りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秀吉

京都入りした翌日、大阪の友人達に誘われ京橋までやってきました。
松蘭京橋店前に集合と言われ歩いて行くと、顔馴染みの連中が立ち呆け。

てっきり此処で肉をがっつくかと思えば違うと言うでありませんか…
私の解る場所を考慮したということでしたが、紛らわしいったらありゃしない(汗
看板
さて、どこで宴?って思ったら今回はオープン間もない秀吉さんにお邪魔することに。
友人の取引先のようなこと言ってましたが、私には正直、関係ない(笑


階段を上がり店内を見渡すとカウンター席はソファー席なんかあったりして洒落た焼き鶏屋さん。
初々しいカップルさんが2組程、食事してました。

私たちは奥の広めの個室に案内され、まずは生ビールで乾杯。
アミューズ?(人参スープ・エスカルゴのコロッケ。牛蒡の素揚げ)
鶏会席っぽいコースの流れと説明を聞いて、出てきたアミューズ的な人参スープと
エスカルゴのコロッケに牛蒡の素揚げで胃を馴染ませるとか。

続いて、綺麗に盛り付けされた前菜の6種盛りの登場。
酒呑みには嬉しい配慮です。
前菜6種(白子ポン酢・焼き鯖寿司・ローストビーフ・海鼠酢・鳥レバーペースト・鯵の叩き)
雲子ポン酢・ガーリックトーストに添えられた鶏レバーのペースト。
鯵の叩きをマリネしたもの、焼き鯖寿司、海鼠酢、ローストビーフ?

地鶏の造りは、もも・胸肉のたたきは添えられた茗荷と玉葱で。
造り(もも・胸肉)
串物はタイミング良く、一皿づつ運ばれてきました。
正直、これだけで感激(笑
一皿にまとめられ、冷めた物出されると勝手に思い込んでいましたから(汗
レバー
ずり・すね・つくね・はつ・レバー・もも・貝柱の菜の花巻き・むね肉の梅肉のせ、
じゃがいもとハム、焼き竹の子の順で。
串物①
串物②

炭火で焼かれてた焼き鳥は火加減は優しめで、今流行りの?レア感を残した感じ。
私的には、部材によってメリハリつけた焼きが好みです。
鮪・黄身のカクテルグラス
カクテルグラスに盛られた中には鮪と黄身。
この黄身がとっても濃いお味で酢と馴染んだ創作ですが、面白いなぁ。
茶碗蒸し
茶碗蒸しの中にはミンチ状のつくね入り。
お出汁がコンソメ風ですが、しっかりと鶏で取ってるのが解ります。
カワハギの小鍋
鶏料理の店ですがカワハギの小鍋が登場。
此方はポン酢で頂きました。
鶏櫃まぶし
食事は、そぼろご飯で登場と思いきや、ひつまぶし風のように鶏スープを浸して頂きます。
さらりと胃に落ちてきます。
デザート
デザートは薩摩芋のアイス、プリン、リンゴ、タルト。
食後の番茶で〆です。

日本酒は春鹿と〆張り鶴の2種を頂きました。

お味はともかく、少量多品目のコース(秀吉コース¥3675)仕立てで
11種30品目程が頂けると思うと凄いなと実感。
後で知りましたが、クーポン使うと500円程安いそうです(汗

駅そばですし、気の知れた友人同士で訪れるには良いのではないでしょうか。

店名 秀吉
TEL 06-6881-3722
住所 大阪府大阪市都島区東野田1-15-11 2F
時間 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 不定休

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。