りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

行楽庵

草津から瀬田駅に移動して、友人と合流。
タクシーに乗りお目当てのお店へ。
お話し上手な運転手に当たり、短い時間でしたが和みました(笑
湖岸道路を通ると眺めが良いのですが混み合うので裏道を抜け到着。
土曜の夜は満席で断られましたが日曜昼なら、席が用意できると聞いて行楽庵さんへ。
看板 外観
玄関を入った右手には畳の和室があり、子供の声など聞こえ和んでる様子。
先を進むと店内はカウンター席は無くホテルの日本食レストランのように肩ひじ張らずに戴ける空間といった感じ。
この日は5000円のコースです。

まずは松の司(冷)を戴き、先付けには帆立・赤貝と菜の花の黄身酢和え
添えられた芥子がピリッと効いた一品。
先付(帆立・赤貝・菜の花の黄身酢和え) 鴨の燻製と厚揚げの柴漬けあん
続く小鉢には鴨の燻製と厚揚げには柴漬けあん
むっちりした香ばしい鴨肉に、とろりと絡む柴漬けの酸味は合いますね。
お造りには鯛・烏賊・トロの三種と無難な印象。
お凌ぎは、お稲荷のせいろ蒸しは白胡麻のみのシンプルな物。
上品な甘さで生姜の風味が後味を引き締めます。
お稲荷さん 造り
焼物には鮭の幽庵焼きは、しっとりと浸みこんだ味噌の風味が豊かで脂がひつこくありません。
木の芽の香りもよいものでした。

飛竜頭に近江名物の赤蒟蒻の炊き合わせ
中には大きめに切られたプリプリの海老に歯応えの良い木耳、銀杏、ユリ根。
旨みたっぷりの美味しい出汁は勿論、飲み干しました(笑
鮭の幽庵焼き 炊き合わせ
大きい器に供された蟹雑炊
こちらも蟹の旨みが詰まった熱々の雑炊は、お好みでポン酢を。
前日、適量を超えた呑み方で胃の荒れた自分でもすーっと胃に収まるものでした。
香の物まで、しっかり仕事されています。
蟹雑炊
水物には、散り柚子された濃厚なコーヒーゼリーと、かすてらの水の物は奇想天外でした。
友人は要らない派で、僕はアリでした(笑
お得なお昼でも丁寧な仕事が目にも味にも解る料理でしたが、印象は弱いかな。
わざわざ食べに来ると言うより、近くに来たなら寄りたいと思えるお店。
なんでも、著名な方の器も数多く使われてるようです。
店内 水物(珈琲ゼリー・かすてら)
適度な距離感を持って接する女将さんですが、受け答えはとても丁寧で食事後にお話をすると
話題も豊富で気さくな方でした。

この日は椀物が戴けないのが残念でしたが機会を見つけ、女将が教えてくれた
夕照の道と言われる、辺り一面が茜色に包まれる夕暮れ時にお邪魔したいですね。

店名 行楽庵 (こうらくあん)
TEL 077-545-6335
住所 滋賀県大津市萱野浦25-1 コンフォール萱野浦 1F
時間 12:00~13:30(L.O) 18:00~21:00(L.O)
定休日 不定休




前日の夜、草津の割烹店で飲み過ぎたせいか自分には珍しく酒なし(笑
健康的なお昼ご飯でした。

ただ気になることが。
某店での会話で、此方の店の話題になり酒の値付けに疑問とのこと。
他店の野暮な噂話など気にしませんが、店主が実際に訪問して、
納得行く勘定とは違ったので気を付けてとの助言もあったり。

うーん…
とりあえず、被害に合わず済んだので結果オーライてとこでしょうか。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。