りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

La Sante(ラ・サンテ)

札幌滞在時の愉しみの一つであるラ・サンテさんへ訪問。
お盆中でしたが運良く店の休みと被ることなく予約を済ませ愉しみにしていたところ、
高橋シェフから連絡を頂き、石田めんよう牧場のサウスダウ種9歳マトンを使った羊つくしのコースを提案して頂きました。

年に2度、それも盆と正月の帰郷なので時期的にミルクラム・ベビーラムは無理ですし、
取り置きが難しい内臓系を盛り込んだコースは諦めここ数年、アラカルトで頂いていましたが、
嬉しい内容でしたの即答でお願いしました(笑
SANCERRE2008.jpg CHATAU BARATEAU 2001
マダム&シェフに温かく迎えて貰い、店内は温かくアットホームな雰囲気。
雨降りの湿っぽい空気感を拭う心地よい酸とミネラル感たっぷりな白で乾杯。
料理に合わせ懐に優しい赤をセレクトして貰いスタート。

そしてセッティングされたクロスの上には丁寧にコース内容も記されています。
~羊づくしのフルコース~
足寄 石田めんよう牧場のサウスダウ種9歳マトンを使って(内臓は一部ラムを使用)
2011 8月 舌を浮き身にした羊のエッセンスのスープ
舌を浮き身にした羊のエッセンスのスープ
訪問毎に、戴く此方のスープですが、今夜のはいつもに増して風味は強く
独特の香りがありますが臭みは無く旨みを凝縮させた味わい。
タンの存在感もありますね。
2011 8月 腿肉のタルタル・レバノン風と心臓のスモーク・脂を練り込んだトースト添え
腿肉のタルタル・レバノン風と心臓のスモーク・脂を練り込んだトースト添え
ケーパーやハーブ等の香草で臭みは微塵も感じない、粗く刻まれた赤身のタルタル。
牛では味わえない旨みでエロチックな食感の虜に。

羊脂を練り込んだカリカリの自家製パンの上にタルタル乗せて…想像付きますね(笑
スモークされた心臓は心地よい食感で岩塩とピンクペッパーがアクセントに。
2011 8月 脳味噌のムニエルとトマトと枝豆と羊のブルーチーズのリゾット
脳味噌のムニエルとトマトと枝豆と羊のブルーチーズのリゾット
外のカリっ中のフワっ感の絶妙の食感を大事に頂きます。
焦がしバターの風味にブルーチーズの絶妙な味わいがリゾットに深みを与えトマトの酸が味を調えます。
自己主張の強い食材ですが綺麗にまとまった逸品。
しみじみ、旨いです。
2011 8月 アキレス腱と胃袋と器官と腹身とミンチ肉のグラタン
アキレス腱と胃袋と器官と腹身とミンチ肉のグラタン
希少価値高い部位がたっぷり入ったグラタンの中に、蕩けるほど煮込まれたアキレス腱、
異なる食感の臓物をたっぷり使われ、マシュマロのような食感は肺かな?不思議な体験。
お酒もすすみ、プチパンもお代りして拭って綺麗にお皿を返却です。
2011 8月 レモンバームの口直し
レモンバームの口直し

スネ肉とソーセージのモロッコ風ジダン
スペシャリティーでもあるラ・サンテのタジン。
スパイスの効いた鍋に夏野菜がごろりと入れこまれ、削いだスネ肉も美味しいのだけど
特筆すべきは肉々しいソーセージ。
カットする部分でレバーの風味を感じたり、噛みしめる度に湧き出る羊のエキスに歓喜します。
2011 8月 スネ肉とソーセージのモロッコ風ジダン
背肉のロースト 新じゃがと腎臓添え
本日メインが2種続き嬉しくなります。
分厚くカットされ、たっぷりと肉汁を湛えた9歳マトンの背肉。
ラムと違い柔らかくはないけど、けして硬い訳でない、力強い食感。
口に含んだ後の芳醇な香りはマトンならではの味わい。
脂の美味しさはラムの繊細さと違う、しっかりした旨みが沸き出ますね。
シェフの繊細な火入れにはいつもの如く感動します。
2011 8月 サウスダウン種 9歳マトン背肉ロースト 2011 8月 厚切りで食べ応えアリ!
どの料理も印象深いのですが、今回はロニョン(腎臓)に驚きました。
以前、別の店で頂いた物は特有のアンモニア臭がやや気になり左程、
美味しいと思えなかったのですが下処理が良いのか嫌な風味は感じられず、
滑らかな口当たりでしっとりした食感に大満足です。
添えられた、インカの目覚めも美味しかったです。
2011 8月 ロニョン(腎臓)と新じゃがインカの目覚め
本日のデザート 珈琲or紅茶デザートは名前失念(笑
自分はロールケーキ、友人はパッションフルーツを使った物をいただき、
シンプルだけど上質なデセールに紅茶と珈琲で〆。
2011 8月 パッションフルーツ 2011 8月 デセール
全国的にも珍しい羊を使ったフルコースですが、一般的なラムではなく、
サウスダウン種9歳マトンのコースは貴重な体験でした。
珈琲
満足度の高いコース内容でお会計時は、これでいいの?!って位に友人共々、唖然…(笑
マダムとシェフ直々のサーブ・説明は丁寧で通う度に、喜びが増す大好きなビストロです。

今から冬の訪問が愉しみです。

店名 ラ・サンテ (La Sante)
TEL 011-612-9003
住所 北海道札幌市中央区宮の森一条6-5-1
時間 [月~金] 18:00~23:00(L.O)
   [土] 12:00~13:30(L.O) 18:00~23:00(L.O)
   [日・祝] 12:00~13:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)
定休日 水曜・第2木曜


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

連投失礼いたします…!!

思い出しただけでニンマリしてしまいます…ずっと行ってみたかったラサンテさん、ありがとうございました!!

北海道人に馴染み深い羊ですが、なかなかコースでは食べることがないですもんね!!それがあの素晴らしいお料理と素敵なサービスなんですもの…

帰郷の際には…!!って思わずにはいられないです^^

本当にありがとうございました!!また札幌でもお食事行きましょうね!

Sloe T. | URL | 2011-10-04(Tue)13:21 [編集]


Sloe T.さん

コメントありがとうございます。

なかなか羊のフルコースを戴く機会は少ないですよねー
貴重な体験でしたし旨いのだから言うことないです(笑

次の正月休みもタイミング合うと良いですねー
Sさんお勧め行きましょう!
また、バールで待ち合わせです(笑

りぃが | URL | 2011-10-04(Tue)23:20 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。