りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

煮干らぁめん なかじま


口コミの内容 帰郷毎の愉しみの一つであるラーメン巡り。
巡りと言っても、新しい店より知ってる中で好きな店を優先して行く訳ですが、
特に、村中系の一杯が好きですが対極の、
あっさり系も好きなので愉しみにしていたお店に向かいました。

札幌では珍しい、煮干ベースのスープの一杯を提供してくれる、煮干らぁめん なかじまさん
今年の正月明けに店先まで行って休みを知り、リベンジでもあります(笑
外観
カウンター6席のみの店内は清掃も行き届き小綺麗で清潔感あります。
券売機で購入する訳ですが、当初は醤油!って思ったもの、心変わりで塩を押し、
トッピングにチャーシューと煮卵も押してしまう良く解らない自分…(笑

女性店主に食券を渡し、好みで油の多め少なめ等、注文可能のようですが
初訪なので、まずは様子見で出来上がりを待つことに。

丁寧に仕上げる女性主人に目を奪われ、仕上げのチャーシューの塊をスライサーで
程良い厚さに落とし乗せられ目の前に運ばれた塩らぁめん
煮干しらぁめん なかじま 塩
まずは澄んだ黄金色のスープを一口。
煮干しの風味は思ったより強い物ではありませんが、口に含むと綺麗に広がり
塩加減も程良く優しい味わいです。
醤油の方が、もっと煮干しを感じられるのかな?

誤魔化しの効かないシンプルなスープに合わせた麺は、さがみ製麺のやや細めの縮れ麺だとか。
プリップリでシコシコの食感ではなく、ふっくらと柔らかい印象(伸びてませんよ)です。

トッピングの具材も麺も、スープに合わせ綺麗にまとまった印象です。
薄味で歯触りも優しいメンマ、スープを浸みこませて戴く麩は嬉しい存在でした。
麺 スープ
盛り付けの直前にスライサーでカットしたチャーシューは昔ながらのタイプで好みでしたが、
追加したせいで、スープが温かったのは選択ミスかも。
スープを煮立てるとエグミが、どっとでそうな繊細なスープですしね。

もっと濃い煮干しの風味も味わえるよですが、次回の愉しみに。

自分が経験した、愛知や京都・大阪で味わう煮干し系にはない、
何処か懐かしく澄んだ優しい味わいで、札幌でも初体験のラーメンでした。

店名 煮干らぁめん なかじま
TEL 非公開
住所 北海道札幌市北区北35条西4丁目1-1 サトービル1F
時間 11:00~15:00(土曜~水曜 昼のみ)17:00〜20:00(金曜 夜のみ)
定休日 木曜日


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。