りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

二条 椿

お昼を愉しんだ後は、四条で珈琲を呑みましょうと伺うも満席で諦め…
酔い覚ましにちょいよ寒風の中、散歩(笑

河原町二条の路地奥にお店を構える二条 椿さんへ。
店先
昼下がりの14時オープン、夜中2時の営業で使い勝手の良い此方のお店は
路地奥にあるので見つけ難く正直、営業してるか不安になりますが、
週末は早い時間から寛いでる方が多いようです。



2011年の8月にオープンした新店ですが、ガラガラと引き戸を引くと趣ある店内にわくわく。
奥へ進むと、高い天井に剥き出しの軒下を設えの下には畳が埋め込まれた洒落たカウンター。
やや落とした照明は大人な寛げる空間になっており、デートまたは気の知れた友人、
一人呑みに良い感じの一見、Barのような趣です。
店内
羽織袴の店主さん、ソムリエさん、料理担当の板前さんの3人体制でのおもてなし。
ドリンクメニューは目を通すと一般的な感じですが、食事の品書きに驚かされます。

早い時間から、造りや天麩羅と言った食事類も豊富で、食事前の1件目、
コースも対応されてるのでしっかり食事、または〆の一杯を頂くにも良さげな感じ。

16時過ぎに伺い寒かったので燗を付けて貰いました。
お通し代わりに供されたのは、蕎麦の実を散らしたなまりの白和え
下茹でされた鯛はややパサつきが気になりますが、御愛嬌
鯛ではなく鰹?ということで、失礼しました。
燗酒 先付け(鮃の白和え)
肴にお願いした、あん肝の生姜煮でちびちびと燗酒を頂き、
追加した師走野菜の炊き合わせ(九条葱・堀川牛蒡・金時人参・小蕪)
やや出汁は強く、柔らか目に炊かれ炊き方も好みとちょいと違いますが、
早い時間からこの雰囲気の中で愉しめるのは魅力あります。
あん肝 旬野菜の炊き合わせ
前月の訪問時には、きな粉が塗された蕨餅を。
本蕨粉を使った物でぷるっぷるで本格的ですが、京都には名店が多いのよね…
蕨餅
そして思いの外、美味しく頂けのが珈琲
変な雑身もなくすっきりとした苦味に後味がほんのり甘い。
上品な味わいで聞いてみたら北山の名店カフェ・ヴェルディでオリジナルの豆を使用とのこと。
珈琲
カウンターでしたら一人でも愉しめる空間でアルコール類も豊富。
覗かせて貰った二階席も素敵なんですよね。
2人掛け・4人掛けの趣あるテーブル席の他に、
躙口(にじりぐち)がある茶室造りのような個室も完備されています。
P1120090.jpg
お値段の方は店の雰囲気代・サービスを考えると妥当と思いますし、
隠れ屋的な京都らしい雰囲気を味わえるお店です。

店名 二条 椿
TEL 075-256-2882
住所 京都府京都市中京区二条通寺町東入ル南側 榎木町92-12
時間 14:00~翌2:00
定休日 火曜日


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なまり??

うちもたぶん同時期に行きました(*^^*) お通しは鯛やなくてなまりやったと思いますよ~

京おんな | URL | 2012-01-22(Sun)00:16 [編集]


Re: なまり??

京おんなさん

通しは生節とは、失礼しました。
訂正しますね。
それでしたら胡麻和えも納得です。

御丁寧にありがとうございます。

りぃが | URL | 2012-01-22(Sun)04:00 [編集]


また

いつかご一緒できればいいですね~(*^^*)

京おんな | URL | 2012-01-22(Sun)13:12 [編集]


京おんなさん

ですねぇー
いつか御一緒する機会がありましたら
宜しくお願いします<(_ _)>

って誰だろう(笑
宜しければURLをお教え下さいませ。

りぃが | URL | 2012-01-22(Sun)20:59 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。