りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山玄茶

1月、今年の京都での食事は、お料理は勿論、御主人の人柄も含め人気が高く
予約が取り難い山玄茶さんへお邪魔しました。

電話予約の際、カウンター席で戴く予定でしたがその日の夜にお店から電話があり
店の手違いで予約を受け過ぎてしまい、個室になるという内容でした。
カウンター越しで戴いてみたい気持ちが強かったですが予定を変えると、
次いつ伺えるか解らないこともあり承諾。
当初2名での予定でしたが翌日に1名追加の3名でお願いして初訪問となりました。
足元行灯 外観 
山吹色の暖簾をくぐり名前を告げると、御主人・女将と直々に予約の際の不手際に深々と頭を下げられ
そこまで丁寧にされるとこちらまで恐縮しました。
ですが、この辺はとても大事だなとつくづく思います。
入ってすぐ左手に掘り炬燵式のカウンター10席程、その奥に階段を上がり2階の個室へ。
目が行くお軸には一期一会の文字、そして私的に嬉しかったのが、テーブル席だったこと。
この日同席した友人の知り合いも齢70超えと年配者だったことと膝を壊した自分にも有り難い…

立山の冷で乾杯。
この日はゆっくり目での配膳をお願いしました。
先付け(汲み上げ湯葉)
朱、紫、白、橙と彩りが綺麗な先付には上品な鰹出汁はさらりと汲み上げ湯葉で雲丹を挟み込んだもの。
山葵と合わせただけでも十分に美味しさ。
崩し混ぜ合わせ戴くと菜の花のほろ苦さに爽やかな風味を与える花穂、紅芯大根とやや複雑な味わいでした。

正月らしく、お雑煮変わりにと出された椀物は、蒸された淀大根・海老芋、湯引きした帆立・焼き餅の柚子味噌仕立て。
上品かつ旨みの詰まった合わせ味噌に大きめに添えられた柚子の香りが引き立っています。
P1040500.jpg 椀物(海老芋・帆立・焼餅の味噌仕立て)
お造りには、軽く素揚げされ甘味の増した紋甲烏賊には丁寧に包丁が入り、
口の中で蕩ける中トロの炙りに添えられたパプリカの酢漬け。
焼き霜された鯛を挟んだ中にはクリームチーズの三種を全てポン酢で戴きました。
鯛にクリームチーズ、そして山葵とは面白いですね。
造り(中トロ炙り・紋甲烏賊の素揚げ・鯛の焼き霜)
焼物には桜葉の塩漬けの上に、皮目はしっかり中はふっくらと焼き上げられた鮭の味噌漬けには
柚子を甘く炊いたものと、黒豆の炊いたん添え。
脂の乗った鮭は程良い味噌の漬かり具合で、桜葉の塩漬けも一緒に戴きます。
箸休めの黒豆だと思ったら、とんでもない…汁まで呑んでしまいました(笑
今回は、この一皿が印象深かったです。
焼物(鮭の味噌漬け・)
ここで八寸の登場。
公魚・蕗の天麩羅、鰹出汁で炊かれた鱈の子、相性の良い数の子の海苔巻き、
小鉢には水菜の胡麻和えにはカリカリのベーコンを合わせ、箸休めにしっとりと甘い玉子真丈と堀川牛蒡、
蕨の胡麻味噌和え、笹の葉に包まれた鯛寿司。
地味な見栄えですが、味にめりはりある八寸でした。
八寸 煮物(くもこのかぶら蒸し)
煮物は、くもこのかぶら蒸しに木耳・ユリ根・銀杏。
山葵と練り梅を混ぜて戴きます。
鰹出汁の効いた濃い目の銀餡で力強い味わいに感じました。
食事
お米は御主人の実家である面蒲生郡日野町の物だそうです。
甘み旨みが強くもち米のようにモッチリとやや柔らか目。
食事 香り物 ちりめんじゃこ
塩を振りかけ米の甘味を愉しんだ後に、酒と山椒のみで炊いたちりめんじゃこで。
ふっくらとした仕上がりで笑みがこぼれました。
漬け物、田舎漬けの梅干し、じゃこはお米に合わせて作られてるそうです。
八丁味噌の上澄みを汲んだ吸い物も美味しく戴きました。

この日の水物には、グレープフルーツのゼリー・苺のせ。
程良い酸味で甘い苺が口直しに良かったです。
水物(グレープフルーツのゼリー・苺のせ)
最後に御主人からアイス最中の差し入れもあったのは嬉しいサプライズ。
友人達の、お腹一杯で食べれないなんて会話が嘘のようでした(笑
アイスもなか 美味しい~
二階まで配膳してくれた女将、若い板前さんも御主人同様、物腰柔らかい接客で一見の僕らにも
肩ひじ張ることも無く配膳の度に笑いもあり料理が愉しめました。
何よりこの日、友人が齢七十超えの金髪ハイカラ婆さんをお連れしたことに驚いたのですが(笑)食べ終え、
御主人との会話の中で感謝の言葉に、此方のお店で改めて正月を迎え、良い気分になったと。
また料理と御主人に逢いに来ますと仰ってました。

お酒呑みの自分には、アルコール類が少し割高に感じましたが、お昼5500円の内容に見合った物でしたし
遊び心あるお皿にあったりと満足度が得られました。
また伺う機会を見つけ、夜のカウンター席で愉しんでみたいお店になりました。

店名  山玄茶 (サンゲンチャ)
TEL   075-533-0218
住所  京都府東山区祇園町北側347-96
営業  12:00~13:00 18:00~20:00
定休日 火曜(祝日も休み)・第2月曜

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。