りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手打ちうどん 香の兎 (かのう)

朝起きて事務所に仕事の行って段取りを済ますと
急遽、岡崎まで材料を届けてくれと関係無い仕事を押し付けられ…

12時は戻ってくれば良いので気楽な物です。
気分はドライブ(笑)、走ること1時間ほどで、仕事の半分を済ませ時計を見ると10時過ぎ。
せっかく岡崎に来たのだから久々に、鰻のはせべで行きましょうと考えるも時間的に合わない…
行ってみたいCafeがあるけど、連れのおっさんを引き連れて行くのも厳しい(笑

携帯を検索してヒットしたのが手打ちうどん 香の兎さん。
外観
営業時間が7:00~15:30までと香川っぽくこの岡崎の地で7年ほど営業なさってます。
10分程車を走らせ店まで目指し、駐車場に止めていざ入店。

マンション1階にある店舗の中に入ると
カウンター5席にテーブル3卓、奥の小上がり3卓程の家庭的な雰囲気。
小上がりでは、お子さんが本を読んだりお絵かき中(笑
カウンター席は片付いていなかったので入り口そばのテーブル席で戴くことに。

メニューを拝見すると意外や豊富な内容。
ひやあつ、あつひやなどお好みでチョイスできるスタイルに加え
そして、小(270g350円)、並(400g450円)、大(540g550円)と選べる香川の讃岐スタイルです。

醤油(冷・小)に別皿でかしわ天をオーダー。
注文と一緒に支払いを済まし、10分程の待ち時間。
茹で立て〆立てが戴けました。
醤油 うどんUP
運ばれた丼ぶりの中には大根おろし、青ネギが先に投入されてます。
別皿で注文したかしわ天も一緒でした(笑

まぁ、細かいことはともかく醤油を掛け回しいただくことに。
やや太めのコシの強い讃岐うどんで美味しいですね。
難点を言うと饂飩の水切り、おろしの水切りが悪く底に水と卸し汁が溜まってしまい
絡めると醤油が薄まっちゃいました。
シンプルな生醤油は、そのまま戴きたいので予めお願いしたら良かったかもしれません。

かしわ天は揚げたて熱々で柚子の香りが良い感じですが
ジューシーさは無くパサついた身質でした。

同僚の選んだ、ぶっかけ(冷の小)
ぶっかけ
こちらも予め、青ネギ・天かすがトッピングされています
甘めのぶっかけ出汁が饂飩に程良く絡み良い按配。
一口戴きましたが、此方の方が小麦の甘さと出汁が按配良く合わさり好みでした。

食べ終えた後に、あつあつのかけ(小)・別皿でかきあげのトッピングを注文。
3分掛からず登場したのでこちらは茹で置きかな。
テーブルに運ばれてきましたが、丼ぶりの中にかきあげが乗ってる…
別皿でお願いしたけど通じなかったようです(汗

他にお客さんは居ないし、何故間違えるのだ~と心に思いつつ…
ごちゃごちゃ言うのは嫌いなのでまずお出汁を啜ります(笑
かけ(あつあつ) かきあげ
いりこの風味が程良く効いた濃いめの出汁に、うどん自体が美味しいのでこれもまたするすると胃に収まります。
かき揚げは玉葱と南瓜に人参の三種の野菜。
サックリした食感を勝手にイメージしていましたが、しんなりとしたタイプ。
食べ進めるとお出汁に油が浸み渡り自分の好みと掛け離れて行く。。。

お値段はトッピングを追加すると一般店なのでそれなりですが、地元で7年の営業は伊達じゃないですね。
愛知県でで本格的な讃岐を味わえるお店は少ないので貴重ですね。

香川のお店で戴くような、どこか懐かしい家庭的で生活感がある店内でいただく空気も良いのですし
うどん店なので行き届いた接客など求めませんが、私的には清潔感が無いお店は苦手です。
テーブル席の手垢やメニューの汚れが気になりました…

他のブログを調べてみると、修業先は某製麺所ということが解り、納得。
茹で揚げにあたる率が少ない某店ですが、茹で置きも十分美味しかった記憶があるので
香川に讃岐巡りした時は、もう一度立ち寄ってみようかと思います。
サービス
この日は、歴史的な一日で、なでしこJAPANが優勝をしており、
店の計らいで女性限定かぼちゃ天をサービスしていました~

店名 手打ちうどん 香の兎 (かのう)
TEL 0564-26-2033
住所 愛知県岡崎市井田町字4丁目-209
時間 7:00~15:30
定休日 不定休

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。