りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

うどん処 杉

小雨降る中、嫁方のお墓参りの帰り道。
お昼の食事をしましょうと、ジンギスカンを提案するも却下…
んじゃ、鶏のバーベーキューと言う問いも反応が乏しい…
近場で温かい物のリクエストに、ラーメンかうどん、蕎麦と言うことで、
好きなうどんを食べに、うどん処 杉さんへお邪魔しました。
過去のブログでは初訪問は2006年でした。

勤め先を退社後、独学で北海道産の小麦粉を使用して、
うどん打ちを研究されたご主人と奥さまの二人三脚のお店です。
P1030568.jpg
こじんまりした店内ですがギスギスした空気はなく、御夫婦の接客のように温かい雰囲気。
入口そばの席に座り、梅自慢と角煮うどん、焼きおにぎりを注文です。

角煮うどん
初めて訪問した時と変わらぬトッピングに懐かしさを感じながら
笑顔の奥さんの配膳ににっこり。

濃い目の色合いの鰹出汁の中にやや細めの饂飩は喉越しは良く、
もっちりとコシもそこそこ感じられますが優しい食感。
P1030571.jpg
青梗菜と白髪葱の下に柔らかく煮込まれた角煮はしっとり甘く、お出汁に合いますね。
聞くとお出汁は一番出汁のみ使用で綺麗な味わいですが濃い口なので
薄めるために割り出汁を使用して好みの味に出来る心遣いは嬉しいです。

小振りな焼きおにぎりは香ばしく美味しく戴けました。

ぶっかけ梅自慢には、真ん中に大きな梅とその周りに若布・海苔・大根おろし・鰹節。
梅の爽やかな酸味が夏にぴったりです。
水〆されたうどんは、歯を押し返す程良いコシでした。
P1030572.jpg
甘さ控えめのうどんぜんざいは少量ですが、甘さ控えめで
もっちりと腰の強さに小豆の歯応えと絶妙です。

讃岐には無い、北海道らしいお出汁に合わせた饂飩は、
御夫婦の人柄のように優しい味わいでほっとしました。

店名 うどん処 杉
TEL 011-883-7765
住所 北海道札幌市清田区里塚一条1-2-20
時間 11:00~15:00 17:00~20:00
定休日 水曜・第3木曜


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。