りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

銀閣寺

2月・3月と立て続けに、なかひがし、中善とお昼に食事する機会に恵まれたので
久々、銀閣寺へ訪問してきました。
哲学の道
哲学の道の看板あたりまで歩くと街並みが急に京都らしくなっていい感じ。
春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と四季折々の風情もあり、
疎水べりの桜の季節は見応えあるだろうな。
小さめの総門をくぐり、独特の趣のある銀閣寺垣の参道を進むと中門があります。
石碑 門
銀閣寺(ぎんかくじ)は金閣寺と並ぶ京都楼閣建築の代表寺院ですが、正式名称は東山慈照寺。

銀閣寺を創建したのは室町幕府8代将軍の足利義政で祖父である足利義満が
建てた北山山荘(金閣寺)を参考に、東山文化の代表東山山荘を造営しました。
東山山荘の楼閣建物を「銀閣」と呼ぶことから、寺院全体が銀閣寺と称されています。
(HP参照)
20081204232610.jpg 20081205194904.jpg
(上の写真5枚は2008年11月撮影です)
銀閣の前にある錦鏡池(きんきょうち)を中心に池泉回遊式庭園が広がっています。
この庭園は1952年に特別史跡、特別名勝にも指定されている景勝地です。
2011 2月 (2) 2011 2月 (3)
(2011 2月撮影)
本堂(方丈)前には砂を波形に盛り上げた銀沙灘(ぎんしゃだん)と
円錐型の向月台(こうげつだい)があります。
さらに、方丈の前庭にある白砂の砂盛り向月台(コウゲツダイ)と、
波紋を表現した銀沙灘(ギンシャダン)も見所の一つです。
向月台の上に座って東山に昇る月を眺めたと言われていますが、
現在のような形になったのは江戸後期になってからです。
2011 2月
(2011 2月撮影)
2年前の訪問時は本堂が改装中でしたが、今回は見事に修繕され見応えありました。
次は紅葉の季節に訪問してみます。

もう一つの世界遺産、金閣寺も久しく行ってないので覗いてこようかな。


銀閣寺(慈照寺)
住所:京都府京都市左京区銀閣寺町2
電話番号:075-771-5725
拝観・営業時間:8:30-17:00(3/15-11/30) 9:00-16:30(12/1- 3/14)
拝観料・料金:500円 小中学生300円東求堂の特別拝観は1500円

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。