りぃがの本音と建前

~食の雑記帳~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三室戸寺

宇治巡りを続けます。

別名、花寺と言われる三室戸寺
5月の椿、6月の紫陽花、7月は蓮の花が見事に咲き、必見です。
駐車場に車を止めて朱色の門をくぐり坂道をあがります。
三室戸  朱門
当山は西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山です。
約1200年前(宝亀元年)光仁天皇の勅願により三室戸寺の奥、岩淵より出現された千手観音菩薩を御本尊として創建されました。
開創以来、天皇・貴族の崇拝を集め、堂塔伽藍が整い、霊像の霊験を求める庶民の参詣で賑わうこととなりました。
宝蔵庫には平安の昔を偲ぶ五体の重要文化財の仏像が安置されております。
現在の本堂は約180年前(文化二年)に建立された重層入母屋造りの重厚な建築で、その背景には室町時代の十八神社社殿、東には鐘楼・三重塔があります。
(参照 http://www.mimurotoji.com/article.php?id=2)
三室戸寺
階段を登り本堂でお参り済ませてから勝運ご利益がると言われる「宝勝牛」の
口の中にある玉を触りまくります(笑
観音様の像がついているので、それを触ると勝運がつくと言われています。
三重塔  宝勝牛
三重塔は江戸時代に奉納され府文化財に指定。
私的には6月の梅雨時、紫陽花の季節が好きで毎年訪問しています。
紫陽花の季節はライトUPもされて見応えありそうですね。
紫陽花紫陽花2紫陽花1
拝観時間 8時30分〜16時30分 ( 4月1日〜10月31日)
     8時30分〜16時00分 (11月1日〜 3月31日)
 ※拝観最終受付は閉門時間の30分前まで 納経最終受付は閉門時間の20分前まで。
 ※年末休み (12月29,30,31日)

拝観料  大人500円 / 小人300円 (団体割引30名以上 大人400円)

宝物殿 別途300円 毎月17日公開 公開開始時間 9:30/ 10:30/ 11:30/ 13:00/ 14:00/ 15:00
 

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。