りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

柿崎商店 海鮮工房

朝早めに車に乗り込み、親の実家へ出発。
向かう途中、忍路のパン屋は定休日でそのまま通過。

海岸線を横目にひた走り朝昼兼用の食事をしましょうと、
やってきたのは柿崎商店 海鮮工房

今や、観光客さんにも道民にも人気の食堂です。
デジカメを持っていかなかったので2006年当時の写真を載せます(笑

雨降りのこの日、開店時間前に関わらず、店横の狭い駐車場は、ほぼ満車。
開店まで1階の魚屋兼スーパーで時間つぶし。

地物の鮮度の良い魚介もありますが、そうでもない物の方が実際は多いです(笑
それでも余市沖の朝イカは箱1500円で大量に塩辛を作る我が家には嬉しい。
浜風に当て一夜干しすると最高な仕上がりに。
甘海老はバケツで1000円など、お買い得な商品もちらほら。

時間になって2階の海鮮工房に行くとすでに10人ほど並んでいます。
番号札を貰いテーブル席で待てると、やがて大きな声で
番号が呼ばれ、手をあげて合図を送ると愛想の良いおばちゃんが料理を運んでくれます。
妹夫婦と一緒だったので8名分が順番にやってくる訳ですが、子供たちのテンションの高いこと…(笑
20061119201330.jpg 20070729224957.jpg
魚卵好きな息子と甥っ子はイクラ丼を勢いよく口に運びます(笑
嫁・姪っ子は大葉にイクラを乗せた絵的に綺麗な帆立丼を。
厚めに切られた帆立は甘味もそこそこで、
値段的に小樽の養殖物だと思いますが鮮度が良いので問題なし。
20070729223700.jpg
何処行っても、鮪を食べると機嫌が良い娘は鮪丼を。
妹の旦那は、ホッケ定食+雲丹(時価)を単品注文。
昔は単品250円で定食セット込みで450円と言う嬉しい値段で、宗八やなめた鰈の煮付けも定食で
500円以下だったりと余所でこの価格はそうありませんね。
20061119202314.jpg 20070729225149.jpg
雲丹は白(のな=ムラサキウニ)でこの日は100グラム、1300円前後だったかな。
前浜で揚がったミョウバンなしなので妥当な金額です。
20070729225346.jpg
豪勢なバフン雲丹の丼は積丹で目白押しですが、食べ飽きてしまうので
握りか、ちびちび酒を呑みながらが摘まむのが好き。

そして自分は此処でいつも注文する磯丼。
帆立・ボイルしていない生ホッキ・ツブの3種が乗せられています。
20061119201637.jpg donnburi.jpg
どれも食感・甘味・磯の風味に特徴あって私的にはお得丼と言ってます(笑
夏はありませんが以前、冬に食べたごっこ汁が旨かったなぁ。。。

道内・道外からの観光客も多くお昼時は混み合っていますので早めに行くか、時間をずらすのが無難です。
お味の方は値段相応ですが札幌市内の2条市場・場外市場で戴くよりお値打ち感はあると思います。

もう少し豪勢な食事を求めるなら小樽の寿司屋さんに向かうよりは
私的は古平の某寿司屋さんを勧めます。
寿司以外の食事も品揃えも多く、特に9月〜11月中になると前浜である古平沖の鮪が戴けます。
大間・戸井ブランドのように名は知られていませんが、
脂・身質は十分で分厚く切られた赤身・中トロ・大トロの盛り合わせは価格も納得出来ますよ。

店名 柿崎商店 海鮮工房 (かきざきしょうてん かいせんこうぼう)
TEL  0135-22-3354
住所 北海道余市郡余市町黒川町7-25 柿崎商店 2F
時間 10:00~19:00(L.O)
定休日 不定休


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは☆

柿崎商店さん 3年前の旅行で伺いました。
すごい混んでいたけどおいしかった♪

北海道はおいしいものばかりでいいですね。
今年も行ったのですが
毎年でも行きたいです。

ラガー | URL | 2011-09-07(Wed)21:28 [編集]


Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

3年も前に訪問されているのですねー
海鮮をあの値段で戴けるのですから、人気の食堂ですよね。
道産子も多くお店に訪れてますもんね。

年に2回だけの帰郷なので、北海道のありがたみが少しづつ解ってきましたが
本州の魚介の美味しさを知ってから、少々物足りない自分がいます(笑

りぃが | URL | 2011-09-10(Sat)00:03 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。