以外のメニューは頼んだこと無かったので、これまた勧めて貰った豚を焼いて貰いました。
他に茶碗蒸し、干し海老で炊いた冬瓜などなど。。。
尾鈴豚のソテー(肩ロース)  
宮崎県の尾鈴山で育てられた、尾鈴豚のソテー
豊かな自然の環境の中で、生まれた時から餌には緑茶・きな粉を与えて癖のない豚肉に仕上げたそうです。
ロースの部位をしっかり目に火入れされ盛りも上等です(笑
これ、炭火でじっくり焼いたら旨いだろうなぁ…
鱧(淡路由良漁港産) 野菜(無農薬野菜 淡路さん玉葱など)
そして淡路由良漁港産の鱧はしゃぶしゃぶ風にして、松茸の鍋をつつきました。
出汁が、やや濃いめで平凡というか…その辺は御愛嬌。
鱧は居酒屋さんで戴くこと考えたら十分に満足行く物でしたし、野菜は淡路の玉葱など。
鱧(卵・肝)松茸 松茸 (2)
この日はお鍋を食べお酒の勢いもついてやや、高くつきましたが(一人/9000円程)
お造りとお通しの酒肴をあてに冷酒をいただくと平均5000円前後って感じかな。
私的にはお勧めを戴くより、自ら食べたい食材を(造り)選ぶのが無難な気がします。
P1170558.jpg
鮮魚の産地にも拘りもあり、タイミングが良ければTBS情熱大陸で放映され話題になった、
鳴門の漁師である村公一さんの鱸・沖獲れボラ、若布も入手されます。
日本酒の豊富さ知識は素晴らしいので拘りある方でしたら、満足行くお酒に出会えるかと。
希少価値ある高い酒は勿論旨いのだけど、安くてCPの高い佳い酒も探し当て提供する主人の拘りが嬉しいです。

わざわざ遠くから足を運ぶ程ではないけど、樟葉で旨い酒とお造りが戴けるので何かと重宝します(笑

店名 本田亭 並木店
TEL 0066-9679-80099 (予約専用番号、通話料金無料)
072-868-4335 (お問合せ専用番号)
住所 大阪府枚方市楠葉並木2-25-15 インデアン北ビル 1F
時間 [月~土]12:00~14:00 17:30~23:30
定休日 日曜日

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。