りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

炭焼小屋

名駅で待ち合わせてからのお店選び。
行きたいお店数件に入店可能か電話で確認するも、生憎の満席(汗

では、軽く腹拵えをした後に繰り出そしましょうと、携帯でお店の検索。
人気店と言うことで確認の電話を入れてると丁寧な対応で席を用意してくれると。
週末の20時過ぎにお邪魔したのは炭焼小屋さん。
看板
お客が引いた後だったようで3組ほどのお客さんが結構な上機嫌で盛り上がっておりました。
奥の席に案内され、まずは乾杯の生ビールとウーロン茶をジョッキーで。
グッと飲み干しましたが、泡に切れが無いと言うか…
とりあえず、瓶ビールに変更です(汗

愛想の良い母さんに一人前ずつ、とんちゃん・味噌とんちゃん・ミノ・トンとろ・椎茸・ししとうを注文。
熾した七輪が目の前に運ばれ、ホルモン(焼肉)に煩い方のご指導のもと、いただくことに(笑

良心的な値段のとんちゃんを早速、網に載せ食べる気満々でしたが
肝心の炭の熾きが弱く、ジュっと脂が落ちつことも無く…
テーブルにあった草臥れた団扇で扇ぐも一向に熾きず仕舞で難儀になり、炭を増して貰い再度挑戦(笑
とんちゃん (2) とんちゃん
仕切り直しで、もう1度オーダーした鮮度が自慢のとんちゃんから。
ジュージューと良い音たてて早速、一口。
お味は至って普通ですが、冷凍物と違うよ~って意味で解釈。
ですが一皿¥200と考えると、他店では、なかなかありませんね。

私は火が通るか通らないかの寸前でパクリと。
友人はカリカリに焼く派で、食べるタイミングにズレが生じます(笑
味噌ホルモン
名物味噌ホルモンは下味が付けられた上にこってりと、
甘い味噌が乗せてあり、好きな人には嵌まる味わい。
付けタレも名古屋らしく甘いものでしたので、網から直接ハフハフしながらパクっと。
トンとろ ミノ
思いの外、美味しく戴けたトンとろ。
巷のスーパーで見かける物と違い脂身が多すぎることもなくレモンでさっぱりと。

椎茸はカットして出されましたが、そのまま手を加えず出された方が
私的には美味しくいただけるかも。
椎茸 ししとう
混み合っていなかったので煙も匂いも左程気にならず、一人1500円以下のお支払いに驚き。
懐に優しく女性店員さんの雰囲気と接客も人気の理由のひとつと感じました。
軽く呑んでサクッと食べるには良いかな。

店名 炭焼小屋
TEL 052-203-4389
住所 愛知県名古屋市中区錦1-14-5
時間 17:00 ~ 00:00 (L.O.23:30)
定休日 日・祝日


たまに本音を綴りますね。



下町の人懐っこい接客も雰囲気は嫌いじゃないし、
むしろ大歓迎な私ですが…

鮮度の良いホルモンだから~と口癖のように何度も聞かされる訳で。
悪いの食べたこと無いねんと友人…
ホルモンや焼肉を食べ慣れた関西人には、いや、普通に焼き肉を食べてる方には
値段なりの味の印象は拭えないように思いました。

それと炭を増して貰った際、店主から「炭はそんな強く熾さんでもいいのよ」なんて
蘊蓄(能書き)を聞かされましたが、生肉好きな私でも生焼けの中途半端な肉は食えません。
強火の遠火なんて言葉なら解りますが…でもそれは魚のような(笑

コミニュケーション取ってるのでしょうが、捻くれ者の自分には余計なひと言に聞こえちゃいました。
まぁ、感じ方は人それぞれなので、お店の不安の方には申し訳ない。

ここでお金を落とすのに疑問を感じた友人は、炭が熾きない時点で他店に予約をとってました

名古屋で頂くとんちゃんのお店は、良く解りませんが1月に訪問した
お値段は若干、高上がりですが(3000円あったら充分)鶴舞にあるホルモン焼き食堂 葵平 さんの方が断然、美味しいと思いました。

まぁお値段が懐に優しいのだけが救いでしたけど何か腑に落ちなくて。

自分も口コミサイトを利用する一人ですしレビューしといて、
とやかく言うのも問題ありますが、評価は人それぞれと強く認識した夜でした。

色々と面倒なコメント&メッセージも多く、面倒を抱えるのは精神衛生上、
良くないのでサイト評価を消そうか、投稿を辞めようか思案中です。
救いは、このブログにはまだ変な輩が来ていないのが救いかな。

ぼちぼちやってきます。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。