りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コートドール

名古屋に戻る当日でしたが吹雪の中、
ランチへ数年ぶりにコートドールへ訪問。
吹雪で非難です(笑 店内
独立した中本シェフに変わり去年から、札幌のバンケットに在籍していた藤谷シェフ。
東京では、ル・ブションやレストラン アピシウスで修業された方です。

通常ランチはコースのみで品数の違いによって平日限定の2000円から、
3000円、5000円のの3種類。
5000円のコースに追い金して北海道以外では此処でしか食べることのできない
名物の仔羊のマリア カラス風を肉のメインと差し替えてもらいました。

葡萄ジュースとChartogne-Tailletからスタート。
シャルドネ100%で果実感溢れ爽やかな味わいってワインの能書きはさておき
美味しいシャンパーニュでした。
P1040413.jpg P1040414.jpg
南瓜のスープ雪道から辿り着いた客には身体が温まる嬉しいスープ。
ほっこりと甘く優しい温もりを感じます。
南瓜のポタージュ パン
続いて穴子のフリッターとリゾット
低温で揚げられた穴子のフリッターはとても軽い食感。
古代米を使用したリゾットには春菊のソースで。
もう一皿は、季節野菜のゼリー寄せオマール海老のクリーム添え
カリフラワー・おくら・椎茸・いんげん・にんじん・ヤングコーン・牛蒡・パプリカなどを用い
それらを囲うように長葱で型取りされてます。
濃厚なオマール海老のクリームですが野菜を邪魔することなく引き立て女性好みかな。
季節野菜のゼリー寄せ オマール海老のクリーム添え 穴子のフリッタ―と古代米のリゾット
支配人である福田さんの対応が素晴らしく話も弾み、お皿に合わせて勧められた白を戴きながら、
エスカルゴ・オマール海老・手長海老のパートフィロ包み焼き
パリパリの皮を破ると海老の良い香りが漂い、ホクホクのオマールが印象的。
パートフィロの下にはオマールと手長海老に合わせトマトソース、その周りにエスカルゴの定番、パセリバター。
3種の食感も味わいも異なりますが綺麗に合わさり美味しい一皿でした。
白 パートフィロ包み焼き
もう一皿はタラのムニエル焦がしバター 菜の花添え
むっちりした鱈は程良い火入れで提供されました。
コクも香りも高い焦がしバターにアサリの風味も加わり、
添えられた菜の花のほろ苦さがアクセントに。
鱈のムニエル 焦がしバター(菜の花添え)
待望のメインは差し替えて貰った仔羊のマリア カラス風(前日まで要予約)
プレゼンで切り分ける前を見せてくれました。
名前の由来など語り尽くされているので中身と感想を。
上質な仔羊の背肉を使用して中には茸ペースト、黒トリュフ・フォアグラを詰め込んであります。
丁寧な仕事が見てとれました。
パイ生地で包み焼き上げたことで中でゆっくり火が入ることでロゼ色の仕上がり。
そこにたっぷりのペリグーソースを掛けガルニにはマッシュポテトとヴァプールされた野菜添え。
カット前
程良く溶け出したフォアグラと香り高いトリュフの風味豊で言葉に詰まる…
黙々と口に運ぶ姿が可笑しく目を合わせて笑ってしまう始末(笑
仔羊のマリア カラス風 (2)
パイ生地の中で火入された仔羊の程良い弾力と柔らかさの二面性を持ち合わせ、
噛み締める度に味わいは強くなり芳醇なソースと素敵な調和が生まれます。
今流行りの素材を押したフレンチも素晴らしいですが、古典的なこちらのお皿も食べる価値は十分ありました。
口直しにヨーグルトのアイス
ヨーグルトの酸味とオリーブオイルの香り、アクセントに黒胡椒の刺激がアクセントに。
口直し(ヨーグルトのアイス)
選べるデザートが4種あり、僕はガトークラシックをオーダー。
ガトーの上には、フランボワーズとバニラのマーブルアイスのせられ、
しっとり仕上がったショコラには珈琲風味のサバイヨンソースが添えられています。

もう一つは名物でもあるクルスティヤン
誰もが最初は見た目で選んでしまうことでしょう(笑

筒状のキャラメル生地の上にパッションフルーツのアイス、中にはたっぷり入ったラズベリーとレモンクリーム。
塔に見立てた土台にはスポンジ生地が詰まっています。
見た目も綺麗で女性ウケしますね。
〆のデセールを甘い物で〆たい僕は、ラズベリーの酸味が強いので敬遠しました。
ガトークラシック クルスティヤン

エスプレッソのダブルをお願いしてプチフールにはフロランタン・チュイル・ダンテル"など4種類。
お腹一杯でしたのでお持ち帰りしましたが、どれも丁寧に作られ、飽きの来ない美味しい小菓子でした。
他にちょっとしたサプライズもあったりと何かと嬉しい心遣い。
プチフール
食事中も卓越したユーモアとセンスで場を和ませ、
初訪問の方でも旧知の間柄のように楽しい気分で食事が出来ると思います。
戴いたコースも以前と比べても遜色ない調理でしたし、
何より支配人の福田隆治氏による卓越したサービスが味に加わるお店でもありますね。

平日なら2000円から愉しめ、HPを覗くとかなりお得なコース内容も告知され
新規のお客さんも行きやすい環境は整っているので人気がありますね。

店名 コートドール
住所 北海道札幌市中央区宮ケ丘1-2-38
TEL  011-614-1501
営業 12:00~14:00(L.O) 18:00~20:30(L.O)

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。