りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中善

7月訪問

汗だくで首にタオルを巻いてタクシーに乗り込み(笑)、
待ち合わせ場所の中善さんへ
友人も京都入りするということで一緒に食事する機会に恵まれました。
ビールで乾杯して楽しみにしていた御料理が登場。
2011 7月 先付け(雲丹豆腐) 
先付けには、丁寧な仕事が一口食べて解る雲丹豆腐
たっぷりと使用した雲丹の薫り高い一品でした。
2011 7月 向附 明石天然鯛・縞鯵 2011 7月 縞鯵!
向附けの一皿目には今年はズッキーニを器代わりに涼しげさを演出し、
中には明石の天然鯛縞鯵が。
厚めに造られた縞鯵はゴリっと嬉しくなる歯応え。
鮮度の良さに加え上質な脂が舌の上で溶けていく所にサラリと冷酒を流し込む至福の瞬間。
鯛も相変わらず上質な物です。
2011 7月 蒼空(夏バージョン) 2011 7月 立派な鮑です
目の前では大ぶりな(600g)、そして活〆された鱧はピクピクと身をのけ反る鮮度の良い物。
ザクッサクッっと心地よい骨切りの音が店内に響き渡り、目が釘附け。
店内のBGM代わりと言った感じですね(笑
2011 7月 向附け 2011 7月 鮑・鱧 焼き霜
二皿目の向附けには土佐醤油・鮑の肝醤油・梅肉をお好みで。
定番の食べ方で充分過ぎるほど旨いのだけど、磯の風味豊かな鮑は梅肉も合うし、
焼き霜に肝醤油も面白い食べ合わせ。
ただただ美味しく、顔は綻ぶばかりで友人の笑顔が今でも思い浮かびます。
2011 7月 渡船 2011 7月 鮑の紐
そこに先程の鮑の紐の部位を軽く揚げ散り柚子された小皿。
追加で冷酒を注文です。
夏はきりっと辛口の冷酒のラインナップで、お酒が進みます…

続いて蓋物には豚の角煮のアンデス芋餡かけ、中に冬瓜、三度豆(いんげん)
去年も戴きましたが味の浸みこんだ柔らかい豚と冬瓜は堪りません。
2011 7月 豚の角煮 アンデス芋・三度豆 2011 7月
そこに目の前でピチピチの鮎のお披露目、そして串打ちされ焼き上がる間に
粋な団扇の器で供された八寸の登場。

黄色の小鉢には瓜と大徳寺麩の胡麻和え
商品登録されてることもあり大徳寺麩と言えず、一般的には利休麩と言わねばダメだとかなんとか。
瓜の歯触りに、麩のもっちり感、胡麻の風味が上品です。
2011 7月 小鼓 緑 2011 7月 八寸
蛸の子の炊いたん鮎の甘露煮枝豆薩摩芋のサフラン煮・瀬戸内のガラ海老は素揚げで戴き、
美味しい鱧寿司!に煮凝りは鱧の子と鱧の浮き袋とあと何だっけ?(笑
生姜がピリリと鯛の酢〆を引き立てた水玉胡瓜でどれも印象深く、
酒呑みには有り難い八寸でもあり、お酒の呑まない友人2人も美味しく戴けたようで大満足。
2011 7月 勇ましいですねー 2011 7月 焼き物 若鮎
焼き物は、熱々のお皿に焼かれた若鮎の勇ましい顔をパクリと戴き
御主人から面白可笑しく為になる話を聞きながら戴きました。
割烹店ならではの楽しみでもありますね。

涼しげな器に入った酢の物万願寺唐辛子に茗荷の甘酢のジュレ掛け
口の中リセットも出来て美味しいのだから溜まりません。
2011 7月 酢の物 2011 由良産雲丹 赤穂の塩
そこにお凌ぎの用意が目の前で始まります。
シャリの上にたっぷりと由良の雲丹を乗せたお寿司。
由良は赤雲丹ですが北海道産とはまた違う磯の香りで、どこかしら栗の風味がする上品な雲丹。
名残惜しむように皆、口に運びます(笑
添えられた赤穂の塩で戴くのも甘さが引き立ちますね。
2011 7月 ○鍋 2011 7月 鯛のお頭 酒蒸し
続くお鍋は御主人の御好意で2種の鍋を用意して貰うことになりました。
一つは夏の風物詩でもある○鍋を。
ぐつぐつと煮立った鍋から生姜と醤油の甘い香りが漂いシンプルな出汁ですが力漲るお鍋です。
もう一つは3キロサイズの鯛のお頭の酒蒸し
身の厚いほっぺを突き、下顎から片っ端にチューチューです。
骨だけが綺麗に皿に残し完食!食べ応えもあり美味しかった~
2011 7月 鱧の炊き込み 2011 7月 とろろの味噌和え
7月の炊き込みは山椒を散らした鱧の炊き込み
梅雨明けで暑さもあり赤出汁から御主人出身の大原で作られた田舎味噌を合わせた味噌とろろ。
そのままでも、鱧飯に掛けて戴いても絶品でした。
夏の京都は鱧料理が多いけど、飽きがこない工夫され香り物も美味しく戴きました。

水物は和皿の乗られた手作りケーキ
お弟子さんが頑張って拵えたのかな?
2011 7月 水の物 ケーキ
この日は集まった4人のうち7月生まれが3人居たこともあり事前にお願いした物なので、普段の水物とは違います。
ミントを散らしバナナのリキュールに桃・すもものコンポート、中は夏ミカンの手作りケーキ
生地しっとり、クリームはあっさりと美味しいケーキで誕生日を祝うことが出来き感謝しています。

今回もまた、お腹一杯て食べて呑んで有意義な時間を愉しめました。
友人の言葉の中に、お腹の他に心も満たされ満足の一言に安堵の夜でした。


店名 中善
TEL 075-708-7519
住所 京都府京都市左京区北白川久保田町26
時間 17:00~24:00(最終入店23:00) ランチは予約のみ営業
定休日 水曜日


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どもどもども。
その節はありがとうございました。
満足なんてものじゃないですよ~って、
言葉にしなくても家は顔を見ていただけばわかるよね。
素敵なお店に連れて行ってくださってありがとうございました!
また、宜しくお願いしますね。

PIYO | URL | 2011-07-21(Thu)07:45 [編集]


Re: タイトルなし

PIYOさん

コメントありがとう!

こちらこそ、御一緒出来て楽しかったよー
また、タイミング合ったら一緒に、または夫婦水入らずで訪問も是非!

笑顔で御主人に「鮑、やらん!」の言葉が耳に残ってます(笑

また8月も笑いましょ!

りぃが | URL | 2011-07-21(Thu)23:31 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。