りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本酒BAR銀の雪

ラ・サンテで愉しいディナーを頂いた後はタクシーに乗ってススキノへ移動。
1軒目にバル、2件目にラ・サンテ、この流れだとワインバーって感じですが…
この日は日本酒好きの酒豪さんと御一緒したことから銀の雪さんへお邪魔しました。
看板
都ビルって聞くだけで懐かしさが蘇る(笑
地下にあるBluse Alleyや3階のvineria OZAWAさん…
先輩に連れられ良く行ったなぁ…

それはさておき、久々入る雑居ビル。
お店の前に着き、閉め切ったドアを見て一瞬、入るのに躊躇しそうな殺風景な飾り気のない入口。
しかし一歩足を踏み入れると、笑顔の素敵なママさんに迎えられカウンター奥で落ちつくことに。
良く見るスナック形式のカウンター7席に1卓4人掛けのテーブル席。
先客3組のお客さんは、おのおの盃を手に楽しんでおられます。

最近は日本酒を嗜むようになりましたが銘柄に拘りはなく、
愉しく美味しく飲めたら良いので、ママさんに好みを伝えると勧められた
数種類の中から選ばせて貰いました。
豊の秋
まず1杯目は島根県産 改良米を使用した特別純米の豊の秋
米の旨み・甘味と香りのバランスの良いお酒からスタート。

チャームには3種の肴が供され、特に豆腐の味噌漬けが酒に旨みを増してくれますね。
ライターで炙って食べるシシャモと蛍烏賊の干し物も良い感じ。
肴2() 肴(ししゃも・蛍烏賊)
途中、友人も合流して利き酒セット、もう一人は燗でお酒を出して貰ったり。
相変わらず私はママさんに勧められるごとく純米吟醸 あらばしりの宮の松、
〆にお願いした竹鶴の秘傳を飲み口の良い酒器で頂くことに。
宮の松 強力
久々会う知人も元気な姿を見せてくれ短い時間でしたが
大変、愉しいひと時を過ごすことができました。

純米酒を中心に揃えられ、ママさんの気風の良さと豊富な知識に
お客さんが集まるお店のようですね。
風のまま 秘傳
何より、この日驚いたのはテーブル席で呑まれていたお客さんの中に
20年以上ぶりに合う知り合いが居たこと…
自分も驚きましたがさぞかし、知り合いも口から心臓が出るほど驚いたことでしょう(笑

店名 日本酒BAR銀の雪
住所 北海道札幌市中央区南三条西3-5-2 都ビル 5F (地図を見る)
TEL 011-261-8505
時間 [月〜土] 19:00〜25:30
定休日 日曜日、祝祭日、年末年始


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。