りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぶっ天

台風12号の影響で激しい雨…
九州も被害も凄いですが、名古屋市内は水没して80万人以上に避難勧告になるとは(汗
岐阜は多治見市も至る所で道路が氾濫して今後が気になりますね…

今年は自然災害が多く、どうなることやら。
ただただ、天に祈るばかり。

そう言いつつ、札幌の記事を。


軽くお昼を済ませましょうと、やってきたぶっ天さん。
角栄ビルが立ち並び飲食店が多い地域に、讃岐うどんの店が出来たと聞いて家族で訪問です。
外観
お昼の時間帯も過ぎていたこともあり、店内には一組のお客さん。

こじんまりした店内は、無理にテーブルと椅子を詰め込まれた感じで窮屈な印象を受け、
混み合ったら落ち着かないですが、お値段を見ると並280円でセルフ店の醍醐味である
価格面は頑張っておられます。

息子は温(並)、嫁と娘は冷のぶっかけ(並)を注文、自分は冷(並)を生醤油で。
と言ってもセルフなので丼を受け取ったら自分でお出汁をいれます。

茹で置きを〆た物だったのは残念ですが、一般店と違うので仕方ないですね。
ただ、雑な盛りがちょいと気になります。
セルフ
無料トッピングには、揚げ玉・生姜・胡麻があり、珍しいのが紅生姜と意図的に微塵切りにした葱…
この辺は、お好みでチョイス。
天麩羅は何個かありましたが油切れが気になり御遠慮することに。

自分は何も加えることなく、シンプルに醤油を数滴落とし、ずるずるっと一口。
色艶の良いうどんは、太くコシが強いというより僕には硬くうどんで、
塩っ気はやや強く小麦の旨み(甘味)は感じ取れません。
ひや (並)
家族も前日に当別町の讃岐を食べたせいか、違いに違和感を感じたようですが、
この辺りは個人の好みの問題なのであしからず。

途中からぶっかけの出汁?冷たい出汁をかけて戴きましたが
私的には温かいうどんの方が、食べやすかったです。

冷用のお出汁は鰹に昆布の合わせた出汁は濃いめで北海道風。
息子の温かい出汁はやや昆布の風味が効いて優しい味わいですがイリコは入ってないようです。
お値段相応の饂飩でしたが、地域に根付いたお店になると良いですね。

大型チェーン店が札幌にも進出して讃岐も認知され、少しずつですが
お店選びの選択が増えたことに嬉しく思います。

18丁目の某店や狸小路の某店など訪問してみたいと思いました。

店名 ぶっ天
TEL 070-5601-3557
住所 北海道札幌市北区北29条西13丁目2-1
時間 [月~金]11:00~15:00 [土・日・祝]11:00~19:00
定休日 不定休


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。