りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ツキサップじんぎすかんクラブ

札幌に戻ると必ず訪問するジンギスカン店の一つである、
ツキサップじんぎすかんクラブ
2011 ツキサップ
吹雪いてきました 雪降る中…
全国的な知名度では、すすきのにある名店だるまに及びませんが、
味以外に季節感ある風景は夏には菖蒲が咲き乱れ、冬は一面白銀の世界は圧巻。
もう一軒あるペケレット湖園も素敵ですよ。
メニュー テラス席で
そしてジンギスカンに使われているお肉は、今持て囃されているラム(生後1年未満)ではなく
成熟した生マトン肉を薄くスライスされたタイプを使用。
クセのある肉のよう思われがちですが、それを言われると身も蓋もないわけで(笑
羊のコクと旨みが強いのが特徴です。
各テーブルに分かれてスタート
札幌の親戚20名ほど集まったので、あらかじめテラス席をお昼に貸切することが出来ました。
食べ放題、飲み放題もありますが子供と年長者が多かったので単品で人数分のジンギスカンセットを注文。

七輪が運ばれジン鍋に火が回ってから野菜を敷きつめて
その上にマトンを追い被せるように乗せてじーっと待ちます(笑
食欲をそそる匂いが鼻腔を擽り、まずは1杯目の生ビールを呑み干し追加。
レア状態でマトン肉に火が入った所で、ジン鍋に直火焼きにして食べたい焼き加減で戴く訳です。
焼き過ぎると硬くなるので、この辺りは注意が必要です。
野菜の上に載せて
赤身と脂のバランスが良いマトン肉から溢れる脂が口の中にじわーっと広がり
ラムでは味わえない旨みが凝縮されています。
野菜にも同様ジンギスカンの脂が浸みこんで定番のスパイシーなタレと
一緒に肉を味わってはビールを流す至福の瞬間。
子供は小さなおにぎり片手に肉を頬張り、「これ焼けた?」「食べていい?」なんて会話が中心。
熱されたジン鍋に手首が触り、軽くヤケドするアクシデントあっても、こーやって食べ方を覚えていくのよね。
子供の頃は僕もそうでしたし(笑 
良い感じに焼き上がりました おにぎり
お腹一杯になった子供達は元気よく外にで持ってきた米袋で尻滑りしてる間に
親戚にワイン好きが居たので、オーナーの千田さんにお願いして1本選んで貰いのんびり食事。
フロマージュも数種類揃えてあるのも嬉しいですね。
幼少から食べ慣れたジンギスカンが変わらず味わえるお店は僕にとって貴重な存在の一つです。

店名  ツキサップじんぎすかんクラブ
TEL  011-851-8014
住所  北海道札幌市豊平区月寒東三条11-2-5 八紘学園農場内
営業 11:00~20:30
定休日 水曜(祝日の場合は営業) 予約 予約可
席数  200席  駐車場有り  
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。